パブ店長はレスキュー犬!

保護犬たちとの日々の暮らしと、想うことを、ありのまま。

薬の功罪?





デンビィが、現在飲んでいる薬。
これを毎日、朝と夜の2回です。
半分の錠剤はフェノバール、0.5錠 → 1錠 → 1.5錠(つまり1日3錠) と
徐々に増えていたものを、今は少しずつ減らしてスタート時点と同量に戻りました。
その代わりに、途中から臭化カリウムとの併用になっています。

すっかりサボってる記録記事ですが ^^;
部分発作なの?どうなの??という、
首から上だけがフルフル震える発作は時々起きています。
薬を飲んでいるからといって、劇的に減ってはいないですねぇ。
でも、少しだけ間隔が開いてきたかも。
つい最近、最長スパンを更新したところで、2週間。 ← はは、最短じゃないですよ、最長です ^^;
やっと血中濃度が安定してきたのかなぁ。
フェノバールよりも臭化カリウムのほうが相性がいいってことなのかな?
もうちょっと経ったら 血中濃度を調べてもらって、
その数値によって次のステップが決まるかなぁという感じです。

いずれにしても、全身痙攣はずっと起きていないので、良しとする!


全身痙攣を二度起こしていて、大学病院でも 「特発性てんかん」 の診断をされている以上
てんかん持ちという事実はあるわけで、、、。
フルフル~ が、てんかん発作なのかどうなのか、とか、
果たして薬が効いているのかどうなのか、とかをとりあえず抜きにして、
単純に、純粋に、全身痙攣が起きていないのは本当にうれしい。

けいれん発作中は、本犬は意識が飛んじゃってるから
苦痛は無いのだろうけれど、そのあとがねぇ・・・。
発作後の疲労困憊は心身ともに相当なもので、見ていて気の毒になるほど。
なんでこんなに疲れてるのか?
体が思うようにならないフシギとか、記憶がつながらないことへの焦りとかあるのかな。
疲れと困惑が、顔にハッキリあらわれちゃう。
それなのに、異常興奮したあとだから、神経高ぶっちゃって眠れず。
カラダもココロも休息を求めてるのに、脳がそれを許さないって状態。

キツいよねー、と思う。見ている方も切ないですし。
あんなでんちゃん、できればもう見たくないなぁ ^^;

とはいえ、いつかまた起きるのだろうなぁ~~とも、思っとかないとねぇ 。。。







デンビィの場合、フェノバールでは発作のコントロールができない感じだったので、
臭化カリウム(との併用)に切り替えているのだけれど、
QOLを考えてみても、フェノバールはちょっと・・・ でした。

ま、勝手にフェノバールのせいじゃないかと思ってるだけだけど(爆)


どういうところが “ ちょっと ・・・ ” だったのかというと、

一言でいえば、よろしくない犬になった!


まず問題になったのは、食欲過多
これは言われていたことだったので想定内ではあったものの ・・・。

そもそも、ビクビクちゃんでゴハンひとつ食べるのも大変だったデンビィなので、
食欲旺盛になることは逆にオッケー♪って感じだったのだけど、
さすがに度を超すとね(苦笑)

ガツガツ一心不乱に食べている姿を微笑ましく思ったのもつかの間、
なんと食糞を始めてしまったのでした 。。。

保護犬にはよくあることだし、保護当時ガリッガリだったけど、
デンビィは食糞を今までしたことなかった。
それが ・・・ 食欲を抑えきれず、食べてみたら意外と美味しかった!?
どんどん食べることに情熱を傾け始めちゃった!大笑
しまいには、なんとしても片づけられる前に食べなくてはっっ U@エ@U;
とまで思うようになり、私の行動をチェックして
ちゃんと私の目を盗んで(爆)事に及ぶようになったのです!!

でんちゃん賢~い☆☆☆  じゃなくて ^^;

私の行動パターンを読んで、実行に移そうとアンテナ張ってるデンビィに対し、
“ そう見せかけて ” デンビィの行動を隠れて見張ってる私 。。。

今か!?と様子を見に行きかけるも、
その気配を感じとって 実行(=排泄)ストップ!のデンビィ ・・・

こんなことで20分以上格闘したこともありました(汗)


・・・ 今は、とりあえず自分のはしなくなりました。
散歩中にネコ糞とか行くので、気を付けないといけないケド 。。。




それから、私的には ↑ よりもっと深刻だったのが 攻撃性
うちに来た当初、自衛本能から少し唸りがでたこともあったけど
基本的には誰に対してもフレンドリーなデンビィ。
(ただし!売られたケンカは買っちゃうタイプ。なので売られないように ・・・)

大概 「気にしなーい」 って感じの、とってもおおらかなコなのですが
まるで癖になったかのように、少しのことでも唸るようになってしまった 。

散歩中に出会ったコに、少ししつこくされただけで唸ったり 。。。
今年に入ってから、ソファーを共有することが出てきたデンバニでしたが、
( 薬の増加とともに ) バーニーがソファーに足をかけると唸るようになり、
最後はソファーにいるデンビィに近づこうとするだけで唸ったり ・・・

なんとなく、表情もねぇ、、、キツイっていうか、ニコニコしない感じが。
散歩中にカメラ向けても、以前ほど楽しそうな表情が撮れなくなっちゃって。


今はもう、全然唸らなくなりました☆
ソファーも、またフツーに共有してます。やれやれ ・・・
お互い、決して(爆) 「好き♪仲良くしようね♪♪」 という訳ではないのだけど
やっと、仕方なく認めるようになってきたって感じでしょうか ^^;


薬が与える影響って、結構いろいろあるんだなぁ ・・・ と、改めて。

かといって 「あーこわ!だから使いたくないのヨ!」 とは思わないんだけどね。

もちろん、薬が必要ない健康体を保つのがイチバン!
で、いろんなことにちょっとずつ気を遣いながら、
ダメなときには素直に投薬、と思ってます。

とりあえず即効性が必要ならば、やっぱり西洋医学に頼るかなー、とか。
体質改善をめざして気長にいけるものなら東洋医学もアリじゃん、とか。
それ以外の代替医療も、まぁいいんじゃない(モノによるけど・苦笑)?とか。

全体を見て、必要なときに必要な手当てができる、
冷静な判断力とバランス感覚を持っていたいなぁと思います ^^



目下の悩みはでんちゃんのカイカイ~ 。。。
にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ




関連記事

Comment

munixyu says... "^ ^;;"
まあでも食べれないと大変だから、いいといえばいいんだろうね
食べ過ぎは、おさえられるもんね♪
攻撃性?こっちのほうが、なんぎなことかも
頑張れビンディ!
2013.06.21 14:12 | URL | #XAUl15Aw [edit]
バデ母 says... "むにゅパパさんへ"
そうそう、食べてくれなくてさんざん苦労したことを思えば、
待ちきれなくて涎たらしたり、じだんだ踏んだりしている
でんちゃんには成長を実感するし、なにしろカワイイのです(笑)
盗み食いするわけでもなく、飼い主がコントロールすればいいだけの話。
バーニーと全然違う、デンビィの唸りはかなりの迫力だし(苦笑)
唸ったところで良いことはないですからね
出なくなってよかった。。。

・・・しかし体重乗ってきちゃった(大汗)
2013.06.23 17:09 | URL | #.//Hucbg [edit]
フロ&ひま&ハロママ says... ""
薬の副作用で食欲が旺盛になったり、また逆になったりは
よく聞きますが、攻撃性なんかもあるんですね
もちろん個体差があるのでしょうけど、やっぱりデンちゃんには
合ってなかったのかもしれませんね
でも薬を変えてから元に戻ったならバニちゃんにとって良かった(笑)
このまま発作の頻度も減れば言うことなしですね

うちはフロスティが腎臓サポートフードを使い始めてから食糞
と食土をするようになりました゚(゚´Д`゚)゚
今は完全手作りにしてますが治りませんね
きっと濃い味を望んでいるんでしょうけど、それは叶えて
あげられないし…困ったもんです
2013.06.25 21:09 | URL | #- [edit]
バデ母 says... "フロ&ひま&ハロママさんへ"
断言は出来ないんですけど、
小児てんかんの副作用での報告はあるみたいだし
最近はすっかり以前のでんちゃんに戻っているので
そうかなぁって思っています ^^

フロくん、なんだろうミネラル不足?
なにか足りない栄養素があるんでしょうか。。。
バーニーが春先になると土を食べるんですよね(苦笑)
何で食べるのか教えてくれたら対策立てられるのに(笑)
2013.06.26 21:18 | URL | #.//Hucbg [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://scottishpubbarney217.blog6.fc2.com/tb.php/655-9c7fe981