パブ店長はレスキュー犬!

保護犬たちとの日々の暮らしと、想うことを、ありのまま。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皆の想いを踏みにじる行為だ

東日本大震災から100日を迎えました

1日でもはやく仮設住宅を ということで
関係各所が懸命の努力をしていることは確かだと思いますが
どうも なにをやっても今ひとつ上手く行っていないような ・・・

仕事柄、避難所の生活環境や 仮設住宅の居住環境は気になるので
新聞記事などいろいろと目を通しています

避難所にしても仮設住宅にしても、場所による差がとても大きいことに驚きます

イギリスのNPOがテントを寄付してくれた避難所では
体育館にテントを並べて張っていて
かなり初期の段階から とりあえず最低限のプライバシーが保てていました

また 日本の建築家がダンボールとカーテンで間仕切りを作っている場所も
天井がないのでテントほど落ち着かないにせよ
視線を遮ることが出来る分 多少はストレスが軽減できるかなという感じ

それに対して
オトナの膝丈くらいしかない 低い仕切りだけで3ヶ月以上過ごしている避難所もあって
とてもストレスフルな環境で心配になります

そうした場所にもつい最近 着替えのスペースができたというニュースがありました
間伐材でつくった合板のブロックを組み立て、カーテンを取り付けた姿は
ショップの試着スペースのような なかなか良い感じでした
遠く、出雲のボランティアセンターから提供された防災備蓄品だそうです




仮設住宅に関しては
建設地と入居希望者の思惑とのズレから
せっかく出来上がっても空き家になっているって話に愕然としたり ・・・

かなりの騒音&突風(っていうか、空気圧っていうか・・・振動?)が生じるであろう
東北新幹線の高架のすぐ脇にズラーっと並んでいる姿に驚愕したり ・・・

とりあえず “ 3万戸建設!”  というノルマが一人歩きしているような
なんか雲行きの怪しさを感じていました

それでも 場所によっては
地域の木材をふんだんに使った
とても安らかに暮らせそうな仮設住宅もあって
そんなニュースには本当に嬉しくなりました



でも
ついに最悪なニュースを目にしてしまいました


タイトルは 仮設に欠陥 苦情続々 ( 朝日新聞 2011.06.17 朝刊 )


スキマだらけで 雨漏りはするわ、アリが群がるわ ・・・・・・ 。



雨の多い時期になり
じきに 蒸し暑く、雷や大雨・台風が来る時期に移って行きます
そして短い夏が過ぎれば 厳しい寒さもやってきます

仮設とはいえ 多くの方たちが
おそらく年単位で暮らすことになるでしょう


施工者よ ・・・ 何やってんですか?
というより、元請か??


記事によると 関係筋の話として ↓

  経費を抑えて利益をあげるため、中には下請けへの外注費や
   現場の大工の日当を削っている業者もある。 施工が悪くなるのは当たり前

  「 苦情の大半は建て付けの調整の問題。
   初期の仮設住宅には悪い部材を使ったものもあり、豪雨も重なった。
   急ピッチで完成させないといけなかったからだが、
   手抜き工事や外注費削減はないと思っている 」




冗談じゃないですよ
国費で建てている仮設住宅、つまり建築費は税金です ( 当然施工費用も )
建築主は全国の納税者みんなだ! とは言わないけど
全国のみんなの想いを背中に背負って建てているという自負はないのか?
こんなときにまで 元請は当たり前のように利益を掠め取るのか??


普段 何かにつけて
手抜き工事だ、欠陥住宅だという世の中の風潮には
賛同できないというか もうちょっと冷静に考えてみてほしいなと思うことが多いです
( とくに木造住宅などは きちんと説明しないと
 一見不具合かと思われるような現象が出てしまうこともあります )

職人さんたちの苦労も
( 全部とはいわないけど ) わかっているつもりなので
作り直しが起きないように いろんなことを気をつけているつもりです


だけど ・・・
だから ・・・
本当の手抜き工事や欠陥住宅には 腹の底から怒りがこみ上げます


床に置いたものが雨でびしょぬれになるような
アリが室内を100匹、200匹と這い回るような
そんな家が欠陥でなくてなんなんでしょうか


これがほんの1社、2社の問題でしたら
こういう輩が建設業のイメージを落とすんだよなー 。。。 で済むかもしれない
そもそもニュースにもならなかったかもしれません

でも 今わかっているだけで
ギリギリ両手で足りるほどの 複数の業者の施工に問題があると
そして、苦情件数は数百にのぼると 記事にはありました





――― 無料で住まわせてもらってるんだから、仕方ない ―――


こんな言葉を 避難所を転々としてやっと落ち着けたという方に言わせないでください










にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ

    ↓ 各カテゴリーへはコチラから
   にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ   にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ   にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ






関連記事

Comment

munixyu says... "^ ^;;"
っていうか
NPOなどからの支援のほうが
国の支援より早くて便利ってどういうことだろう
しかもずさんな仮設・・・
大きなテントがたくさんあるほうがいいかも
2011.06.18 13:35 | URL | #XAUl15Aw [edit]
フロ&ひま&ハロママ says... ""
仮設住宅から学校が遠かったり、周辺で仕事を見つけられなかったりと
なかなか引っ越せない人も多いようですね
急いで生活の拠点を造ってあげなければっていう思いは正しいと思います
でもね、立地とか本当にきちんと考えたのかしらって首をひねりたくなる
仮設住宅もありますね
さらに欠陥住宅って!本末転倒!!
屋根ついてりゃいいじゃないってこと?
もうすでに心が折れかかってる人たちになんて思いさせるんでしょう
何もかもお粗末過ぎる
2011.06.19 11:05 | URL | #- [edit]
にんかたま says... ""
今回の災害であまりにも議会がばらばらで、日本人として情けない気持ちでいっぱいになります。いつも大変なことがある度に、本題放りっぱで揚げ足の取り合いになる永田町全部に憤りっぱなしです。
(ここ数ヶ月ニュース始まると、ぶちぶちかたまうるさいったら(汗))
仮設住宅建設もヒドイんですね。被災地が広いから、問題業者も多いのかな・・
プロなんだから、仕事請けておいて最低ないい訳しないで欲しい。他人の気持ち考えられない者がモノ作りや建設に関わらない方がいい。とは言っても無理だろうから・・問題業者に支援の請けおい回さないように、リスト作れないものなんでしょうか・・(素人なんでよく分からないんですが・・)支援金や税金をそんなことで無駄にして欲しくないですよね。。
2011.06.19 13:03 | URL | #JHj1zWbk [edit]
バデ母 says... "むにゅパパさんへ"
小規模、ピンポイントでの支援なので早いのが当然なのかもしれませんが
行政が公平・公正にこだわりすぎているように感じるときもありますね
いっそのこと仮設1棟分の費用を現金支給したほうが良かったのじゃ?なんて
少々乱暴なことも考えてしまいます
2011.06.19 23:19 | URL | #.//Hucbg [edit]
バデ母 says... "フロ&ひま&ハロママさんへ"
安全を考えれば平地の市街地だったところではなく高台へ
ということも充分わかりますが
なにしろ車も流されてしまったりして、公共交通機関も寸断されてるし
不便な場所では現実問題として暮らせないというケースも多いでしょうね
そして義援金(生活再建支援金)が未だ支払われておらず
仮設に移っての自活ができないという方も多いみたいで・・・

仮の住まいであったとしても、そこは心のよりどころとならなければいけないはず
欠陥住宅なんて・・・そんな人災いらないわ!って
2011.06.19 23:33 | URL | #.//Hucbg [edit]
バデ母 says... "にんかたまさんへ"
所詮他人事なのだなーという感アリアリですよね
自衛隊を10万人規模で動員したのなら
官僚も議員もかき集めて「現地で」対策練らせたらいいのにと思ってしまいますね

利益を得るなとはいわないけれど、利益が最優先であってはいけませんよねこういう事態には
たぶん使命感持って工事に当たっている人たちが大勢なんでしょうけど
このときとばかりに荒稼ぎをたくらむ残念な人たちも少なからずいるのも事実
建設業に限ったことではないと思いますが
直接生活を支えるような業種は心して請けて欲しいと思います
2011.06.19 23:48 | URL | #.//Hucbg [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://scottishpubbarney217.blog6.fc2.com/tb.php/468-82e1790d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。