パブ店長はレスキュー犬!

保護犬たちとの日々の暮らしと、想うことを、ありのまま。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いま、思うこと



神は乗り越えられる試練しか与えない


今 唯一楽しみに見ているドラマによく出てくるフレーズ

デコとの2ヵ月半の暮らしの中で
私も何度となく自分に言い聞かせた言葉です

デコを送って 確かにそうかも、と思えます



そして 時に神は

同じ人に次々と レベルを上げて試練を突きつけやがる(爆)と思います




きっと、気付けばサラリと乗り越えてるんだろうけれど ・・・

彼女ならね きっとね
あのドラマの主人公のようにね



誰がなんと言おうとも
生きてるいのちを支えること 私は応援します

生きたい!とか生きよう!とかアタマで考えてるわけじゃなく
ただひたすらに 目の前にあるゴハンを食べて
当たり前に 生きることを続けるいのちに対して
“ もう、いいよ ” と言えるのは やっぱり
その状況に いよいよ 【苦痛】 が勝ってしまったときなんだと思います
いちばん近くにいる人がそう思えたとき
それが そのときなんだと思います






デコを引き受けて たった2ヵ月半で見送って
いろんなことを見聞きしてきたこの半年

センターから引き出され また 崩壊現場からレスキューされた子に対して
単純に 「 助かって良かったねー 」 とは 今の私には思えません

誤解を恐れずに言ってしまえば 私はデンビィを助けたいと思ったから
「 この仔を預かります、出してください 」 と言ったのではありません 

たまたま(私に)声がかかったのが デンビィだっただけ

このままだと数日後にこの仔は処分ですね~ と
たまたまこの仔の写真が送られてきただけ





捕まったのは 幸か不幸か?


捕まらなかったら まだ自由に生きられていたかもしれない
それはそれで シアワセなこと

捕まってしまったから どこからも声がかからないから
時間切れで処分されてしまうって
そんな人間の勝手な都合にいのちが左右されることを
いつも悔しく 申し訳なく思っているから


そして今回、具体的に話を聞いてしまった仔が
そのまま殺されてしまうのがどうにも許せなかったから


だから預かりを申し出たのです




今、目の前にいるこのときも デンビィに対して
なんでこんなトコにいるんだろうね ・・・
と思わずにはいられないんですね

だって 誰かが捨てなきゃ我が家にいることはないんですから


なんで捨てんのかね なんで探さないのかね




デコのこともありましたし
引き出されたときに元気でも
デンビィにも 万が一 の可能性はゼロではない

当然そのことも承知で引き受けました

今は元気ですが
もし 万が一 の事態が生じても
もちろんこのまま預かりを続けます

いのちを預かったんですから
デンビィを丸ごと預かったんですから


カンタンに捨てないで 最後まで飼って


そういう私たち預かりが 不測の事態に
「 こんな状態では預かりを続けられません 」
なんて言うのはおかしいでしょう?
ありえない と私は思うんです


それこそ カンタンに預かりますなんて言わないで ってハナシになっちゃいます


預かってくれる人がひとり増えれば
助かるいのちもひとつ増える

確かにそう 本当にそうなのですけれど ―――






デンビィは、気圧の変化に弱いタイプかもしれません
昨日、今日と すこし元気がありません
にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
関連記事

Comment

ゆた。 says... ""
深いお話しですね。

あのSSAさんのハートに触れて、
その部分がだいぶ理解できるようになりました。
そして、わたしには手も足もでない。
おおきな責任、いまの暮らしでは、
自分のパートナーに対しても、ときに重くかんじることがある。
もしものことが「わたし」にあったら?
茶々のことはお願いできるヒトは確保(笑)したけど、
あずかるというカタチの子が自分の家にいたら?
(ひとり暮らしのひとには、基本預かりはお願いしないらしいと後で知りましたが~笑~)
デンちゃんのことを見ていると、デコちゃんのことを想うと、
バデン母さんには、たくさんの思いが湧きでてくるのだなと思います。
正直な気持ちを、思いをわけてくれて、考える機会をくれて、ありがとう。
2009.11.03 10:06 | URL | #roOum4UQ [edit]
りりまむ says... ""
おはようございます!預かるという行為、本当に簡単ではありませんね。私も頭の中では手を挙げたい!1頭でも助けたいと思いつつ現状を考えると勇気がなく思いとどまってしまいます。いつもセンター収容の子達の様子を見る度どうすることもできない自分に苛立ってきたり。預かりボラの方々のブログを観させて頂くだけでパワーと勇気貰えます!今現在最終日に入っている白いラブミックスのメスの子が気になっていて明日の朝に処分かも?しれないのですが。。。あまりにも多くの子達が居すぎて捨てた人、探さない人に対しての怒りが大噴火起こしています!そんな人達まとめてガス室入ってもらいたい!
2009.11.03 10:30 | URL | #- [edit]
munixyu says... "^ ^;;"
ミッキーマウス系MIX
ビンディー

なんで捨てるのか

こんなことではいかんね
可愛そうに
2009.11.03 13:14 | URL | #XAUl15Aw [edit]
ワンたんお姉ちゃん says... ""
小さな命は がんばって、頑張って
精一杯がんばっていると私は思います。
あの仔も。そして小さな大切な「命」に寄り添ってくれている
あの方に ただ「ありがとう」の気持ちで一杯です。
あの仔は、もうひとりじゃないんだもの。
「共に生きる」ってこういう事なのかもしれないなって感じています。今夜も月に祈ります。私には、それしかできないから…
ワンは迷子で保護して暫くは声を出すことが出来ませんでした。そして今居る仔もアメリカのシェルターから引き取った仔で心に傷をかかえています。私たちと同じように犬達も心の傷は簡単に癒えることは出来ません。そして犬も猫も動物も人間も「命」の大切さは同じだと思います。
デンビィちゃん少しずつ少しずつでいいから心の扉開いていこうね。デンビィちゃんのこと大切に思っている人が側に居てくれてるから安心してていいんだよ
2009.11.03 19:01 | URL | #u0x8Yi2Q [edit]
バデ母(バニ母) says... "みなさまへ"
| ゆた。さんへ |
さて、深いのかどうか・・・笑 ← 爆
ほんとにね、家族が複数いたらいいのかって、
今は離婚するから飼えなくなったってケースも激増してるしね。
ひとりだって、出来る人は出来るんだしね。

今回の内容は、読んだ人の立場で全然感じ方、伝わり方が違うと思うんです。
いちばんわかってほしいところに、ちゃんと伝わればいいんですけど。。苦笑

そうそう、もしかしたら「ぜーんぜん試練だなんて、これっぽっちも思っとりません」って言われるかも(爆)ってちょっと思いました(笑)




| りりまむさんへ |
ははは、私、勇気はないんですよ。
逆に、コチラが一方的に知ったのではなく向こうからやってきた情報、
直接的に関わってしまった子に対して、切り捨てる勇気がないんです。
ハッキリ言って、預かりなんて、私は他のボランティアに比べたら楽なくらいだと思います。
いのちを預かる覚悟だけですから、そんなのウチのコだろうが預かりっ子だろうが同じだし。
新しい飼い主にバトンを渡すという輝かしい場面をクローズアップしてもらえていいトコ取りだし。
陰で支える方々はもっといろんな意味で大変です。
預かりボラは、それを忘れてはいけないと思っています。




| むにゅパパさんへ |
あっはっはv-411
そうか、「ミッキーマウス系」ねv-218v-392
紹介文のどこかに入れようかな(爆)




| ワンたんお姉ちゃんさんへ |
心の傷がなかったとしても、いきなり知らない場所に連行されて
何がなんだかわからないのにその家の生活に従わざるをえなくて、というのは苦痛以外の何ものでもないですね。
それが、怪我や病気を抱えていたり、何らかのショックやトラウマを持ってやってきたりした子はなおさらのこと。
でも、必ずや時間が解決してくれると信じています。
それに付き合ってくださるところに送り出せるかどうか・・・
それが私たちの責務だと強く感じます。
2009.11.03 22:42 | URL | #.//Hucbg [edit]
マロウ says... ""
ワンコたちは飼い主を選ぶことはできません。
飼い主はこの仔と一生共に生活したいとその仔を選んだはずです。
それなのに、途中で放棄するなんて絶対許せない。
飼い主が何らかの理由でその仔を嫌になっても
その仔は飼い主が大好きなのだから…

デンビィちゃん、バデ母さんの気持ちがわかって
本当の笑顔がすぐ戻ってくると思います。
2009.11.04 21:38 | URL | #- [edit]
バデ母(バニ母) says... "マロウさんへ"
そうですよねぇ、好きでソコの家の仔になったわけじゃない。
勝手に選んでおいて、幸せな結末を用意できないのはどう考えてもおかしいですね。
選んだ者の責任として、当然のことであり、最低限のことなのに。

デンビィ、まもなく1ヶ月になりますが・・・まだ慣れないですね(苦笑)
彼女なりに、うんと頑張ってるんですけど(笑)
いったいどんな生活だったんだろう?って・・・。
2009.11.04 23:27 | URL | #.//Hucbg [edit]
はなのおかぁちゃん says... "お疲れ様です♪"
バデ母さんになんて声をかけたらよいか
わからないので、『お疲れ様♪』にしました。

>捕まらなかったら まだ自由に生きられていたかもしれない
それはそれで シアワセなこと

捕まってしまったから どこからも声がかからないから
時間切れで処分されてしまうって
そんな人間の勝手な都合にいのちが左右されることを
いつも悔しく 申し訳なく思っているから

これと同じ思いをしました。
よぼよぼの老犬を見つけました。
でも、私には何も出来ませんでした。
保護しても、私には育てることは出来ないし、
保護されてもセンターに送られてきっと殺される。
それならば、自由に生きて、自分で死に場所探して
土に帰るほうが幸せなんじゃないかと思ったんです。
お願いだから、誰も捕まえないで!って思ってしまいました。

今思い出しても泣けてきます。
何も出来ない自分にも腹も立つし、
捨てた?探さない?飼い主にも腹が立つ。
でも、あの仔の姿だけは絶対に忘れない!

バデ母さん、応援してます。
お体無理しないで下さいね。
2009.11.04 23:57 | URL | #- [edit]
バデ母(バニ母) says... "はなのおかぁちゃんさんへ"
ありがとうございます。お互い、毎日お疲れさま♪ですねv-392

私も以前、迷い犬を気にしながらもそのままにしたことがあります。
ガリガリで、よれよれで、明らかに迷い犬でした。
狭いのに車の往来の多い道で、結局車を止められず、そのまま通り過ぎてしまいました。

今だったら・・・見過ごす自信が無いので(爆)出会わないようにって祈ってます(大爆)
2009.11.06 20:48 | URL | #.//Hucbg [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://scottishpubbarney217.blog6.fc2.com/tb.php/191-c6365816
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。