パブ店長はレスキュー犬!

保護犬たちとの日々の暮らしと、想うことを、ありのまま。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

重い想い

DSCN0667_convert_20121205200255.jpg

(志津川駅近くで。なぜか防災対策庁舎方向にしつこく引っ張るために抱っこされました)


思い出のアルバムや、食器・家具・雑貨等々の家財道具、
家のサッシや窓ガラス、柱や梁・土台まで ・・・
津波によって、ありとあらゆるものが粉々に破壊されました。
それら街じゅうに散らばってしまったものを、手作業で拾い、
ガラスや金属、燃えるものなどに選り分けていく活動 ―

いわゆる 「 瓦礫撤去ボランティア 」 ですね。
瓦礫とは言いたくないので、
普段は “ 流出被災家財 ” と名づけて呼んでいますが。


この活動を通じ、初めて訪れた日から今もずっと
想いを寄せ続けている南三陸町。
できることはほんのわずかですけれど
この先もずっと 変わらぬ想いで一緒に歩ませてもらいたいと思っています。





書いては消し、途中で保存しては別に書き直し ・・・
という作業を 何度も何度も繰り返しています。
伝えたいことはある。
それが 現地を自分の目で見て感じた者として “ できること ” の
ひとつでもある。

そう思うけれど、実際なかなか文字には出来ない ・・・


ある方が 「想いは重い」 と綴っていました。
なるほどなぁ ・・・・・・

私が書けずにいる(書いたものを公開できないでいる)のもそういうことか。
現地の状況を、そこで暮らす人たちの想いを 知れば知るほど
書くことが難しくなるのですよね。
「 怖くなる 」 と表現してもいいかも。
読み手によって解釈が変わってくる “文字に残す” ということに、
懼れを感じるのです。



でもね、と、またもう一方で思うんですよ。
どんな事もそうですが
すべては 「知る」 ことから始まるのだから ・・・ と。

シンプルに、見て、感じた事を綴ればいいのかな?
やっぱり、書かないよりは 書いたほうがいいのかな ・・・?



支援の輪の中にいると、震災は過去の出来事ではなく
今でも身近な現在進行形のことなので えって感じなんですが、
既に一番の課題は 「記憶の風化を防ぐこと」 みたいなんですね ...

とはいえ私自身、実際に何をしているって言えるほどのことはそうあるわけでなく
本当に微々たることしかできていません。
それでも、想いがいつも頭の片隅にあるだけで
自然と言動に現れてくることは間違いありません。
ならば こんな拙いブログでも書かないよりはマシなのかも。

そして読んでくださる皆さんの心の中に
ほんの少しでも何かが残せたら最高ですね ・・・・・・。

関連記事

Comment

munixyu says... "^ ^;;"
うん、日本には、ほとぼりが冷めるっていう、
恐ろしい習慣があるのが怖いですよね。
復興させていく政府が、とろいっていうのもあるんだろうけど、いまだ、被災地ではing
だ、ということを理解していかないといけないですよね
選挙カーで、ほらばっかり吹いている場合じゃない!
うん・・・。
2012.12.06 14:03 | URL | #XAUl15Aw [edit]
バデ母 says... "むにゅパパさんへ"
ほとぼりが冷める・・・たしかに。
基本的に、なんというか、受け身なんですかねぇ。
情報が流されてるときは、聞こえてくるから受け止めてるけど
それがなくなれば、自分から求めようとまではしないというか。
結局は他人事?だから??

ま、積極的に活動してる人がみんなスバラシイかっていうと
結構おいおいってケースもあるし(苦笑)
正直、支援活動が生きがい☆みたいになってるのも
どうかと思うのね^^;
数多く足運んだからって、あらゆる意味で(人の気持ちとかいろいろ)
「わかんない人にはわかんない」ので(爆)
行った回数も関係ないし。。。
(でも行ける人は1度は行くべきと思うけど)

「忘れてませんよ」とか「忘れないようにしよう!」とか
わざわざ声に出すこともどうかと思うので
そういう心持で、それを日々のちょっとした行動で
示し続けることができたら一番かなぁと思っています^^
2012.12.06 21:27 | URL | #.//Hucbg [edit]
フロ&ひま&ハロママ says... ""
書く事が怖いってわかります
気楽に考えれば良いんでしょうけど
それが出来ずに福島の友人に安否確認以来
連絡が出来ないでいる自分に嫌気がさしたり…
思いが強いからこそ伝えられない思いもあるんですよね
2012.12.15 19:17 | URL | #- [edit]
バデ母 says... "フロ&ひま&ハロママさんへ"
ほんと、難しいですね。

現地で作業するのにあたっても
「笑わないで、でも苦しそうだったりつまらなそうだったりって表情もしないで」
みたいなことを言われ、なかなか難しいなぁって感じでしたけど
言いたいことはすんごくよくわかるって思いました。

思えば思うほど、相手の反応(感情)や、さらにその先まで
いろいろと考えてしまったりして。。。
純粋に、連絡をすれば喜んでくれるだろうし
「元気だよ」「大丈夫」「ありがとう」
そういう言葉が返ってくるのでしょうけど・・・。
でも、それが本心かっていうと、微妙に違ったりするじゃないですか、
その言葉の裏にある気持ちまで読もうとしてしまいますね。
それでなかなか書けなくなったりもしますよね。。
2012.12.16 17:52 | URL | #.//Hucbg [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://scottishpubbarney217.blog6.fc2.com/tb.php/615-16e3063c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。