パブ店長はレスキュー犬!

保護犬たちとの日々の暮らしと、想うことを、ありのまま。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不景気を理由にしないで

ラッキーだったね 「ラッキー君」 子犬ポイ捨てに愛護の輪
ラッキーだったね 「ラッキー君」 子犬ポイ捨てに愛護の輪


オリジナル(英語版)はコチラ ↓↓↓
"Puppy Rescued After Being Thrown From Car"



世界中 どこの国でも 不景気 不景気 不景気 ・・・
犠牲になるのは 弱い立場のものたちです
日本だけじゃないです こういう時期には多くの仔が捨てられるんですね

ただ日本では 捨てることが限りなく死に直結している ・・・
運良く保護されても、生き延びられる確率は ごく僅かです

日本がこれから変わらなければならないのは
たった数日という期限付きの収容施設しかなく
最終的には殺処分するしかないという現状
施設に捨てに来る身勝手な飼い主に対して 思い直すように説得することは出来ても
拒絶することはできず 引き取るしかないという現状
施設への持ち込みは 「 捨てること 」 であるのに
必要経費さえ支払えば 罪どころか正当な行為であるという現状


でも 元はといえば
一人ひとりの意識の問題なんですよね
結局は、今 目の前にいる仔たちを捨てなきゃいいだけの話
保護ボランティアが足りないなんて おかしな話 ・・・


月に1度でもいいと思う
こんなことを身近な人たちと話すのも
動物愛護活動の一つと思います





いつもクリック 絵文字名を入力してください どうもありがとうございます 福助 jumee☆thanks1

にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ

関連記事

Comment

やっこ says... "動物愛護の国 ・・・"
英国では、ホリデーシーズンになると、
安楽死の申し出(生活保護を受けている人の動物を診る病院で)
が、急増するんだよ。

ホリデーに行くお金は作っても、犬猫を預けるお金もないし
それだったら、安楽死させて ・・・ なんだろうね。

英国では、ここ数年の不景気のお陰で、
チャリティー施設への犬猫の持込が増えたんだよ。
それなのに、どんどんどんどん ・・・
新しいペディグリーの犬猫は生まれてるって、
正直、算数にもならないよ。

新しい命を、増やさないで欲しい。
捨てないで、と同時に、増やさないで ・・・。

本当に、哀しいけど、哀しいばかり言ってられないね。
せめて、1日、100円 ・・・
いや、できるだけのこと ・・・
チャリティーに捧げたい。

怒りと悲しみを、未来に向けたいよ。

バニ母さん、こういう大切な話を
伝えてくれて ・・・ ありがとうです!
2009.03.08 00:17 | URL | #- [edit]
ゆみ says... ""
ほんとそう!私も同じ考えです。
自分が家族に迎え入れた子を
責任持って愛し育てることで確実に減っていきます。
そんな当たり前のことが出来ない人間が多すぎますよね。
そして服や鞄を買うように命がいつでも買える...。
法律自体が動物は物扱い...
こんな法律で政府はどうやって子供達に命の大切さを伝えるのでしょうかv-292
その辺に棄てる人・施設に棄てに来る人
保健所に連れて行ってないから私はまだ大丈夫!
とかどこかで生き延びてね!とか思ってるんでしょうねv-390
私はいつも思います。
命を命と思わない・虐待する者は必ず同じ目に遭って欲しいといつも願います。

でも、悲しい事に
こう言った悲しい現実のニュースや記事は
ちゃんと分かっている人が見て心を痛め、
解らなければならない者は見ないんでしょうね。。。
人間は嫌な生き者だとつくづく思い知らせれますv-390
2009.03.08 10:43 | URL | #- [edit]
バデ母 says... "やっこさんへ"
欧米諸国は日本より意識が高くて、
日本みたいなひどい扱いは受けてないというイメージが
日本の人々にはなんとなくあるみたいなんですよね。
特に英国がそんなことになってるなんて知ったら、驚く人が結構いると思います。。。
でも、そこは同じニンゲンなんですよね、法律が違うだけでv-389
どこの国でも一緒。。。やるニンゲンは、どこの国にもいるv-390

ただ、安楽死に対しては、たぶんちょっと感覚が違うと思います。
でも・・・同じようなケースの場合、センターへの持込が増えますね確実に。

バーニーを絶対に幸せにする!って思って、この1年半いろんなことを見たり聞いたり調べたりしてきました。
その結果、知らないほうが幸せだったかも、ってことを知ってしまったこともたくさんあって
哀しいなぁ、悔しいなぁ、と思うことが増えました。
でも、知ったことはマイナスではなく、知ったからこそ、の真の幸せを追い求めようという気になりました。
私も、哀しいばかり言ってないで、前に進みます。
やっこさん、ありがとうございます。
2009.03.08 14:11 | URL | #.//Hucbg [edit]
バデ母 says... "ゆみちゃんへ"
もう要らないけど殺すのは忍びない、できればどこかで生きていてほしい、
っていう望みほど勝手な思いってないですよね。
でも、多いですよねそういう人。。。

うんうん、本当に、こういうことをわかって欲しい人は
こういうことには目を向けないし、心も痛めない。
ほんとそうですよねv-390
でも、だからこそ!
私はしつこいので(爆)何度も言います。言い続けます。
わからない人間には、最後までわからないのかもしれない。
それでも、言い続けることできっとわかる人もいると思うんです。
法律だけに頼っても、道は開けないと思ってるんですね私。
法整備に期待しつつ、平行して、地道に皆の「気付き」を求めていかなければと思います。
だからゆみちゃんにも、こうして発信してもらえるとうれしいですv-410
2009.03.08 14:21 | URL | #.//Hucbg [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://scottishpubbarney217.blog6.fc2.com/tb.php/40-2a8b6087
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。