パブ店長はレスキュー犬!

保護犬たちとの日々の暮らしと、想うことを、ありのまま。

9週目☆腹水が急激に溜まった1週間

9週目 * 2009.04.26 ~ 2009.05.02



いつしか デコの生活リズムは
夜型に移行しつつありました
午前中は まず “ ほぼ100% ” と言っていいほど
食欲不振で寝ている日々で
午後になって ようやく起き出してみて
かなり調子が良い時は すこし何かを口にする
出来ないときは そのまま夜~深夜になって
もしくは 翌明け方近くになって
急に元気も食欲も出たよー ビーグル(しっぽ)
なんてこともありました


デコが最初の余命宣告を受けた 3週目の終わり から
私はデコの近くで寝るようになったのですが
デコは夜中に2~3度起き出して トイレに行く仔でした
トイレシーツに上手に出来るようになってからは
シーツが汚れてしまうと もうそこでは出来なくなってしまうデコだったので
一緒に起きては 用済みのシーツを交換していました

そんなことを毎日繰り返しているうちに
デコが寝返りを打つだけで 気配を感じて起きるようになっていたので
そのときに起き出して
いろんな種類のフードやらお肉やらをデコに差し出し
少しでも食べてくれることに賭けていたのでした



後悔3
こんなふうに “ お店やさん広げる ” のを、日に何度も ・・・



とにかく ほんの少しでもいいから食べてほしい
私たちはその一心で 必死にキッカケを探りました

そして 青空ランチ をしてみたり

まぐろ祭り を開催してみたりしました



食べられなくなっても 散歩には出たがるデコ
寝てばかりの毎日での 唯一の楽しみという感じだったので
その楽しみを奪うことはしたくなかったのですが
食べないで歩き回るので どんどん体力を消耗してしまいます

そして体力が落ちてくると 腸炎がどんどん悪化し
お腹が緩いことで 更に体力を消耗するという
悪循環に陥ってしまっていました



それでも なんとか5月を迎えられたデコ
2度目の余命宣告でも 5月は無理だろうと言われていましたが ・・・



こうやって 次々と先生の予測を裏切って
淡々と生きていたデコでしたが
5月に入ると同時に 本当に、何も食べられなくなっていきました
そして 水すら飲めなくなってしまったので
腹水を抜くか、皮下点滴で水分補給するか
とにかく先生に連絡を取って 病院に向かうことにしました








前回、2週間で1.1リットル抜けた腹水
今度は10日足らずで ・・・ 驚きの量でした

にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ

関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://scottishpubbarney217.blog6.fc2.com/tb.php/149-c0dbee5f