パブ店長はレスキュー犬!

保護犬たちとの日々の暮らしと、想うことを、ありのまま。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

同行避難...の“その先”を目指して

今更と言えば今更?いやいや、まだ今なら間に合うかも??
・・・ 間に合わなくなる前に、なんとか間に合わせたい!
ということで、とにかく走り出してみた、2ヶ月前。

ローカルな話なので、ブログに綴るのって馴染まないのかな、って思う反面、
同様に活動している方がきっとどこかにいるハズで、そういう方々にとって
全国どこであっても、こうした話の顛末や実績は、情報として持ちたいと思うだろうし
(↑私自身がそうなのです、今求めています)
活動していない方にとっても、自分の地域での実現に向けての礎になるかもしれないし、
って事は、いつかはどこかの誰かの役に立つかも・・・との思いから、
やっぱりぼちぼちと書いていこうと思い始めた今日この頃。 せつめいながい 。。。


・・・ 何の話?

災害時の「同行避難」と、そのあとの避難生活における
どうぶつたちの処遇・待遇のお話です。


同行避難 に対して 同伴避難 という言葉があることを初めて知りました。

違いは、避難所で一緒に過ごせるか否か


環境省がガイドラインで出しているのは 同行避難。
これはあくまでも 避難所まで一緒に行く という意味なんですね。
避難所での同居を意味するものではない、とはっきりと明記しています。

それに対して、暮らし方は様々だとしても、
とにかく避難所の中の同じ空間で共に生活を送ることを 同伴避難 と。

誰が言い始めたのか、どのような形で広まって
今、定着しつつある言葉なのか、よく知りませんが
“同行避難”は決して多くの飼い主さんたちが思い描いているような形態での
避難所生活ではないということ、そして同行避難ではなく
“同伴避難”を求めて活動している方たちがいらっしゃるということを知りました。
要らぬ混乱を避けるためにも(最初は違和感あったけど ... )、それならば私も
その言葉を遣っていかないといけないなと思っているところです。





私が重たい腰を上げた直接のキッカケは、毎年恒例の市の総合防災訓練。
今年も参加してきたわけですが、例年と違ったのは
“メイン会場”となったために行われるという「ペットの受け入れ訓練」の開催。

「受け入れ」るための「訓練」なのですから
当然ワンコ連れ、ニャンコ連れで防災訓練に参加してよい ・・・ ハズ。
そう思って、でも念のために ... と役所に確認の電話を入れたところ
あっさりと やんわりと拒絶されてしまいました。

それじゃ、受け入れ訓練って何?

・・・ ただの、説明会でした。
しかも、デモ犬2頭を単にソフトケージに入れてみる ・・・ というモノ。。。


「ペットの受け入れ訓練」と言いながら、住民が犬猫を連れて訓練に参加することを、
物腰柔らかく、しかしながら内容的にはキッパリと拒絶されたことで
私の心の中で何かがはじけたんだと思います。
そんなのあるかーい!って(笑)
だって矛盾してませんか、なんかちぐはぐですよー。

でね、実際災害が起きた時の事を聞いてみたら、
・ 同行避難を基本とするので避難所にはペットを連れて避難してほしい
しかーし
・ 居住スペースには入れてはいけません
そして
・ 実際のペットの飼育場所は各避難所の「避難所運営マニュアル」によりますので ごにょごにょ ・・・

とのこと。

だったら、直接その<「避難所運営マニュアル」に沿って避難所を運営する人>に直談判する!
と思い立って、訓練終了後に実行したわけです。

それから、2か月間という短い期間に結構いろいろありまして。
そんな簡単な話ではないので、まだまだ先は長いのですけれど、、、
ほんの少しだけれど、間違いなく前進したかなぁ、という感じです。

長くなったので具体的なことは・・・つづく。




にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ





関連記事

Comment

munixyu says... "^ ^;;"
役所は、カチコチなんで、難しいですよね。
障害福祉とかでもズタボロですよ。
全ては法律で、人間を助ける気ないっていう。
人でもこれだからワンならさらに大変だと思います。
頑張ってください。
2014.11.03 13:29 | URL | #XAUl15Aw [edit]
バデ母 says... "むにゅパパさんへ"
前例のないことにはとにかく慎重になりますからねぇ。
大事ないのちを扱うからこそ、ますます難しいのかもしれませんね。
防災に関して、こちらでは福祉避難所の整備なども遅れているようです。
通常生活の中でもいろいろと改善点はあるでしょうに、
本当にいろいろ大変だと思います、ヒトもしっぽも^^;
2014.11.05 21:21 | URL | #.//Hucbg [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://scottishpubbarney217.blog6.fc2.com/tb.php/722-31852b6b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。