パブ店長はレスキュー犬!

保護犬たちとの日々の暮らしと、想うことを、ありのまま。

11週目(1)☆虹の橋を渡る前の、腹ごしらえだったね!

11週目 * 2009.05.10 ~ 2009.05.16



2009年5月10日(日) 夜、往診で点滴


6日(水)に往診が始まってから
毎日先生と連絡を取って デコのその日の状態によって
往診で点滴を入れるか 通院で腹水を抜くかなどを決めていました

この日は 2日前に腹水を抜いたばかりなので往診だったのですが
カテーテルの中の尿の状態がおかしいことに気付き
先に電話で相談しておいたので
点滴と一緒にその薬を注入してもらうことが出来ました


カテーテルは 一見すると痛々しいのですが
本犬にとっては 痛くも痒くもないそうです
尿意はあるのに 歩けないデコにとってみたら
快適といってもいいくらいみたいで ・・・
でも、どうしても 膀胱炎になりやすくなってしまうのだそうです

カテーテルの中に 白い粒のようだったりフワフワしていたりといった
フシギな物体がたくさんあるのに気付いて相談したのですが
それは膀胱炎になりかけ ( または膀胱炎 ) の症状らしいです

かなり高価なのですが ・・・

と言いつつ、先生が勧めてくださったのは
1週間~2週間持続するという抗生剤
正直、2度目の投与はないだろう ・・・ と思ってしまいました
とにかくそれをお願いしたのでした

ただ 副作用があって
もしかしたら吐き気がくるかも、ということでした

予想通り その日は夜中ずっと
デコは吐き気と闘わなければなりませんでした
少しずつ食べ物を口に入れられるようになっていたとはいえ
吐くほどの量でもなく とても苦しそうでした

背中をさすりながら コクリコクリと私は居眠り ・・・
苦しそうに上体を起こすデコにハッとして 時計を見ると
だいたい15分ずつ進んでいました
だからデコは 一晩中眠れなかったのでした

空が白んできた頃 やっと納まったようで
それから朝ごはんの時間まで デコは久しぶりにグッスリ眠ったように感じました


翌日は先生がお休みなので 何もなければ往診もお休み
そのため 500ml 点滴を入れました






2009年5月12日(火) ますます食欲UP☆夜は往診で点滴


そろそろ腹水を抜いたほうが良いね などと話しながら
この日も 400ml 点滴を入れました
前日に続き この日ますます食欲が復活して
体調も全般的に上がってきている感じがしました

このまま 寝たきりでずっと生きるんじゃないか?
それもいいね、なんて思いました
食べてくれることは 私にとって、何よりの救いでした

食べても食べなくても それがその時のデコであり
そのデコのそばにいてあげることが
そのデコと穏やかに時を過ごすことが
デコにとっては救いだったのだと 今は思えるのですが
このときは わかっていつつも
ただそばにいることは 何もしないでいるのと変わらないのではないか
どうしてもそんなことも一緒に浮かんでしまっていて ・・・

デコが食べてくれると そんな気持ちが和らいだのでした


この日の朝のデコです







ちょっと奇妙な というかなんというか ・・・
食べ方 ( ・・・ 飲み方? ) に驚いた方いらっしゃるんじゃないですか?
私は 最初かなり驚きました ( もっと元気だったときの食べ方に )
バーニーと ぜんっぜん違うから!


このときは 確かに一口一口が必死なんですが
元々デコはこういう食べ方 ( 飲み方 ) する仔だったんです

実は ペロペロする ( 舐める ) ってことが出来ない仔だったんですよ 顔文字


食欲が落ちてきたときに ペロペロ ができれば
ペースト状、クリーム状の高カロリーなものを舐めてもらうってことができたのに ・・・

自力でお皿や手から舐められなくても
シリンジに入れて 口のそばに持っていって
ペロペロさせることも出来たわけです


だから、元気でガツガツごはんを食べていたときも
お皿が 洗ったみたいにキレイ キラリ になることはなく ・・・

他犬が口つけたものは てんこ盛りのご馳走であっても食べられなかったのに
いつの間にか逞しくなったバーニーが
こっそりデコのお皿をきれいにしてくれていました ( 笑 )




さてさて、 ↑ の ガブガブ のあと
さらに食べ続けたデコです

こちらの動画は初公開です ( 笑 )






途中食べられない日もありましたが
結局 亡くなる前日まで
こんなふうにガブガブしたデコでした

旅の終わりに ・・・
rainbow 虹の橋を渡るのって体力使うらしいですから!rainbow
なんて 頑張って食べていたのかもしれませんね



関連記事

Comment

ゆみ says... ""
やっぱり食べてる姿はいいですねv-398

デコちゃんの頑張りが
改めて分かるblogでした。

でも、、、
旅立つための準備なんてして欲しくなかった...
いっぱいいっぱい生きて欲しかった...
デコちゃんに会いたい。。。

ごめんなさい。
私の勝手な思いばかり書いてしまいました。。。

今 デコちゃんは何をしているんでしょうかねv-398
2009.09.01 09:20 | URL | #- [edit]
munixyu says... "^ ^;;"
ただそばにいることは 何もしないでいるのと変わらない・・・
絶対にちがうよ うんうん
ただそばにいる
それが1番嬉しいことですよ
2009.09.01 11:45 | URL | #oKHiZnw. [edit]
Omo says... ""
デコちゃん、バデ母さんと出逢えて本当に幸せだったと
思いますよ^^だからこそ病気に苦しみながらもバデ母さん、
オーナーさんに態度で応えていったのだと思います^^
もちろん、最期まで元気でいられるのが一番だと思いますが、
デコちゃんが残していったものはとても大きくて温かいものですよ^^
言葉が通じなくても側にいるだけで勇気や元気をもらえるのは
人もわんこも同じコト。
出逢ってからたくさん側にいたことでデコちゃんにもたくさんの
奇跡が起きたのではないかな、と思います^^
2009.09.02 20:17 | URL | #- [edit]
バデ母(バニ母) says... "ゆみちゃんへ"
「きっと、食べる姿を見せたら喜んでもらえると思ったんだね」
ってよく言われたのですが、そう考えるとあまりに切ないし
↑ の動画なんか特に、結構デコも「その気」な感じだし
もう、脳ミソが「今がチャンス!食べとけっっ!!」って指令出してたんじゃないかなって(笑)

今はどこで何してるんでしょうねぇ。
次は何に生まれ変わろうかなーなんて、考えてたりして(爆)
2009.09.02 20:26 | URL | #.//Hucbg [edit]
バデ母(バニ母) says... "むにゅパパさんへ"
ただそばにいる、それがいちばん嬉しいこと・・・
んー。。。デコもそう思ってくれていたとしたら
これ以上の喜びはないです。
そう言ってもらえると、救われます。
ありがとうございます☆
2009.09.02 20:41 | URL | #.//Hucbg [edit]
バデ母(バニ母) says... "Omoさんへ"
私たちは、デコと出会えて本当に幸せだし
たくさんの宝物をもらいました。
でも、デコもそうだったかということには、未だに自信が持てずにいます。
「ああすればよかった、こういうこともしてみれば・・・」といった
後悔のようなものは無いのですが
「精一杯やったから、悔い無し!」と言い切るには、あまりにも
デコと関わる時間が短すぎました。

もう旅立って3ヵ月半経つというのに、
それはイコール「出会ってやっと半年」。。
はぁ~、やっぱり短すぎますv-395
2009.09.02 21:02 | URL | #.//Hucbg [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://scottishpubbarney217.blog6.fc2.com/tb.php/152-f25e7b07