パブ店長はレスキュー犬!

保護犬たちとの日々の暮らしと、想うことを、ありのまま。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無理やり入院させられた件

まだまだ続く、2013年のハナシ ^^;



抗議なでん


はい 言いました、確かにそう言いましたとも!






抗議なデンバニ


ごめんよ~ それには深いワケが ・・・。






年末、叔父の葬儀がありまして。
親戚の中でもかなり近しい存在だったので、
二人揃って通夜・告別式とも出かけることになったのだけど、
場所柄&時節柄、まったく時間の読めない状況で ・・・。

仕事の予定もパンパンだったので、出先から直行するしかないし、
となると、何が困るって デンビィのてんかんのお薬がねぇ 、、、 
朝晩、12時間おきに飲んでいるのが怠薬になりかねない >_<;


ちなみに、空いていれば1時間ちょっとで行かれるところなのですが 
お通夜に向かった時は3時間以上かかりました。
ま、金曜の夕方、しかも年末だしクリスマスの連休前だったしで(苦笑)
それで首都高ど真ん中突破ですから ・・・ 仕方ない ^^;  


デンバニですが、連休前で、いつもお世話になっている病院のホテルはいっぱい
ということだったのですが、結局、無理を言って泊めていただきました。 

当初、葬儀場の近くのサロンなどでの一時預かりを検討したのですが、
今回初めて知ったのが、多くの場合 “ てんかん持ちはお断り ” なこと。
冷静に考えてみれば そりゃそうだ~ って感じなのですが、
いつも元気で(笑)あんまり疾患持ちって実感がなくてねぇ ・・・ うっかりしてました(爆)

なので、病院で受け入れていただけたのは本当にありがたかったです。
デンバニちゃんたちにはかなりの試練だったようなので、今後は要検討ですが。。。





退院の朝1


退院の朝2


退院の朝3


↑ 迎えに行った日。
バーニーがすっごい大人しくって驚きました!
「いじけながらも、きっと大きな声で不遇(苦笑)・不満をぶちまけるに違いない」
と思っていたのに、全く声を出さないの。ひゃんっとも言わない(笑)

でね、のんきな飼い主は
「ほおぉ~ たまには預けてみるもんだわねぇ」 と思ったりしたのですが(←鬼?笑)








・・・・・ 実は。


ばにちゃん、声を枯らしてました!!
“ かすれる ” なんてかわいいもんじゃなく、完全に枯れてました(大爆) 
はうっ はうっ しか言えない~~~ 。。。

どれだけ吠えたんでしょうか ......。

呼んでも呼んでも、それでも誰も迎えに来てくれない。。。
ひとりぼっちで寂しくて、たぶん軽くショック状態だったのではないかと思います。



・・・・・・ ひとりぼっちって、ほかのコもいたはずですけどね(爆)



ちなみにデンビィは結構普通に再会を喜んでくれました。
でんちゃんのほうが芯が強いのですよね。
つーかバーニーが弱い、弱すぎる・・・。苦笑


今回、デンビィは投薬があるため “ 入院 ” 扱いだったみたいで、ずっと入院室にいたのに対し、
バーニーは入院室がいっぱいになった時点で上階のホテルへ移動したみたいなんですね。
そこで離れ離れになったことが、どうやらばにちゃん的には辛さに拍車をかけたようでした。
普段はデンビィのこと煙たく思ってるくせにねぇ(笑)
デンビィはデンビィで、「あれっ?ばにちゃんだけ先に帰るの!?」 って
焦りまくってたそうですが(笑)

そんなこんなで、「迷惑かけまくり(に違いない)お泊り会」を終え、帰宅後は 
もうひたすら昏々と眠り続けたデンバニちゃんたちでした。


今後を見据え、ペットシッターさんを探しておく必要があるかなぁと思った出来事でした。






記憶が薄れたところで(爆) 来月はまたデンバニ揃って入院です~
ま、泊まりじゃないから!日帰りだからきっと大丈夫!?

にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ

デンビィは血中濃度測定のため半日、
バーニーは日帰りドックのため1日、それぞれ入院しまーす ^^



関連記事

Comment

munixyu says... "^ ^;;"
こういうのは、難しいですよね。
むにゅも一度預かりに頼んだこと有るけど、
ペットショップの壁紙を全て、はがしてくれましたよw
2014.01.31 13:41 | URL | #XAUl15Aw [edit]
バデ母 says... "むにゅパパさんへ"
むにゅちゃんもなかなかやりますな(笑)
ビーグルは無条件でお断りっていう
裏ルールがある店もあるらしいですが(爆)
バーニーも出禁レベルだったかもしれません(汗)
2014.02.01 17:39 | URL | #.//Hucbg [edit]
フロ&ひま&ハロママ says... ""
バニちゃん声枯らしたのね~(´∀`*)
不安で不安で仕方なかったんでしょうね
フロスティもペットホテルに預けたとき声枯らしてました
ホテルの方にもフロスティにも申し訳ない気持ちでいっぱいだったのを
思い出します

癲癇もちの子は預かりお断りのところ多いんですね
言われてみれば年齢制限あるところもありますしね
持病の有無が関係するのも当たり前と言えば当たり前ですね
でも病院で預かってもらう方が色んな意味で安心ですよね


2014.02.03 20:43 | URL | #- [edit]
バデ母 says... "フロ&ひま&ハロママさんへ"
フロくんも枯らした経験ありましたか^m^
ばには普段から、夜の留守番は苦手で泣いちゃうので(苦笑)
きっと叫んでいたんだろうなぁと思います^^;
人(スタッフさんたち)に慣れている分いいかなと思うし、
何よりも飼い主的に「病院」ってだけで安心感があったりするのですが、
結局我が家に勝るものナシ!ってことなんでしょうね、
嬉しいような・・・手放しで喜べないような^^;
2014.02.04 21:12 | URL | #.//Hucbg [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://scottishpubbarney217.blog6.fc2.com/tb.php/700-4ed447b1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。