パブ店長はレスキュー犬!

保護犬たちとの日々の暮らしと、想うことを、ありのまま。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1年半経って

早いもので デコがお空に旅立って1年半になりました
預かり開始後 わずか1週間で発覚した病 ・・・
何も出来ず ただ命が尽きるのをそばで見ているしかなかった2ヵ月半でした

デコは捨てられた仔だと聞いています
別に そのことが直接の原因ではないでしょうけれど
でも そうした過酷な犬生が一因であるだろうなとは思います

子犬時代をどう過ごしてきたのかはわかりません
かわいがられていたかもしれないし
もてはやされていたかもしれません
でもあるとき 邪魔になって “ 不要品 ” として捨てられたらしい ・・・
あくまでもウワサの域は超えないのでしょうけれど ―――



捨てた人を恨むより
デコと出会えたことを純粋によろこぼうと思ってきました
できれば 捨てた人のことなんて知りたくありませんでした
もしも知ってしまったら
やっぱり どうしたって嫌な感情を持ってしまうだろうと思ったから

万が一 ある程度特定できる情報を得たとしても
存在だけならまぁいいんです
顔を知らなければ その人の 『 動物に対する想い 』 なんてものを
知らなければ それはそれで流せるとも思ってきました


まったくもって思いがけず それを知ってしまった今 ・・・
やっぱりとても複雑な気持ちです





関連記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。