パブ店長はレスキュー犬!

保護犬たちとの日々の暮らしと、想うことを、ありのまま。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それでも最後は仕方ないんですけど

えー 昨日の続きです


まだの方は できたら昨日の記事から
読んでいただけると嬉しいです

昨日の記事はコチラでーす





預かった以上は どんなことがあっても

“ 仕方ない ” で片付けるつもりはありません




そう書きましたけれども

結局のところ 最後の最後は
“ 仕方ない ” に収束してしまうのだろう
とは思ってます


いや つまりね  ← ってヘンなつなぎ方?
“ 仕方ない ” って もっともらしいコトバで
安易に投げ出すことだけはしないで欲しいな
って
思っているんですね


便利な言葉だと思います “ 仕方ない ” って
だって そう言われちゃうと
あーそうかもねぇ。。。 って
なんとなく納得しちゃったりしません?


でも


“ 仕方ない ” って “ やむを得ず ” ってことでしょ?
“ やむを得ず ” ってことは もう “ どうにもならない ” ってことですよ


だから “ 仕方ない ” って言うときには
出来る限りの努力を ~ 最大限の努力を ~
その前にしておかないといけないでしょう?
って思うんですね

それをしないで “ やむにやまれず ” はないんじゃない?? って





昨日の話 ___


どうにもならない状況に陥り 一緒に暮らせなくなった

そんなこともあるかもしれない
だから そんなときのために
前もって 後見人を探しておきませんか
自分の身にどんなことがあろうと 安心してわが子を託せる人を

そういう努力は していいんじゃないでしょうか
“ 仕方ない ” って 安易に広く里親募集するのではなく


なんか具合悪くなって診てもらったけど もう治らないらしい

ソコまで悪くしないうちに気付いてあげてよ~って思うけど
まぁそんなことも あるのかもしれない
でも 治らないと生きられないんでしょうか
病気と向き合い うまく付き合って生きていく術を探りませんか
病気を抱えながらでも 穏やかに過ごせるように

そういう努力は していいんじゃないでしょうか
“ 仕方ない ” って 安易に眠らせたり
保健所に持ち込んだりするのではなく


べつに安楽死を否定しているのではありません

どんなにサポートしてあげても ごはんが食べられず
散歩や遊びなど 一切の楽しいこともできず
家族と一緒に過ごす時間さえ 辛くて 仕方ない

たとえばそんなふうに 痛かったり苦しかったりしたとき
――― < 楽しい 嬉しい 美味しい > よりも 苦痛 が勝ってしまったときには ―――
それを取り除いてあげる選択は 必要なことだと思います






結局のところ
そこまでいって、やっと 仕方ない って言葉が出てくるのかなと
あくまでも結論として ・・・

仕方ないから っていう
「 結論に至る理由 」 ではなくてね


それが いのちを預かる ( = 飼う ) 者の責任 なんじゃないでしょうか



そして “ かわいそう ” という気持ちが
どうか かわいそうな結果を招くことのないようにと願います






にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ   にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ 


関連記事

Comment

フロ&ひま&ハロママ says... "考えさせられます"
2度捨てられる子もいるんですよね
あまり考えたことがなかったです
そういう子がどんな思いで最期を迎えるのかを思うと切なくなります
安易な同情が更なる悲劇を生んでるんですね
仕方ないって言われると解決法を模索して頑張りぬいた結果みたいな
感じがしますが本当にそうだとは限らないですね

馬の世界もシビアで大きな怪我をしたり単に脚が遅い子は処分される
ことが多いです
処分場に行く馬運車が来てそれに乗せなければいけないことが何度か
ありましたが、本来車慣れしているはずの子でも何か感じるのか殆ど
の場合拒否して乗ってくれません
やっと乗せ終えて見送る時は憤りを感じ涙が出てしまいます
どうしても慣れられないことのひとつです
最近は医療技術がすすみ簡単に処分される馬は減りましたがそれでも
毎年命を奪われる子はまだまだ沢山います
動物たちが人間の都合で命を奪われる理不尽な世の中が改善される
日がくるのかな
いや、改善されるように身近なところから努力していかなくちゃいけない
ですね
2010.02.26 23:17 | URL | #T3CVmb6Y [edit]
ジョジョボ says... ""
初めまして 三本脚のデカビーJOJOと暮らすジョジョボです
「ちびビーグルはな」ちゃんの所で記事になってたので
お邪魔しました

バデ母さんの仰る事 よ~く解ります
私 以前看護師してたんですけどね 人間同士でさえ
血の繋がった家族でさえ 「仕方ない」が多かったんです
信じられなくて 人間って怖いって
物言わぬ小さな命 人間の好き勝手にして良いハズないですもん
もっと命と真剣勝負して欲しいと 何時も思ってます
私自身は持病や金銭面などで 里親にはなれません
なりたい気持ちはあります どんなコでも引き取ってあげたい
家族として迎えてあげたい その気持ちはあるんですけど
実際問題として 迎えても生活できないのが現状なので
迎える事をしていません
ただただ祈るばかりです どのコも生れて良かったと思える様に
中途半端な手出しは出来ないんです 
迎え入れた以上 絶対に不幸にしたくないですもんね
今は 我が家のJOJOの事で精一杯なのもありますし

初めましてなのに 何だか支離滅裂になっちゃいました
申し訳ありません
また お邪魔させて頂いてもよろしいですか?
2010.02.27 01:53 | URL | #t3.mYRFY [edit]
バデ母(バニ母) says... "フロ&ひま&ハロママさんへ"
>安易な同情が更なる悲劇を生んでるんですね

そうなんです、「かわいそう」という気持ちは危うくて
時に薄っぺらい同情と紙一重と思います。
結果、2度捨てられないまでも「飼育放棄」なんてこともあるし・・・。

心を通わせ、手塩にかけて育てた結末がそれは辛いですね。
どんなに有能な競争馬も、骨折ひとつで、ってこともありますもんね。
馬は犬よりも敏感な気がします。車に乗せる瞬間のそのコの気持ちを思うと。。
人のために生きてくれる動物たちの全てに、せめて穏やかな最期が用意される
そんな世の中になって欲しいです。
2010.02.28 17:30 | URL | #.//Hucbg [edit]
バデ母(バニ母) says... "ジョジョボさんへ"
ご訪問&コメントどうもありがとうございます。
だいぶ前から、別の方のところでお名前拝見しておりました。

>もっと命と真剣勝負して欲しい

そうですよね、特に飼われた犬たちは、人がいなければ生きられないのだから
簡単に諦めないでって思ってしまいます。

もちろん引き取ってくださる方がひとりでも多ければ多いほど
助けられるいのちは多くなりますが・・・
普通に飼われているコと一緒で、生きるためには、生きる糧が必要で
暮らす場所、食べるもの、必要に応じた適切な治療など、どうしてもお金がかかります。
なので、引き取ることだけでなく、心ある方々の援助が本当に必要になります。
それも、生きている限り続くので、“継続的に、いつでも”必要。。
100円でも100人が出してくれたら1万円になりますネ。
1万円あったら、何頭がおなかいっぱいごはんが食べられるでしょう。
そんな風に、「出来る範囲で」の援助をしてくださる方が1人でも増えるといいなって思います。
2010.02.28 17:52 | URL | #.//Hucbg [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://scottishpubbarney217.blog6.fc2.com/tb.php/256-5fcfa522
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。