パブ店長はレスキュー犬!

保護犬たちとの日々の暮らしと、想うことを、ありのまま。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

様々な想い それぞれの日

そのあと



雲ひとつない
抜けるような青空

眩い光
暖かい陽だまり

春の到来を思わせる 金曜の昼下がり

見えている風景と聞こえてくる音声とが
まるで釣り合わない
不思議な感覚を体験した日 ―――



のんびりした景色のなか 車で走っていたとき
大きな揺れにハンドルを取られ
初めて道路脇に停めて待機した

まもなく流れ始めたラジオの臨時ニュース
やがて 内容は
信じられないような言葉ばかりになった
ラジオの声は 懸命に感情を抑えながら
静かに 静かに 叫んでいた



春の到来を思わせる 金曜の昼下がり

なにげない日常が
非日常に変わった あの日の出来事は
今は日々の中に溶け込んでいる

備えという学びとともに

あなたへの想いとともに








関連記事

Comment

munixyu says... "^ ^;;"
自然と人間との共存について、深く考えさせられる
大きな日となりました。合掌。
2013.03.12 15:22 | URL | #XAUl15Aw [edit]
バデ母 says... "むにゅパパさんへ"
そうですねぇ。。。
ほんと、自然の前に、あの日抱いた
無力感や驕りを忘れずにいようと思います。
2013.03.13 19:09 | URL | #.//Hucbg [edit]
亀山 says... ""
初めまして、通りすがりです。
私にはまだあの震災は日々に溶け込んではいないです。
まだ生々しく、恐怖の想いを拭い去れません。
夫にまた会えるのか出勤するとき毎日不安です。
海辺の会社に勤務しているので、少しの揺れが怖くて仕方ありません。

原発のことも、先日に事故は本当に危険な状態でしたし、下請けの構造の中騙されるように連れて来られて作業に従事してくださっている現場の作業員の方たちのことや彼らの給与体系のことを知って本当に腹立たしいです。そしてそんな中で恐怖に怯えながら日常生活をこなすしかない無力な自分にも嫌気がさします。

日々に溶け込んでいる、といえるような、穏やかな気持ちに、私も早くなりたいです。

通りすがりの長文失礼しました。
2013.03.26 22:57 | URL | #SFo5/nok [edit]
バデ母 says... "亀山さんへ"
はじめまして。コメントどうもありがとうございます。

私も犬たちを家に残して外出するときには今でも不安がよぎります。
(橋が壊れたら帰宅できなくなるので)大きな川を越えなければ
行かれない場所に行くことは、仕事であっても抵抗を感じてしまいます。


亀山さんはたいへんな経験をなさったのですね。
それでいてお勤め先が海のそばということ、怖さはいかばかりでしょう・・・。
ずいぶん余震は減ったとはいえ、揺れるたびに
さまざまな思いがよみがえってしまうのも無理ありませんよね。

もう大丈夫って思える人もいれば、まだまだの人もいて、
人それぞれで当然なのだと思います。
それでよいのだと思います。
そうして、いつかはまた、穏やかな気持ちで過ごせる日々が
戻ったらいいですよね。

どうか、焦らずに。
2013.03.27 22:16 | URL | #.//Hucbg [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://scottishpubbarney217.blog6.fc2.com/tb.php/645-4b1d1611
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。