パブ店長はレスキュー犬!

保護犬たちとの日々の暮らしと、想うことを、ありのまま。

デコが語り始めた

もし 今

“ 世の中で起こるとイヤな事をひとつだけ挙げるとしたらなんですか? ”

って質問されたら


保護主崩壊 って答えると思うバデ母です




以前にも書きましたけどね

かわいそう!何とかしなきゃ! って想いはステキです
でもね それだけではダメなんです
安易に手を出しちゃいけないんですよ
自分の身の丈 ってものをきちんと考えてね
手を出さない決断もきちんとできる人でなければ
いのちに関わってはいけない!! ・・・・・・・・・ と思う ・・・・・・・・・

“ とりあえず ( 預かりを ) やってみて ダメだったらやめればいい ” とか
“ 無理が生じたときは ほかの預かり仲間へ託せばいい ” とか
そういうのはなぁ~

私自身は相容れない考えです

募集する保護団体がそういう考えなら
別にそれはそれでよいのでしょうけどね
個人と団体の論理はそもそも違いますから
ただ 私はそういう感覚で預かりはしていないし
今後もするつもりはまったく無いってだけのことです



一般家庭の多頭飼育崩壊も ブリーダーの崩壊も本当によくある話で
またかいっっっ  って感じですけど
実は、ひっそり コッソリ
その影に隠れて やっぱり少なからずある保護主崩壊
( ま、隠せずにおおっぴらにされちゃうこともありますけど )

これはねぇ ・・・ 本来ありえないことですから
いちばん聞きたくない話だし 聞いてしまった時には
なんというか 背中を冷たいものが流れるような感覚がします

自らSOSを出して とりあえず預かり先が見つかったからよかったとか
センターに持ち込まなかっただけマシとか
そういう話じゃないと思います

そういう状況のコたちを救ったその同じ手で
今度はあなたがそれをするんですか?

って話なんですから


エラそうな事言って  って思われるかもしれないけど
確かにそうです 自分自身だって将来はわかりません

だから!

身の丈に合わないことはしないんです
出来ないんですよすみませんね
そのかわり 一度手の中に納めたいのちは絶対に幸せにします
ま、幸せかどうかは相手が決めることだから
とにかく幸せだと思ってもらえるように心して向き合うし
たとえば犬不幸な私が 先に逝くようなことがあったなら
きちんと犬生全うできるように あとを託す先を決めておきます


いのちを預かるって カンタンに出来ることではないはず

そんな軽々しいことじゃないんじゃないかな ・・・







今日はデコの月命日です 旅立って1年7ヶ月になります
1年半の先月中旬あたりから急に
デコの「かつての関係者」の情報がぽっと出てきたり
デコと過ごした日々を彷彿させるようなことがあったり
なんだかデコとつながっているなーと思う事が多くあります

勝手に関連付けているだけなのかもしれませんが
私は デコが語り始めた と思っています


半月前の 祖母の看取り
最期の祖母の姿は 本当にデコのときと重なって ・・・
少しずつ息遣いが変わって 呼吸が減ってきて
あぁもうすぐ旅立つんだなぁということが
デコの時にはわからなかったけど
あの経験があったから 今度はきちんと理解できたし
冷静に受け止めることが出来ました 


つい数日前も 私がデコと知り合う前の
元気だった時のデコの姿を見ることができたんですよ
偶然見つけたんだけど ・・・ って
親友が教えてくれた小さな写真には まぎれもなく
仲間達と穏やかに時を刻んでいるデコの姿が写っていました


・・・ もう大丈夫、って思ったのかな

必要以上に悲しみに沈むこともなく
冷静に受け止められるだろうって判断して
いろんなヒトやモノをつかって
デコが何かを伝えようと 語り始めた
そんな気がします




やっぱり犬は神の化身(分身?)なの?って思ったりして
( DOGはGODのさかさまで~ ・・・ )
にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ


関連記事

Comment

フロ&ひま&ハロママ says... ""
保護主崩壊か、本末転倒ですね
助けたいと思って行動できるってすごいことですけどね
自分が出来ないだけに余計そう思います
でもねぇ、じゃあ2回も放棄されちゃった子はどうなるの?
って話ですよね
私も常々身の丈ということを意識します
自分がやりたいことと出来ることは必ずしも一致するわけじゃ
ないですから、自分の許容量を把握することも大事ですね
こういう問題を解決するためには、飼育に関しても保護に
関しても厳しいガイドライン作りが急務
ペットの飼育者が飼っている頭数分の税金を払うとかして
保護団体が健全に運営できるような財源の確保をする
そんな制度が必要かもしれませんね
2010.12.17 07:57 | URL | #- [edit]
munixyu says... "^ ^;;"
人形じゃないもんね
生き物だってことを
もっと理解するべきですよね
2010.12.17 12:12 | URL | #XAUl15Aw [edit]
バデ母(バニ母) says... "フロ&ひま&ハロママさんへ"
そうなんです、本末転倒とはまさにこのこと!!って感じでしょ?
「かわいそう」で集めちゃうから、どうしても多頭飼育になるし、紙一重なケースが多いかなと。
健全な運営と言えば、NPOとして活動している団体には
もっと公的支援があっていいのにと思う半面
(殺処分の経費のために税金取るとか言ってるくらいならね)
結局ほとんどがなんの法的能力もない任意団体で、考え方もバラバラなのが現状。
もっと個々人の資質をレベルアップしないとダメじゃない?と思ったり。。
いのちを預かるボランティアは単なる仲良しサークルとは違う!というところあたりから(爆)
2010.12.17 20:06 | URL | #.//Hucbg [edit]
バデ母(バニ母) says... "むにゅパパさんへ"
人間って本当に恐ろしいもので
どんなことにも、どんなものにも
そのうち「慣れ」が生じるんですよね。
だからといって、いのちに向き合うことに
「生きているいのち」そのものに
慣れて鈍感になってはいけませんよね。
2010.12.17 20:11 | URL | #.//Hucbg [edit]
さち姉 says... "おひさ~♪"
身の丈、、、つくづく。。。
私、さっちゃんだけで余裕ないっす。
でも、たった一人(一匹)を愛しまくってます!!
私も、念の為にとさっちゃんの後見人を決めました。
無駄に長い生命線なので、さっちゃんより先に・・・なんて犬不幸はしない予定ですけどね。^_^;
2010.12.18 00:22 | URL | #WLGvCb.2 [edit]
バデ母(バニ母) says... "さち姉さんへ"
ご無沙汰してます~
さっちゃんブログが忽然と姿を消し・・・どうしてるかなー?元気なの!?って思ってました
(メールすればいいことだっつーのねぇv-18
何がいちばんとか、どれかひとつだけが正しいとか
そういうふうにスパッといかない問題ですけど
やっぱり本末転倒ってなるのは間違ってるからですよね。
わたし個人的には、“そこそこの犬生を全うする犬”をたくさん放出するよりも
少なくてもいいから“絶対的な幸せをつかめる犬”を増やしたいと思うんですよね。
(いいんです個人と団体の論理とは違いますからv-396
さっちゃんとさち姉さんのようにねv-398
2010.12.18 20:10 | URL | #.//Hucbg [edit]
にんかたま says... ""
こんにちは(^^)
デコちゃんが語っているとは、こういうことなんですね。

どこかで引っかかっていた、知らなければならない情報とか
つながりや流れががぽろぽろと出てくること・・・ありますよね。
気のせいかもしれないけれど・・って、思うんだけど・・
でも、ソレが目の前に現れた瞬間、「あっ!」って、自分にしか分からないくらいに直感でメッセージだって思う。
ある意味、そういう感覚って、動物的で地球にいる動物はみんな持ち合わせてると思うんです。。

デコちゃんが導いてくれる、なんかのメッセージは、受け取ったバデ母さまが一番感じていることですよね。
・・・振興団体みたいな話になっちゃった~・・笑
2010.12.19 00:22 | URL | #M7pURqLU [edit]
バデ母(バニ母) says... "にんかたまさんへ"
にんかたまさんこんにちは~^^
いろんな偶然に想像力を動員して(←妄想ともいう)「・・・きっと運命に違いないっ!」
とか思い込むタイプではないのですが
こういうことは何らかのメッセージだとは思うし
そうした事を感じる動物的な感覚は常に持っていたい(できれば研ぎ澄ませて)と思っています。
今回と前回(先月)デコが教えてくれた情報と、ソコから私が追及した現実は
ここには書けないのですが・・・

日本中(ある意味世界中かも)の人が、場合によっては驚くかもーってくらい
動物を取り巻く世界はナゾ(っていうかなんだかな~v-390)って感じです。。
2010.12.19 18:07 | URL | #.//Hucbg [edit]
マロ点 says... ""
デコちゃん…懐かしいです。
旅立って尚、優しく存在感たっぷりなんですね。
ウチのマロンの病気発覚を機にデコちゃんを見つけて10ヶ月、そしてマロンが旅立って半年…マロンのいない初めての年越しを迎えようとしています。
マロンも、いつか、デコちゃんみたいに、お話を始めるのでしょうか…。

保護主崩壊…どんな感じなのか…とても悲しいことですね。
悲しい思いをしたり、人を信じられなくなったりするワンコがいなくなる日…残念ながら来そうもありませんが、1ピキでも多くのワンコがホントの幸せを掴めることを願って止みません。
2010.12.27 05:52 | URL | #- [edit]
バデ母(バニ母) says... "マロ点さんへ"
お久しぶりです!!
そうでしたか、10ヶ月も前からデコを知ってくださってたんですね!
年が明ければ8ヶ月・・・・・・まだ辛いことだらけですか?

去年まで当たり前だったことが、そうでなくなったということ、
1年前の思い出に当たり前に存在していたいのちが、無いということ、
確かにそうなのですが、かたちが変わっただけできっとマロンちゃんは近くにいると思います
そしてきっときっと語り始めるときが来ると思いますよ。

実は昨日もデコのさしがね(爆)と思われる情報を入手しました(苦笑)
昨日はね、デコの昔の仲間のお話。。
今までのことをつなぎ合わせたら、デコのメッセージがわかった気がしました
まだ確信持ってませんけど ←疑り深い性格なので(大爆)
2010.12.28 12:47 | URL | #.//Hucbg [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://scottishpubbarney217.blog6.fc2.com/tb.php/393-74b38e64