パブ店長はレスキュー犬!

保護犬たちとの日々の暮らしと、想うことを、ありのまま。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トップガーデナーが平和を願ってつくったガーデン

英国チェルシーフラワーショーなど
権威ある世界のイベントでメダルを獲得しているガーデナーたちが
今回初めて日本で一堂に会した ガーデニングワールドカップ

企画したのは チェルシーフラワーショーで
3年連続ゴールドメダルを獲得しているスゴ腕 石原和幸 氏
今たぶん、ガーデニングの世界では 日本一の実力者だと思うけど
きっとイギリスでのほうが有名人


長崎生まれで 被爆2世でもあるそうで
“ 花と緑で世界平和を! ” という思いを結実させた祭典だそうです
その呼びかけに ライバルであり良き仲間でもある
世界中のトップガーデナーたちが応え 集結!


来日した時点で まず皆で原爆資料館などに行ったそうです
その上でそれぞれに 平和への想いを表現したのだそう

そういった説明も含め
石原氏がすべての作品を解説するツアーに参加できたので
より強くメッセージが伝わってきてよかったです


石原さんの解説ツアー1

石原さんの解説ツアー2



その中で 前もってイメージしたはずのデザインを
造っている途中で結構カンタンに変えてしまうという話を聞きました
みんな ライバルの作品を見て “ いいなぁ ” と思うことを
柔軟に ( 爆 ) 自分の作品にも取り入れるんだそうです

いわゆる パクリ ってヤツだって ( 大爆 )



石原氏は イギリスでは “ モスマン ( 苔男 ) ” と言われるほど
苔を使って美しい庭を造ることで有名なのですが
最近 ガーデナーたちの間で苔が流行っているそうです ( 笑 )

今回も 何人も使っていて
「( このガーデナーは ) 今まで使ったこと無かったのにナー 」
って言ってました







ということで まずはその石原氏のガーデンから


 石原 和幸
『 緑の詩 Song of Peace 』


3段の石積みと そこを流れ落ちる水が象徴的なガーデン


緑の詩1


石積みは 原爆で破壊された街の風景を
滝とその流れは 原爆投下時に多くの人が亡くなった川の上流域を
それぞれ表現しているそうです


緑の詩2


そして生い茂る木々や植物は
原爆が落ちる前の 美しかった長崎の風景をイメージ


原爆に耐えて残った石臼などもさりげなく配されており ( 形見なのだそう )
「 細かいところまで見てねー 」 とご本人もおっしゃってましたが
どこをとっても本当に自然な造り込み方なんですよね
( 全体を30センチ四方ずつに区切ってデザインしていくんだそうです! )
苔むした岩山を どこかからそのまま切り取ってきたって感じ
何もないところに人工的に造ったとは思えない野性的な趣があります


ちなみに今回は  シルバーメダル でした





石原さんの解説ツアー3




やっぱりこういうものは 実際に見ないとダメかも~
写真では良さがお伝えし切れませーん

にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ    にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ   にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ



関連記事

Comment

munixyu says... "^ ^;;"
こういう世界って
難しいですよね
でも、お庭って好きですわぁ♪
2010.10.23 12:10 | URL | #XAUl15Aw [edit]
バデ母(バニ母) says... "むにゅパパさんへ"
よくもまぁ 真っ平で何もないところに
これだけのものが造れると思います!

そして、かなりのお金を遣って造って
1ヶ月足らずでこわしてしまうのは
なんとももったいないですよねぇ
2010.10.23 22:13 | URL | #.//Hucbg [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://scottishpubbarney217.blog6.fc2.com/tb.php/363-3ff3ee19
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。