パブ店長はレスキュー犬!

保護犬たちとの日々の暮らしと、想うことを、ありのまま。

視線の先には

視線の先には1



バーニーの視線の先に デコが寝ていた

そして今も 眠ってる



視線の先には2



デコがいたときは こんなふうに覗かなかったけど ・・・



視線の先には3



デコがいないと つまんないね





にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ

お返事、遅くなりましたが
こちらでさせていただきました
↓ ↓ ↓

| Omo さん |
みんなよく頑張りました
ここ数日の様子から、まさかとは思っていましたが、
デコちゃん、ついに旅立ってしまったのですね。
“いつか”の日、デコちゃんが大きな苦しみを伴わなかった
ことがせめてもの救いと思います。
バデ母さん、オーナーさん、バーニーちゃん、そしてデコちゃん、
2ヶ月半という長くも感じるような短い時間を一緒に一生懸命駆け抜けた
みなさんにまずはお疲れさまを言いたいです。
デコちゃんもビーグルらしく“生きる”ということに懸命だったので、
これからは楽しく駆け回ることに一生懸命になって欲しいです。
デコちゃんのご冥福をお祈り致します。

| お返事 |
Omoさん、ありがとうございます。
黄疸の症状が認められたとき「あと3~4日」って先生に言われたのですが
現実になってしまいました。
ただ、当日は昼間に状況報告で先生と話したばかりでしたし
その数時間後にまさか現実になるとは、先生も思っていなかったみたいでした。
本当に、一瞬何が起きたかわからないくらいの瞬間的な出来事で
ただただ、苦しまずに「通常の呼吸を止めた」という感じだったのは
デコにとっては良かったことなんだと思います。
2ヵ月半、ボーっとしてたらあっという間の時間ですよね(笑)
でも、あれもこれも・・・って、自分でも驚くくらい、思い出てんこ盛りの充実した日々でした。

これからは、好きなだけ散歩して、好きなだけごはんを食べてほしいですね。
デコとかかわって、ますますビーグルが好きになりました!



| こたママ さん |
頑張ったね
偉かったね!
最後まで優しい気遣いして
本当偉かったね
デコちゃんありがとう
あなたと家族みんなの頑張り
私も忘れない!
生で接する事は出来なかったけど
ここであなたに出会えた事感謝してます。
本当ありがとう

ご冥福をお祈り致します。

| お返事 |
こたママさん、ありがとうございます。
本当、デコは頑張りました。えらかった。
辛い過去を背負ってやってきた我が家で、その荷を降ろすことなく
さらに抱え込んでしまったデコです。
それでも前だけを見て、明るく現実と向き合ったデコ。
もっとワガママ言ってくれたら良かったのに・・・。
もっと自分を出させてあげる事はできなかったのか?って、それだけはちょっぴり心残りです。



| ゆみ さん |
デコちゃん。
この2ヶ月半たくさん楽しい時間を過ごせてよかったね。
最後まで優しく強いデコちゃんだったね。
寝てる間でもなく 病院でもなく
大好きな家族に見守られて旅立ててよかった。
悲しいけど、辛いけど。。。
デコちゃんは立派だった...
上手く言葉に出来なくてごめんなさい。。。
デバ母さん、大丈夫ですか。
カラダ壊さないでくださいね。

デコちゃん、たくさん幸せな気持ちにさせてくれてありがとう
天国でのんびり過ごしてね。
デコちゃんのご冥福をお祈り致します

| お返事 |
ゆみちゃん、ありがとうございます。
デコは強くて優しくて、本当に立派な仔でした。
みんなが一緒にいる日曜日で、しかも、あともう少しで病院の診察時間が終わるっていう、
先生に連絡したらすぐに駆けつけてもらえるっていう時間を見計らって旅立ったデコです。
実際、息を引き取って1時間後には先生と看護士さんに来ていただけて
まだ温かくて柔らかくて、ただ眠っているようにしか見えないデコに会っていただくことができました。
もう慣れない環境に移ることは無いから、ノンビリしてほしいですね。



| はなのおかぁちゃん さん |
よくがんばりました。
みんな、みんな立派でした。
デコちゃん、バニバニ、オーナーさん、そしてバデ母さん。

この2ヶ月半、がんばったことを誇りに
これからも、みんなで楽しく生きていって下さいね。
デコちゃんは、いろんな思い出を残してくれました。
私もずーっとずーっと忘れません。
デコちゃんとの時間を共有させて頂けたこと、
嬉しく思っています。
ほんとうにありがとうございました。

デコちゃん、素敵な家族にめぐり合えて
ほんとうに良かったね。
ご冥福をお祈りいたします。

| お返事 |
はなのおかぁちゃん、ありがとうございます。
時間が経つほどに、もっとデコにできたことは無かったか?と思ってしまいます。
やり切った、やれるだけの事はしたんだ、っていう気持ち半分・・・。
そして、私はまだまだ頑張れたのになぁ・・・って。あのくらい、なんてことなかったのになぁ・・・って。
でも、デコは満足したからこそ旅立ったんだと思うことにして
これからも、いつも近くにデコを感じて過ごしていきたいと思います。



| 秋カボチャ さん |
デコが初めてブログに登場したとき、とても普通(言い方悪いかもね、ごめんね)に見えたから、病気はうそ、と思ったの。
病は進展が早いんだね。私はつらいところを見ていないから実際には分かってないだろうけれど、ブログで見てる限り、デコはバニ母さんちで快適に過ごしてるように思いましたよ。クレート占領?事件でバーニーを戸惑わせたり、とてもオチャメなビーグルちゃんだったと思います。
バーニーも寂しいだろうね・・でも分かってるかな、ワンコは賢いから。

| お返事 |
秋カボチャさん、ありがとうございます。
「とても普通」って表現、わかります、
ほんと「どこが病気?(しかも余命いくばくもないなんて)」って思いました。
でも、血管肉腫は、本当に信じられないスピードで体を蝕んでいく病です。
一般的には、腫瘍を摘出しても余命は1~2ヶ月、ほぼ100%転移し、抗がん治療をしても
延命できるのはプラス3ヶ月程度といわれているようです。
デコの場合も、素人目に分かるほどに、グングンと腫瘍を抱えた肝臓が大きくなっていったので
摘出さえしていないデコがこれほどまでに頑張ったのは
先生にとってもかなりの驚異だったはずです。
そうそう、元気な時のデコはとてもお茶目でマイペースでいいキャラしてました(笑)
残されたバーニーはかなりナーバスになってます。。。



| ichimama さん |
デコちゃん、ありがとう。
バデ母さん、オーナーさん、お疲れ様でした。
なんだかマイペースでちょっと笑える存在のデコちゃん、
バーニーちゃんとのやり取りは本当に心和むものでした。
病気が悪化してからの様子に切なくなりましたが、
でもいつでも目がキラキラと輝いているように見えました。
みんなの愛情を一身に受けて、
一日一日を懸命に生きている力強さを感じました。
お別れは悲しいことですが、
優しい家族に見守られて旅立てて
デコちゃんは幸せな最期だったと思います。
デコちゃんのご冥福を心よりお祈りいたします。

| お返事 |
ichimamaさん、ありがとうございます。
デコは、バーニーとはまた全然違う部分がビーグルで(笑)
2わんのカラミはとてもおもしろかったです。
病気はどんどん進行しましたが、デコはそんなこと全く関係ないというふうで
いつもマイペースでしたし、歩けること、外に出られること、食べられることを
心から楽しんでくれました。
いつも多くの方に「澄んだ目をしているね」「目がキラキラしているね」といわれました。
本当に、いつも前向きに強く生きる事を教えてくれたデコでしたね。



| おてわん さん |
バニ母さん、オーナーさんに見守られて、
デコちゃんは幸せを実感しての最期だったことでしょう。
でも、本当に悲しいです。
同郷ナナに、デコちゃんのことを話しておきたいと思います。
デコちゃんのご冥福をお祈り致します。

| お返事 |
おてわんさん、ありがとうございます。
ナナちゃんには、心優しいご家族とめぐりあって、どうかデコの分も生きてほしいです。
幸せ・・・実感してくれたならいいなぁ・・・
でも、散々辛い思いをしたのだから、もう少し味わって、噛み締めて
もっともっと幸せを感じ続けていてほしかったです。
その思いを、ナナちゃんたちに託しますね。



| あき さん |
ご報告・・・
デコちゃんの様子、バデ母さん、オーナーさんの看護の様子を教えてくださってありがとうございます。
身体の不快感、浮腫みなどあったけれど、最期までデコちゃんの要求に応えよう、少しでも楽にしてあげとうと手を尽くしたバデ母さん一家にでっかいハグを。
きっと、すべてやりたくて、やらずにはおられなくて頑張った事なのでしょうね。
大好きな人たちの体温や気配や匂いを感じながら、安心して幸せな気持ちで逝ったであろうデコちゃん、よく頑張ったね。毎日見守っていた(それしかできないけど)デコちゃんがいなくなって寂しいよ...でももう、痛いのも苦しいのもないからね。本当にありがとう。

合掌

| お返事 |
あきさん、ありがとうございます。
ふふふ、いつかお会いした時ぜひホンモノのハグを(笑)
そうなんですよね、やりたくてやらずにはいられなかった(苦笑)
デコいないのに(あ、お骨になっていますけど・笑)初七日過ぎるまでベッドで寝られなかった私です(爆)
何が辛かったって、デコにとっては「訳が分からず体が自由にならない」ことだったかなぁって思うと
ちょっとたまらない気持ちになります。
それでも、私たちの気配や存在が、デコに安心感を与える事ができていたなら救われます。
お空では思い切り走り回っていてほしいです。



| まひろ さん |
お疲れ様でした
涙が止まりません...。でも、優しいご家族に見守られ、幸せでしたね。
我が家で預かり中の同郷のバアニと、去年9月に亡くなった預かりっ子のレミの写真にも話しました。
余命宣告された子とわかっていて、預かりを継続するのは、大変な覚悟が必要だったと思います。ただただ、感謝です。
どうぞご自愛くださいね。お疲れ様でした。

| お返事 |
まひろさん、ありがとうございます。
同郷のコたちには特に、しっかりと幸せを掴んで、そしてきちんと生きてほしいと強く願っています。
覚悟・・・。短いいのちと向き合うための覚悟といったらいいか、そういうのは確かにありましたが
そのこと(余命宣告されたこと)で預かりを続けるか辞めるかというのは、発想自体無かったです。
むしろ、このままずっと移動させないほうが良いに決まってると思いつつ
当初1ヶ月限りの預かり予定だったので、勝手にそんな事言い出してよいものか、
そちらのほうが悩みました。
今は、デコが我が家に立ち寄ってくれたことに、感謝の気持ちでいっぱいです。



| M さん |
はじめてコメントさせて頂きます。
ほんのわずかですが運搬でデコちゃんに関わらせて頂いたMと申します。
デコちゃん、とても穏やかで優しい子だったのをハッキリ覚えています。
その後、限りある命である事を聞きました。。それまで辛い経験を乗り越えて
頑張って来たであろうデコちゃん。せめて愛情と安心が得られるところへ。。と願っていましたが、こちらの日記を拝見し、それ以上の大きく暖かな愛情に包まれていた事を知りました。デコちゃんは本当の家族に見送ってもらえたんですね。。デコちゃんを守って下さったご家族様、ご協力された皆様、心より感謝と尊敬の気持ちでいっぱいです。

| お返事 |
Mさん、ありがとうございます。
元保護先から、昭和記念公園までデコを運んでくださった方ですよね。
我が家まで少し(かなり!?)距離があるので、結局あの日は
デコは延べ100km以上の大移動となってしまいました。
それでも疲れた様子も見せず、夕食前に、元気にラムボーンを破砕した(笑)デコでした。
手続き上は最後まで預かりっ子だったデコですが
一緒に生活する上で、バーニーと区別することはありませんでした。
ヒトもイヌもみんな「同じ仲間」として、一緒に楽しく暮らした思い出は永遠です。
私たちも、多くの皆さまのご協力によりデコと引き合わせていただけたことを感謝しています。



| munixyu さん |
^ ^;;
ようがんばったね
デコ
おつかれさま・・・

| お返事 |
むにゅパパさん、ありがとうございます。
本当によく頑張りました。
頑張りすぎるくらい、デコは頑張ってくれました。
今頃、マイペースでいろんなモノにおって歩いてるかなぁ・・・。



| hepa-ppi さん |
最後まで苦しむことなく旅立てたのは幸いですね。
今頃は、向こうでおいしい食べ物をお腹いっぱい食べて、走り回っているんでしょうね。
バニ母さん、本当に本当におつかれさまでした。
そして、いろいろ我慢したバーニーもおつかれさま。よくがんばったね。

| お返事 |
hepa-ppiさん、ありがとうございます。
なんというか、予想外に食欲が復活したのは、嬉しい反面
苦しむことにつながると予測できて(大出血など)ちょっと複雑な気持ちでした。
もう何も心配することなく、思う存分食べて飲んで、走り回ってほしいです。
バーニーも、なんだかんだと相当頑張って我慢していたようで・・・。
今、反動でいろいろと出てきています。。。



| ゆた。 さん |
デコちゃん、「えにし」って、ふしぎだね。
えにしが、バニバニのおウチにデコちゃんを結び、
それからの日々、安心できていたね。よかったね。

おもえば、ほんとうに短いあいだだった。

そんなひとときの間に、
ご家族や、ブログを通じたひとたちに、
命を一生懸命燃やすこと静かにみせて、
ひたむきに生きることがすばらしいことだと
考えさせてくれたと思います。

バニバニ、バニ母さん、オーナーさんが
おくりびとになったこと、
それは、
デコちゃんのもしかして辛かった半生への
ご褒美だったのかもしれないね。

橋の向こうで、あたたかいひだまりで、
この二ヶ月半の記憶の楽しかったこと思い出してね。
ひらひらの耳をすませて、おおきなヒトミをぱっちりあけて、
どうか思い出してくださいね。

デコちゃんと、
バニバニと、母さま、オーナーさま、おつかれさまでした。
最後まで、すばらしく、ありがとうございました。

| お返事 |
ゆた。さん、ありがとうございます。
本当に・・・短すぎました。充実していて、確かにもっと長く感じてはいるけど
やっぱりもっともっと続いてほしかったです。
とぼけた表情で振り返っては 楽しそうに匂いかぎながらテケテケ歩いて、
食べるようにゴブゴブと水を飲み、顔に似合わぬ野太い声で鳴き・・・。
辛かった過去などまるで無かったように封印して
ひたすら前だけを見て生き抜いたデコ。
本当に、デコには「ありがとう」言っても言い尽くせません。



| ハク母 さん |
お疲れさまでした。
デコちゃん、とうとうその時が来たんですね。
でも、苦しい時間が長くなかったのは、救いですね。
実は我が家の先代犬もデコちゃんと似た状態で最期を迎えました。
お腹パンパンで、走ると貧血で倒れたりして…。
なので、デコちゃんを見るとどうしても思い出してしまい、
デコちゃんの食事の様子の動画、悲しくて見られませんでした。
病気は辛いものですが、家族に見守られるなかで逝けたのは、
ワンコにとって幸せなことだっただろうと思います。
デコちゃんも最期の瞬間まで愛に包まれていたでしょうね。
デコちゃん、お疲れさま。
バニ母家に来られてよかったね。

先日お話ししたネコちゃんですが、そのコはデコちゃんより先に天国へいきました。
やはり、あまり苦しまずに逝ったようです。
天国で会えたかなぁ。

| お返事 |
ハク母さん、ありがとうございます。
いつ来てもおかしくないお別れの日でしたが、毎日少しでもごはんを食べ
ゆるゆると過ごしているデコを見ていると、それが当たり前になって、
ずっとこのままいられるんじゃないかと錯覚しそうになりました。
そうですか・・・思い出させてしまいましたね。
デコは、思わず笑っちゃうほどガブガブとごはんを食べ、ひたすら前だけを見て生きていた感じでした。
ほとんど苦しむことがなかったのは、本当によかったと思います。
ご近所の猫ちゃんも・・・よかったんですよね、だから・・・
あ、デコは猫ちゃんに会ったら、吠えて追いかけちゃったかもしれません(苦笑)



| Lisa さん |
最後の短い時間でしたが、それでもデコちゃんはバニ母さんやオーナーさん、バーニーちゃんに出会えて幸せだったと思います。

デコちゃんもバニ母さんも、よくがんばりましたね!
きっとバーニーちゃんもがんばっていたと思いますよ。

| お返事 |
Lisaさん、ありがとうございます。
デコも私たちと出会ってしあわせを感じてくれているといいなと思います。
私たちは、間違いなく幸せです。できれば、その幸せがもっともっと続くとよかったけれど・・・。
デコは本当に頑張りました。ビーグルの中のビーグル!
旅立つ前日までごはんをガブガブするなんて、本当に勲章モノです(笑)
バーニーも、よく我慢して頑張ってくれました。
今はそのフォローに手を焼いてます(苦笑)



| ルナママ さん |
デコちゃん、お空へ旅立ったのですね。
デコちゃんは幸せ者だね!
だって、心の底から優しくて頼もしいバデ母さんのお家から、
旅立って行けたんだもんね。
そしてオーナーさん、バーニーちゃんとの生活は幸せそのものだったに違いありません。
愛犬の最期を迎える時、自分はどのようにすればよいのか正直わかりません。
悲しくて悲しくて考える事ができないのです。
今回、バデ母さんのブログを読ませていただきながら、
いろんな事考えました。
小さな命を大切にすること、いろんなこと学ばせていただきました。
バデ母さん、ほんとうにありがとう!
そしてご家族のみなさまお疲れさまでした。
デコちゃん今頃お空で持たせてもらった美味しいの食べて、
走り回っているかな!

| お返事 |
ルナママさん、ありがとうございます。
デコの病気を知ったとき、実は一番最初に頭をよぎったのはファンちゃんのことでした。
血液検査も、尿検査も、数値は全て正常値で全く問題ないのに、先生は余命1ヶ月と言う・・・。
こんなことって、本当にこんなことってあるんだ、って。
ファンちゃんも上手に旅立てたみたいで、よかったですね。えらかった!
今回、デコとかかわれたおかげで、私は少しだけ前に進めた気がしています。
今まで、バーニーはまだ若いから、お別れはまだまだと思っていたけれど
そうじゃないと自覚し、そのときをどう迎えるか、考えられるようになりました。
若くても病気になることはあるし、不慮の事故ということだってありうる。
それまでは想像しただけでただ哀しくて、思考が止まってしまっていたけれど、
それじゃいけないと・・・。
でも、そう考えることができるようになったのは、ただ純粋に生きようとするデコを
目の当たりにしたことのほかに、精神的にサポートしてくださった先生の力が大きいです。
先生の「(犬生は)長さじゃない、“どう生きたか”です」という言葉が全ての拠り所でした。
とはいえ、デコのことで、少しでも何かを感じていただけたのだとしたら、それだけで嬉しいです。



| やっこ さん |
デコ
本当に、幸せだったね。
デコ、デコ、幸せで嬉しくて、楽しかったね。
愛されて、愛して、そして美味しくってっっ ・・・。

バニ母さま、バニ母家の皆様、
今はとても辛いだろうと思います。

だけど、確かに、もう証明できるくらいに
デコは幸せでした。

デコに代わっては出来ないけれど、
感謝しています。

どうも、ありがとうございました。
生きる機会を、幸せになる機会を、チャンスを!!
ありがとうございました。

デコが、走ってるよ。

| お返事 |
やっこさん、ありがとうございます。
何度となく書いてくれた「デコは生きるね」。
そのたびに、不思議と力が湧いてきました。
そうか、デコは「生きてる」だけじゃなくて、これからも「生きる」んだ、と。そう思うことができました。
でも・・・もっともっと生きてくれたら良かったのになぁ・・・。
もっともっと、幸せにしてあげたかった。もっとワガママを引き出してあげたかったことと合わせて
ちょっと、心残りです。
ふふふ「走ってる」、そう、もう永遠に「走ってる」でいいんですね(笑)



| う~ さん |
バニ母さん、オーナーさんへ
「デコちゃん」と同じ日に、保護をされた「ハッチ」の預かりボラのう~と申します。

運搬ボラさんからの伝言で、「ハッチはデコのこと好きみたいでしたよ。車内でも安心できるアネゴのように慕っていました。」とありました。
預かり時代のブログからもうかがうことのできる優しさが、ず~とデコちゃんにはそなわっていたのでしょうね。
そして、バニ母さん、オーナーさん、のデコちゃんに対する暖かい愛情が、伝わってきました。
最期がとっても幸せで、見守られながら過ごすことのできたデコちゃんは、一発逆転ホームランの大大サクセスな犬生だったと思います。

わが身を振り返って、自分も、もっともっと....と思いました。
お会いできる日があれば、お話をさせてくださいね。

デコちゃんのご冥福をお祈り申し上げます。

預かりさん、よくやってくれました。
最後の1か月はほとんどでかけなかったようです

| お返事 |
う~さん、ありがとうございます。
物議を醸した(爆)いぬ親会の記事以来ですね、ご無沙汰しています。
最後の最後に、普通の家庭犬として過ごす時間をプレゼントできたのは
本当によかったと思います。
そして、我が家に立ち寄ってくれたこと、デコには感謝の気持ちでいっぱいです。

預かり時代のブログからもうかがうことのできる優しさが、ず~とデコちゃんにはそなわっていたのでしょうね。
預かりさん、よくやってくれました。
最後の1か月はほとんどでかけなかったようです

↑↑↑
この意味がわからないのですが・・・デコは最初から最後まで我が家の預かりっ子でした。



| レンママ さん |
初めてコメントいたします。
ビーグルの老犬親子と暮らすアラ還父母の母です。
人間の身勝手で過酷な運命を辿る弱い犬達を憂いながら、
せめて自分の家族の犬達には、不幸な思いはさせたくないと思ってます。

デコちゃんの犬生の大半の事は知りませんが、
バ二母さんファミリーの元に来てからは、とっても幸せそうでした。
最期の日の朝の表情は、
病気の苦しみを通り越して、慈悲に満ちた微笑みを浮かべているようです。

デコちゃんと、バニ母さんファミリーに、
万感を込めて、ありがとうと申し上げます。

| お返事 |
レンママさん、はじめまして、ありがとうございます。
デコの過去、多くは知りませんが、過酷であったことは間違いないようです。
それでもヒトと暮らすことを拒まず、あまつさえ私たちに安らぎを与えてくれた・・・。
レンママさんのおっしゃるように、残りの数日間、デコは神々しい感じさえしました。
全てを悟っているようでした。でも、決して悲愴感などなく
そのときまでは前だけを見て、何も変わることなく、何も変えることなく生きているデコでした。
たくさんのことを教えてくれたデコ、本当に、デコには感謝の気持ちでいっぱいです。



| Banana さん |
デコちゃん、そしてバニ母さん、お疲れ様でした。
本当に駆け抜けた2ヵ月半でしたね。
でも、デコちゃん、最後の短い期間でしたが
バニ母さんのもとで幸せな日々を過ごせてよかったですね。

これ以上、言葉がでませんが、
本当にお疲れ様でした。そしてありがとう。

バーニーちゃん、ちゃんとご飯食べるんだぞ!!
しっかり、ガッツリ食べて、遊んで寝て・・・。
これからも楽しい日々を過ごしてください。

| お返事 |
Bananaさん、ありがとうございます。そして改めて、お疲れ様でした!
チョコちゃんとBananaさんの姿にどれだけ励まされたことか。
デコは最後歩けなくなってしまったけれど、苦しむことなく逝けたことはよかったです。
チャミちゃんも、ごはんが食べられるようになってきて、ホッとしました。
いつももらっていた言葉だけれど・・・
チョコちゃんもチャミちゃんもBananaさんも、デコもバーニーも
みんなみんなナイスファイトだったよ!!
あとはお互い、残った仔のケアを頑張らなきゃですね(笑)



| フロ&ひま&ハロママ さん |
デコちゃんよく頑張ったね。そして上手にさよなら言えたこと本当に偉いよ!
体が衰弱していく中何度も奇跡を見せてくれたデコちゃん。
ブログの中でしか会えなかったけどデコちゃんの闘病記で色々勉強になりましたし
頑張る姿に何度励まされたことか。

辛い目にも遭ってきたでしょうが最後に最高の家族に巡り会えてきっと喜んでいると
思います。
2ヵ月半、バデ母さんもオーナーさんも色んな経験をして沢山悩んだことでしょう。
本当にお疲れ様でした。 
ちょっと窮屈な思いをしていたバーニーちゃんだけどきっと2人と同じように寂しがって
いると思います。いっぱい愛情注いでやってください。

| お返事 |
フロ&ひま&ハロママさん、ありがとうございます。
何しろ「預かり」自体が初めての事、自己判断だけでどこまで進めてよいものか
そんなことからして悩みました(苦笑)
もちろん多頭も初めてでしたし戸惑うことは多かったですが
それでもなお、比較にならないほど得たもののほうが大きかったと思えます。
頑張りすぎるほど頑張った末に、後を濁さずに旅立ったデコ。
本当に、今は我が家に立ち寄ってくれたことに感謝の気持ちでいっぱいです。
バーニーも、人知れず(苦笑)頑張っていたようで、その反動が今出てきています。
ちょっと、精神的に不安定な感じ・・・。全力でフォローしなくちゃですね。



| さとなお さん |
デコちゃん、お疲れ様でした。
今、天国で元気に走り回っていることでしょう。

デコちゃんの記録を見ながら、今までの自分が
家族であるサツキとわかばにどう接してきたのか
日々考え、そして反省してきました。
犬として、家族として生きていくために大切なこと。
たくさん学ばせて頂きました。
デコちゃん、バニ母さん、どうもありがとうございました。

どうか、安らかに…デコちゃん。
そして、バニ母さん、今はゆっくり休んで下さい。

| お返事 |
さとなおさん、ありがとうございます。
デコとバーニーの関係性に戸惑っていたとき、
さとなおさんやサツキちゃんやわかばちゃんに「そのままでいいよ」と教えてもらえたことは
私の中でとても大きなことでした。
最後まで「見るからに仲良し」にはなれなかったデコバニですが
お互いに仲間だと認め合えただけで充分ですよね。
まだまだコドモのバーニーには、この激動の2ヵ月半は
精神的にキツいものがあったかもしれませんが、同時に逞しくもなっていて、良い経験でした。
デコを通して、家族の絆も深まりましたよ。



| スーさんママ さん |
バニ母さん、オーナーさん、ありがとうございました。
ちょっと、涙。。。

そしてデコちゃん、ありがと~。

| お返事 |
スーさんママさん、ありがとうございます。
ふとした瞬間に、デコを思い、涙が溢れます。
もっと、いえ、もう少しだけでも、一緒にいたかったです。



| ハナオンマ さん |
デコちゃん、安らかに
ちょっとご無沙汰してる間に、デコちゃん虹の橋を渡ってしまったんですね。
バニ母さん、頑張りましたね。
デコちゃん、最後まで素敵なワンコでした。

これからバニ母さんファミリーを天国から見守ってくれますね。
デコちゃん、よろしくね!

| お返事 |
ハナオンマさん、ありがとうございます。
病気がわかった当初、夜中に異変に気づけないのが怖くて、毎日、夜になるのが嫌でした。
デコのそばで寝るようになってからも、毎日、無事に朝を迎えられることに感謝し
安堵してきました。
元気そうに見えたかもしれないけれど、毎日が、生きるための真剣勝負の連続でした。
本当に、強くて優しくて、素敵なデコでした。
関連記事

Comment

マロウ says... ""
バーニーちゃんの視線の先には
デコちゃんのどんな姿が見えているのでしょうね。
ごはんを食べるデコちゃん?遊んでいるデコちゃん?
バーニーちゃんもたくさんの想い出があるものね。
3枚目の写真からバーニーちゃんとデコちゃんの
絆の深さが伝わってきて胸がいっぱいになります…
2009.05.29 08:54 | URL | #- [edit]
munixyu says... "^ ^;;"
バーニーも
さみしいんだね・・・
2009.05.29 11:45 | URL | #XAUl15Aw [edit]
ゆみ says... ""
バーニーちゃん、どんなデコちゃんが見えてるのかなぁ。
ぽっかり穴が開いたカンジなのかなぁ。。。
でもね、デコちゃんもきっとお空から見てるはずだよv-22
2009.05.29 12:21 | URL | #- [edit]
バデ母(バニ母) says... "みなさまへ"
| マロウさん |
ん~、どんな姿でしょうか?
ほとんど誘い乗ってはくれなかったデコですが
それでもバーニーには仲間であり家族であり・・・
寂しいんでしょうねぇ。。。


| むにゅパパさん |
うんうん、それほど仲良しではなかったけど
それでも寂しいみたいです。
デコがきてからとても良い子にできるようになったことが
またできなくなっちゃいました(汗)


| ゆみちゃん |
そうそう、寂しさをどうしたらいいか分からないって感じでした。
数日間は、ひたすら眠って現実逃避しているようでしたよv-395
きっと、お盆にはデコが帰ってくると思う!
そのときはバーニー必ず気付くはずですv-218
2009.05.31 18:29 | URL | #.//Hucbg [edit]
Lisa says... ""
バーニーちゃんもデコちゃんがいない理由が判ってきているんでしょうね。
しばらくはバーニーちゃんも寂しいだろうけど、それはデコちゃんという素敵な家族がここにいたって証拠だし。
2009.06.03 21:04 | URL | #- [edit]
バデ母(バニ母) says... "Lisaさんへ"
デコがいなくなってから、バーニーはとても甘えるようになりました。
未だ倦怠感というか、「眠って現実逃避」な様子が見られます。
以前も寝てばかりだったけど、それは「ぼっこちゃん」で
日当たりの良い場所で寝ていたのですが、今は
デコがいた間ずっと私がベッド代わりにしていたソファで寝ています。
まぁ、このソファもバーニーのお気に入りなんですけど
やっぱりデコがいたとき、そしてその前とは
行動パターンが違うと感じるバーニーです。
2009.06.04 20:01 | URL | #.//Hucbg [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://scottishpubbarney217.blog6.fc2.com/tb.php/99-5a7566e9