パブ店長はレスキュー犬!

保護犬たちとの日々の暮らしと、想うことを、ありのまま。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元気なうちにこそ ・・・

デコが余命いくばくもないかもしれない
という可能性を初めて指摘された日から
早いもので1年が経ちます

( その当時のことは 血管肉腫?の記録 の中の
  2週目(1) と 2週目(2) をお読みいただけたらと思います)





残り時間の限られたいのちと向き合い 過ごしていく上で
何よりもありがたく 心強かったことのひとつに
信頼できる病院と先生方にサポートしていただけた
ということがあります

そのことなくしては あのような穏やかな時間は
過ごせなかったと思っています


数ある病院の中から 何を基準にどこを選ぶかというのは
なかなか難しいものがありますが

たとえば 最新の医療技術を提供して欲しいのか
自分たちの気持ちを汲んでほしいのか
動物たちの安寧を第一に 最優先して欲しいのかなど
病院や担当の先生に 自分たちが何を求めたいのか
そうした考えを 一度まとめてみると良いと思います

そして やはり人間同士
病院や先生との相性もあると思いますので
ご近所の評判ではなく 自分たちの目で判断するのが大事かと ・・・


とはいえ 病院は、その必要があって初めて行くところでしょ?
と思うかもしれません
怪我したとか、病気になったとか
病院に行かなきゃいけなくなって行くわけだから
事前にそんな相性なんてわからないでしょう と思われるかもしれません

確かに、年に数回の ワクチンやフィラリア検査などだけでは
やはりわからないと思います


だから もうすこし頻繁に通うことが必要

そのために 爪切りや肛門腺絞りだけでもいいから行ってみて
とにかく先生と話す機会をつくるのがよいと思います
待っている間に ほかの患者さん(飼い主)と
話をしてみるのもいいと思いますし
ほかの飼い主さんと先生との会話も 聞こえてくるかもしれません



それで 今の病院が自分たちには合っていると思えるようになりましたが
今でも バーニーを毎月病院に連れて行きます

爪切りや肛門腺絞りをしてもらうためだけではありません
(それもお願いしてますけど ・・・)
体重チェックから、問診、触診、心音チェックに
場合によって 耳の中や眼球のチェック、呼吸や心拍数などなど
“ 問題なし ” の結果が予測できても 気になれば診ていただきます

その狙いは 元気なときのバーニー を
先生に記憶しておいてもらえるかも?と思うから
そうすれば 飼い主にはわからないような微細な変化に
もしかしたら先生がいち早く気付いてくれるかもしれない
と思うからです

いつものバーニー と そうでないバーニー
その違いに気付ける人は 多いほうがいいですから☆

そして いろいろなことを先生と話すことで
飼い主としての自分を 先生に知ってもらうという目的もあります




デコのような重篤な状態になってからでは
なかなか納得できる結果にたどり着けないのではないかと思います
ただでさえ 選択には迷うものです
その選択肢を提示する病院や先生が まず信頼できなくては
迷いや戸惑いが先行し いたずらに時間が過ぎていってしまいます


そのためにも ( あくまでも “ 自分が ” ) 信頼できる
病院や先生と出会えるように
元気なうちから行動しておくと良いのじゃないかなと思います

若いうち、元気なうちだからこそ
できることじゃないかなと思います


そして 良い獣医師とめぐり合うことが出来たら
今度は 自分が信頼される飼い主になるように努力すること
それもわんこへの愛情のひとつと思います

このあたりの話はまた今度 ・・・





外おやつなデンビィ

外では おやつにもこんなに積極的になってきました~♪




にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ    にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ




関連記事

Comment

ちゃか says... ""
デコちゃんのこと、ゆっくりと拝見して2ヶ月半の様子を知りました。デコちゃんも仮父母さんも本当によく頑張ったんですね。デコちゃんは残りの犬生を過ごせたのがここで幸せだったと思います。本当に本当に辛い瞬間だし、やっぱり存在があった訳だし、思い出として切り替えることはすぐには出来ない。
もちろん思い出ではなく現在進行形でもいいんだと思います。
私たち家族にも思い出ではない現在進行形の家族がいます。
いつも我が家を見守ってくれているアトムという子がいます。
2010.03.07 23:31 | URL | #- [edit]
hanamama says... ""
うんうん、バデ母さん深いですね!
確かに信頼おける獣医さん見つけるのって大変だと思います
まず自分が我が子のことを考えてどうしてやりたいのか?を持つことですね
うーんしっかりしなきゃ
2010.03.08 10:43 | URL | #- [edit]
munixyu says... "^ ^;;"
むにゅはクッシングなので
よく病院にいきます
大変ですが・・・汗
2010.03.08 11:54 | URL | #XAUl15Aw [edit]
マロウ says... ""
バーニーちゃんもデンビィちゃんも元気そうですね♪
ご無沙汰してま~す。
ぐずついた天気が続いてシーナは運動不足です。

我が家もるぅのことで病院や先生との関係は
とても大事だと感じています。
そしてバデ母さんの言うとおり『飼い主としての自分』を
先生に知ってもらうこともそうですよね。
そうする事でさらに信頼関係が深まって診察、治療、投薬など
自分たちが納得して、「お願いします」と言えるのだと思います。




2010.03.08 14:05 | URL | #- [edit]
バデ母(バニ母) says... "ちゃかさんへ"
デコの記録を読んでくださってありがとうございます。
それまでは元気に保護生活を送っていたと聞いていたので
想定外の出来事に最初は戸惑いましたねぇ。。
それに、元気にしか見えない目の前のデコと、
いつ来てもおかしくないという「その日」とのギャップにも。。
そして何より、なんとなく感じるのか、甘ったれだったデコが
まるで世話焼かせないようにって感じに、だんだんと人の手を拒むようになっていったのが
本当に切なかったです。
想い出だけど、進行形でもあるかなと思います、デコとの日々。
ちゃかさん家にも、見守ってくれているアトムくんがいるんですね♪♪
2010.03.08 20:38 | URL | #.//Hucbg [edit]
バデ母(バニ母) says... "hanamamaさんへ"
そうですね、時として、医療の提供を受けることは
そのコの苦痛を増幅させることになるかもしれない。
生きていて欲しいけれど、その苦痛を取り除いてやるには
眠らせてあげる選択も必要になるかもしれない。
そういったことを、どう考えるか、どう思うか。どう感じるか。
一度ご家族で話し合ってみるのはとても良いことだと思います。
スグに結論なんて出なくっていいですからね、考えるってことが大事かと。。
2010.03.08 20:48 | URL | #.//Hucbg [edit]
バデ母(バニ母) says... "むにゅパパさんへ"
えっ!むにゅちゃん。。
そうなんですか。。。
ビーグルにはわりと多い病気ですね
年齢的にも・・・かなぁ。。
うまく付き合っていって欲しいなぁ。
お大事に v-22
2010.03.08 20:55 | URL | #.//Hucbg [edit]
バデ母(バニ母) says... "マロウさんへ"
ご無沙汰してます!
また明日から雨みたいですねv-390

そうなんですよね、信頼関係って、どちらかだけの一方通行では成り立たないですよね。
るぅちゃん、マロウさんと先生がばっちりかみ合っていたから
あれだけ頑張れたんじゃないかなって思います。
嫌なことは聞きたくない、見たくない、という方も多いみたいで
どこまで説明すべきかなど、先生方も結構悩むみたいです。
だから、私の場合、「全部知りたい!」って宣言して(爆)
後任の先生はそれに戸惑ってましたけど(大爆)
2010.03.08 21:02 | URL | #.//Hucbg [edit]
ちえりん says... "ううっ"
長いコメント書いたらスパムって言われて、また書き直して投稿してみたらまたスパムだとはじかれ、もう一度今度はコピペで投稿したら同じ内容だとはじかれorz

なんだったんだろぉ><
2010.03.09 00:30 | URL | #- [edit]
バデ母(バニ母) says... "ちえりんさんへ"
うーん、どうしたことでしょう??
時々おかしくなるんですよねぇ
たまに、新しく書いてる記事の全消滅とかもあります(爆)

せっかく書いてもらったのにごめんなさい~v-435
2010.03.09 21:29 | URL | #.//Hucbg [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://scottishpubbarney217.blog6.fc2.com/tb.php/262-b8935f61
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。