パブ店長はレスキュー犬!

保護犬たちとの日々の暮らしと、想うことを、ありのまま。

少しずつ

少しずつ1


少しずつ2




大きな揺れから3週間

少しずつ自分たちのペースを取り戻してきたデンバニちゃんたちです






はっきり言って 地震による “ 被害 ” って
限りなくゼロに等しいバデ家地方です

でも

急に おねしょ をするようになったり
赤ちゃんがえりしてしまったりという子供が出ているそうです

それだけ衝撃が大きかったこの災害


大したことないのにションボリするな


そういった見方もあるかもしれませんが
弱きものの声なき声をすくい上げることは 大事だと思います




少しずつ3






バーニー


昼間は段々留守番ができるようになりました

でもまだ 朝一番の寝起きには不安が少し強いみたいです




デンビィ


なんだかんだいって 実は芯が強いのです

大きな余震が起きない限り もう大丈夫かなと思いますが
夜は もう少し一緒に ( そばで ) 寝るつもりです


思えば、2年前の今頃も 同じように毎日ソファーでしたねぇ 。。。







にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ   にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ   にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ




関連記事

Comment

munixyu says... "^ ^;;"
やっぱり精神的なもの
っていうのが大きいようですよね
みんな、がんばれ!
応援しています♪
2011.04.01 12:17 | URL | #XAUl15Aw [edit]
バデ母 says... "むにゅパパさんへ"
オトナが不用意に怖がったり不安がったりすることは
コドモや動物たちの情緒不安を増幅させることになるので
まずはそこを気をつけなければなりません。
そして、元気がない子に対して元気を出せ!と
お尻をひっぱたくようなこと(←比喩ね^^;)は間違いだと思います。
その一方ではやはり、こうした出来事を冷静に受け止め
心を痛め、悼むことも必要だと思います。
今、大人の力が試されているなぁと感じます。
2011.04.02 17:16 | URL | #.//Hucbg [edit]
フロ&ひま&ハロママ says... ""
事情が分かってる大人でも怖いのに訳の分からない子供や動物が
怖くないはずがないですよね
被害が大きかった地域の方はもちろん、少なかった地域の方や動物
にも心のケアが必要
見える被害より見えない被害の方がより後をひくのかも知れませんね
2011.04.02 22:06 | URL | #- [edit]
バデ母 says... "フロ&ひま&ハロママさんへ"
ほんとそうですよね。特に最近は携帯の「緊急地震速報」の音が怖い(苦笑)
これは子供たちも同様らしく、甥っ子も、揺れることより音が怖いといっていました。

今、被災地では救援の偏りが深刻化している模様。
一様にと行かないのはわかっていますが、どうしてもメディアで大きく取り上げられると
そこだけがまるで大変かのようにクローズアップされてしまいます。
声を上げることすらできない場所もあるかもしれないのにと思うと複雑です。

偏りといえば、こちらは田舎なので、都心より扱いが雑(爆)
計画停電では、最初の頃数日電車が走れませんでした。
やっと運転再開!?と思いきや「朝6時以降夜22時まで運休」とか。
それでも多くの人が、6時前の電車でご出勤。(たぶん深夜ご帰宅)
えらいでしょー田舎の人は(大爆)
2011.04.03 21:24 | URL | #.//Hucbg [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://scottishpubbarney217.blog6.fc2.com/tb.php/435-954ec54b