パブ店長はレスキュー犬!

保護犬たちとの日々の暮らしと、想うことを、ありのまま。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お試し期間

最近 どんどんと時が流れていきます
デコが旅立ってから もう4ヶ月
先月も同じようなこと書いた気がします ・・・



デコは 我が家にまだいるんですね ( お骨の話です )
成仏できるように 早く土にかえしてあげたほうが良いとか
動物だから特に気にすること無いとか
いろいろあるようですが
とにかくまだ デコは我が家にいます


それとは別で 魂もまだ我が家周辺でフラフラしていると思われます ( 笑 )

そして 時々私にくっついて外に出かけているかもしれないと
思うことがありました

( その話は またいつか機会があれば ・・・ )





話は変わって ・・・



デコやバーニーのような 保護犬 が
新しい家に引き取られるとき
まず 「 お見合い 」 をして、次に 「お試し期間 」 に入ります

方法や期間はそれぞれ違っても 一般的な保護団体では
こういった手順を踏む場合が多いと思います


もちろん バーニーが我が家に来たときもそうでした

ただ 私たちの中では 「 お試し期間 」 は
あって無いようなものでしたけどね





「 お試し期間 」




定めている以上、どのように行使しようが自由なのかもしれませんが ・・・

ダメだったら返せばいいんだから

っていう、楽観的というかなんというか 軽い気持ちでは
保護犬を迎えないで欲しいなぁと 正直思います




思っていたより吠えた うるさくて近所迷惑になっちゃう

予想以上に手がかかる そこまでかまっていられないよ

あまりにイタズラが過ぎる 家がボロボロになっちゃう

先住犬と仲が悪かった 犬にも相性ってあるのね




お試し期間だからって
こういう理由で 安易に返してほしくないです

モノじゃない、命ですから
まるで不良品の交換や 気に入らなかった商品の返品のように
扱ってほしくありません



一緒に暮らそう!って決めて 暮らし始めたその日から
その仔は家族なんです
何があっても この先は一緒に乗り越えていくんだって思いませんか



百歩譲って 先住犬との相性の問題
これは確かに深刻かもしれません

でも!だったら!!


先住犬も 一緒にお見合いに臨んでくださいな

そうすれば予測できることも多いかもしれません
全てうまくは行かなくても 
“ お試し後の返品 ” を未然に防げる可能性高まるんじゃないかな

誰だって 見ず知らずのヒトと
いきなり共同生活しなさいといわれても戸惑うでしょう
初対面の印象が良くなかったとしても
時間が解決してくれることもあるし ・・・




生活する場所が変わることは
犬にとってとても大きなストレスになると思います
ですので せっかく慣れた 「 預かり宅 」 を出て
ストレスを抱えながら新生活を送ることになった犬たちに
それ以上の苦痛を与えないために
保護犬を迎えようと思ってくださった方には
「 お試し期間 」 のあり方を考えてほしいなぁと思います





レスキュービーグルズ
  たくさんのいのちが 穏やかな日々を待ち望んでいます









にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ



関連記事

Comment

munixyu says... "^ ^;;"
逆にワン的なお試し期間とも
いえるかも
ここでやってけるかなぁ
みたいな♪
2009.09.18 11:48 | URL | #XAUl15Aw [edit]
りりまむ says... ""
こんにちは。本当に安易に考える人が多すぎます。形は犬であっても人間の子と同じ感覚で考えて貰いたいです!保護犬達の心の傷の深さを理解して貰いたいです。今の時代物が簡単に手に入るからいけないのでしょうね。ペットショップでもまるで玩具でも買う感覚で犬を買っていく人達がいるから用無しとなって捨てられる子が出るんですものね。犬の税金でも取るようにすればいいのに。。。セール期間とかチラシを見るたび腹が立ちます!命あるものを何だと思ってるんだ~!!怒ります。
2009.09.19 11:16 | URL | #- [edit]
フロ&ひま&ハロママ says... ""
お試し期間って保護団体から飼い主が試されるのかと思って
ました。逆なんですね。
う~んなんか高飛車な感じでイヤですね。
 
うちはひまわりをペットショップから購入しましたが何度か
あしを運びフロスティも対面させて反応を見ました。
正直フロスティにひまわりを受け入れるキャパシティは感じ
ませんでしたが(笑)何とかなるし何とかさせるさという得意
のポジティブさでひまわりを無事迎えることが出来ました。
 
先住犬との折り合いとか色々あるかもしれませんが飼い主に
なる人間の覚悟次第だと個人的には思います。
家族として迎える以上は様々な状況を想定しなければいけま
せんよね。その覚悟がないなら初めから無理なんじゃないで
しょうか。 
 
ところでデコちゃんは今もお家にいるんですね。最近別れが
きた後のことを考えることがあり夫と墓地に入れるべきなの
か話し合ったりします。お骨を家に置くという選択もありな
んですね。参考になりました。
2009.09.20 19:32 | URL | #T3CVmb6Y [edit]
バデ母(バニ母) says... "みなさまへ"
v-435お返事遅くなってすみませんでした~

| むにゅパパさんへ |
う~ん。確かに。。
ワンたちは冷静に観察してますね!




| りりまむさんへ |
保護犬たちは、多かれ少なかれ心に傷を負っていますね。
でも、そんなこととは関係なく、一生懸命に生きます。
その想いに応えてあげたいですよね。
何も考えなくても犬と生活できるかもですが
お互いに幸せになりたいから、私は私なりに考えていきたいです。
人と違って言葉が通じない分、変化に素早く気付くことで
心を通わせたいなと思います。




| フロ&ひま&ハロママさんへ |
そうですよね、覚悟。全てを受け入れる覚悟。

どうしても、もうどうしようもなく折り合いがつかないような相性って
そうあるもんじゃないけど、そうだとしたら、会った瞬間にわかると思うんです。
だから、そこまでじゃなければ、何とかなるとも思うし。
もちろん気が合うほうがいいに越したことは無いですけどね。
でも、それなりに折り合いつけて生きるのが社会ってもんだし
それは犬社会でも一緒かなぁって思っています。

そうそう、デコはまだうちにいるんです。
かかりつけの病院は、院長が保護したまま病院で犬生・猫生を全うした仔たち
み~んな、院長室にいるんだそうです。
すごい数だって、担当の先生が話してました(笑)
その話を聞いて、ウチにずっといてもらうのもいいかなぁって、思ったんです。
2009.09.21 22:55 | URL | #.//Hucbg [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://scottishpubbarney217.blog6.fc2.com/tb.php/162-7748390e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。