パブ店長はレスキュー犬!

保護犬たちとの日々の暮らしと、想うことを、ありのまま。

フィラリア治療の経過報告

やっと時間とか気温とか
気にせず散歩に出られるようになって来ましたね

温度 ・ 湿度の変化にかなり敏感なデンビィ
毛が薄いもんねぇ~

それにフィラリア症で 肺がすこし傷んでいることで
空気が重いと 途端にハァハァしますので
そのあたりは気をつけてあげたいところです


フィラリア治療経過1



さて そのデンビィですが
8月からフィラリア治療を始めています
・・・ といっても ただ錠剤を飲むだけですけど

たかがフィラリア されどフィラリアでしてね
フィラリア症はナメてはいけないのですよ

ということを思い知った身としては
常にデンビィの行動をチェックするのに神経を張りつめていますから
勢い やや大げさっぽい書き方に感じられるかもしれませんが
そこのところはご勘弁願います


もし 久しぶりにおさらいしようか  と思ってくださる方は

フィラリア症の治療 のカテゴリー をご参照くださるとうれしいです





実際 治療中の様子はどんなであるか?ということですが
今は月に一度のフィラリア ( 予防 ) 薬しか飲んでいない
( つまり基本安静にしているだけで 何もしていないに等しい ) ので
とっても元気で 精神的にも安定しています


おさらいになりますが 最初の4週間だけは
朝晩、毎日錠剤を飲むんですね
ということで 8月頭からの4週間は
毎朝晩、ドキシサイクリン ( 抗生剤 ) を飲んでいました

おっと その前に、もちろん月イチのフィラリア薬も!
この薬なのですが それまで飲んでいたものと違う種類になりまして
簡単に言うと “ 強い ” 薬に変更になりました

それを初日の朝だけは 抗生剤と一緒に飲ませて安静に 。。。
夕方 少しだけお散歩しました

一般的には フィラリア陽性のコには飲ませちゃ危険
といわれている薬です
もちろん獣医師の診断の下 与えることが許されているのです
念のため ・・・


夕方まではなんでもなかったんですけどねぇ
夜になって 結構ハァハァが激しくなっちゃって

ノンビリとはいえ やっぱり散歩がいけなかったか!?
それもなかなか治まりそうもなくて ・・・ 

でも 脈はまったくもって正常!だったんですよ!!
ドキドキ鼓動が早くなって ハァハァしているわけではないのです
呼吸だけがしづらいような状態ですかね

車で10分ほどのところに夜間診療所があり
何かあれば 夜中でもすぐに診てもらえるので
その日はしばらくそのまま様子を見続けることにしました
( この日はすぐ横のソファーで就寝


翌朝にはもうすっかり落ち着きを取り戻したデンビィ
その後も ごくたまに ( 1ヶ月に1回くらい ) 同じような症状が現われるものの
基本的には大きな変化はありません

月に一度は診察を受けていますが
現在のところ 心音も肺音も問題なし
順調に治療が進んでいる感じです


ただですね 毎日飲む抗生剤がちょっとクセモノ
ヒトのフィラリア症治療の資料なんかには ( 同じドキシサイクリンを使うの )
副作用として吐き気があると書かれていたりするのですが
デンビィもやっぱりそんな感じ??
食欲がわかなくて 食べさせるのに苦労しました

今なんて ゴハンが嬉しくてバタバタしちゃうくらいなのに~

あ、特に今は “ 食欲の秋ですから! ” って感じなのか?? ( 爆 )



この抗生剤 次は12月のあたまからの予定
既に現段階で ウマウマなトッピングを多数用意しているのですが
( いぬ親様決定のあかつきには そのままお譲りしますよ~
今度はどんな感じだろうか~






そんなデンビィ連れての旅行 ・・・ 無謀?
うん、だから “ 限りなく普段どおり ” でアレンジしてみたのです
その様子は追々~

にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ





関連記事

Comment

munixyu says... "^ ^;;"
ビンディ
がんばるんだぞ
応援してるからね
2010.10.21 12:24 | URL | #XAUl15Aw [edit]
バデ母(バニ母) says... "むにゅパパさんへ"
投薬の時期が酷暑だったこともあり。。。
次回はもうすこし順調だといいなーと思います~
2010.10.21 20:59 | URL | #.//Hucbg [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://scottishpubbarney217.blog6.fc2.com/tb.php/368-a952f133