パブ店長はレスキュー犬!

保護犬たちとの日々の暮らしと、想うことを、ありのまま。

「(仮名)ちび太」の大冒険② 保護主としての覚書

先日、あやうくまた猫さんを保護してしまうところでした Σ(゚д゚|||)


・・・ そこは気を確かに持ち、見なかったことに (爆)
「明日もココに来たら、キミを保護してあげます」って話して(笑)

なんかまるでウチのネコみたいに
勝手に敷地内でくつろいでいらっしゃったのだけど。

夜だったし、翌朝はやくに出かけなきゃいけなかったし、、、
お世話できないのに保護してもね。。。

見て見ぬふりできず、
やたらめったら抱え込んだらダメなんですよ。
そこが愛護と愛誤の境界のひとつかなって思ってます。




さてさて、(仮名)ちび太 の大冒険のおかげで得た学びを忘れぬうちに ・・・
保護主としての覚書を記しておこうと思いまーす。




もちろん 基本はコレです

ただ今回は、保護した時間が遅かったことと、
雌雄の別が分からなかったことで
順番は前後しております。

① とりあえず、かかりつけの病院に「迷子捜索願い」が出ていないか確認
( 多少遅い時間でも電話がつながりやすいため )

② 翌朝、保護センターへ連絡し「迷子捜索願い」が出ていないか確認
③ 連れて行ってマイクロチップの有無の確認 & 雌雄の別の確認

④ ・・・・・・ の前に。<番外編>
  猫のボランティアさんに教えて頂いた事!
  ・ 室内飼育猫であれば、家から100メートルほどの範囲でウロつく場合がほとんど
  ・ 出入自由猫でも、家から1キロ程度の範囲で行動する
    <飼い猫の可能性高ければ、必死にその周辺を捜索すべし!!!>


ということで。
センターに届けていないということは、その他への届出もまだな可能性が高いと判断し

④ 写真を撮る、そして、よーーーく観察

⑤ 「写真つきチラシ」的なものを作り、貼らせてくれる場所を探す

で、この流れで交番にも立ち寄って拾得物の届を出そう~~

って思っていたところで、先に飼い主さんにつながることができたのでしたー。




IMG_4115.jpg


本文とは関係ありません ^^;
いつだったかの 綺麗な夕焼け空 。。。


にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ



関連記事

Comment

munixyu says... "^ ^;;"
子供でもワンでも迷子は怖いよね。
2016.02.10 12:19 | URL | #XAUl15Aw [edit]
バデ母 says... "むにゅパパさんへ"
怖いですねー。
何が怖いって、交通事故がね。
本当に怖い。
逃がしちゃいかんです。
2016.02.12 20:31 | URL | #.//Hucbg [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://scottishpubbarney217.blog6.fc2.com/tb.php/764-47b22724