パブ店長はレスキュー犬!

保護犬たちとの日々の暮らしと、想うことを、ありのまま。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悲しんでいい

東日本大震災から8ヶ月。


今日は朝からほとんど気温が上がっていない感じで、とても寒い 。。

3月11日、この辺りは天気が良くてわりと暖かかったのですが
東北は雪まじりのところもあったりして 大分寒かったみたいだから
つい記憶が遡ってしまう人もいるのだろうなと思います


『 悲しんでいい 』 これは
今私が受講しているグリーフケア講座のコーディネーターである
高木慶子シスターの最新著書のタイトルです

東日本大震災を受け 同時にいくつもの大切なものを失ってしまったにもかかわらず
立場上悲しむことができない人、悲しんではいけないと思っている人に対して
悲しい時は悲しんでいいのですよ、と説いている本です

また、そうした人たちの隣にいる ( かもしれない ) 私たちが
その悲しみにどう寄り添っていけばよいのか
お互いに支えあって 悲しみの日々からどうやって立ち直っていけばよいのか
そういったことを “ 一緒に考えましょう ” と書かれている本です





こうした大災害に限らず
私たちの周りでは 悲しい出来事が毎日どこかで起こります
毎日が誰かの誕生日であるように おそらく、いや間違いなく
毎日が誰かの命日でもあるでしょう

そして、毎日ではなくとも かなりの頻度で
自分の身近なところでも 悲しい出来事は起こっています

だから 私の身近でも、もしくは私が一方的に “ 気にしている ” ところでも
悲しい出来事が度々起こっており
「 悲しんでいいんだよ、もしも悲しめていないのだったら、ちゃんと悲しんでね 」
と伝えたい人が何人もいます

大切な人を亡くした方、大切なわんこを亡くした方、何人もいらっしゃいます

たとえば 常にいのちと向き合っているお医者さんや看護士さんが
最愛の家族を亡くしたら ・・・
たとえば 常に動物たちと接している獣医さんやトリマーさん、トレーナーさんたちが
最愛のわんこを亡くしたら ・・・

東日本大震災では 家族の安否がわからないままに
救助活動に乗り出し、長時間その作業を続けた警察官、消防士
様々な住民の対応に当り続けた役場の職員 ・・・

立場上、悲しみをなかなか表に出せないかもしれない
我慢が長い事続いたかもしれない
でも そのままその気持ちを押しつぶしたままにはしないでほしいなと
講座を受けながら考えていました








にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへにほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ


「 悲しんでいい 」 と
わざわざ言うこと、伝えることに どんな意味があるのか ・・・?

私なりに 経験上、思うこと

それは 正しい方向にきちんと悲しむと
いつか必ず
その悲しみを乗りこえた先の明るい未来に行く事ができる

ということじゃないかなぁと 。。。


関連記事

Comment

munixyu says... "^ ^;;"
うん・・・
要するに我慢しすぎて心を閉ざすな
ということなんだろうね
2011.11.12 12:17 | URL | #XAUl15Aw [edit]
フロ&ひま&ハロママ says... ""
もともと東北人は自己表現が下手ですからね
自己表現が上手?な関西圏に移り住んで戸惑ったことも
数知れず(苦笑)
きっと皆さんが思ってる以上に我慢してると思います
『悲しんでいい』って言葉を待ち望んでた人もいるはずです
認めることは小さな一歩だけど、なかなか踏み出せないのが
現実かもしれません
『自分を出しても良いんだよ』って言ってくれる人が
そばにいることが大事なのかな
2011.11.13 07:43 | URL | #- [edit]
バデ母 says... "むにゅパパさんへ"
そうですね
やっぱり人はひとりでは生きていけないから
辛い時は辛いと
苦しい時は苦しいと言えるといいですよね
とても勇気が要ることかもしれないけどね
2011.11.14 12:46 | URL | #.//Hucbg [edit]
バデ母 says... "フロ&ひま&ハロママさんへ"
そのギャップはなかなか笑えないもので
関西の方が良かれと思ってしたことが
結果的にトラブルの火種になっちゃったりとか
現地でも実際に少なからずあったようですね^^;

よく我慢強いって言われますけど・・・。
ひょっとして自己表現が下手でオモテに出ていないだけなのに
「我慢強い」って他の地方の人が思っているだけ?
だとしたら、本当に思っている以上ですよね絶対。
「悲しんでいい」は、特に年配の男性が救われたと感じることが多いらしいです。

実際の距離がたとえ離れていても「そばにいてくれる」と思える存在が
あるといいですよね。
2011.11.14 12:56 | URL | #.//Hucbg [edit]
says... "管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011.11.16 01:13 | | # [edit]
バデ母 says... "2011.11.16 01:13 の鍵コメさんへ"
たしかに、今(実際に到達した今未来)が明るいか?っていうと
そうでもなかったりするのですが(爆)
そういうことじゃなくて、あるとき何かをきっかけに前向きになれるというか
一歩前に進む瞬間というか、開ける瞬間というかなんというか
グリーフワークを正しくこなしていくと(←この表現はヘンかな^^;)
それまでとは違う“正”の方向への転換点のような局面が訪れると思うんですね。
で、本人的にはやり過ごしたということも、客観的にみれば、
結果として「乗りこえた」ということなのではないかと。。

かたちはそれぞれ(感じ方もそれぞれ)だけど、
「一緒に」何かしてくれる人がいるってことがありがたいですね。
物理的な距離は関係なく、心がつながっていると思える存在。
そう思ってもらえるかどうかが、寄り添えているかどうかってことなんだなぁと。

そそ、これは真似して自分で作ってみた普段用の迷子札です^^
安上がりな上に結構満足な出来でした(爆)
2011.11.17 08:45 | URL | #.//Hucbg [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://scottishpubbarney217.blog6.fc2.com/tb.php/521-323737f2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。