パブ店長はレスキュー犬!

保護犬たちとの日々の暮らしと、想うことを、ありのまま。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7週目(3)☆デコに奇跡をもたらしたもの

7週目 * 2009.04.12 ~ 2009.04.18



2009年4月17日(金) デコが再び食べ始めた日

この日は ついに 「 ほぼ何も食べない 」 日となりそうでした
朝から何も受け付けず、口にしたのは
たったふたカケラの クッキー片だけでした

それが、日付が変わる時間が近づいた頃
まるで奇跡のように思える出来事が起こりました

そしてそれは 週末ずっと続いていきました


その時のことは ぜひこちらを読んでいただければと思います
       ↓ ↓ ↓
      コチラです



こうしたデコの変化を引き起こしたもの
それは いちばん近くにいる私たちの気の持ち様と
デコを気遣ってくださる方々の思いにほかならないと確信しました





実はこの日 執事さん から直接パワーをもらったデコ ( もちろん私も )

大丈夫、そのまま淡々と生きなさい という執事さんの言葉に
デコは久しぶりに気持ちが安らいだのではないかと思います



そしてもう一人
デコの病気を見抜いてくれた 前任の先生と
この翌日に電話で話せたこと

デコには 先生の思いも声も
きっと届いていたのだろうと思います





それに対して 私はいつしか
デコにとってプレッシャーになっていたのではないかと
今は思っています
食べてほしくて そのわずかなキッカケをも決して逃すまいと
デコに執拗に迫っていたのではないかと ・・・

私が前向きになれたことで デコはプレッシャーから解放され
穏やかな時を刻めたのかなと思いました




キセキの勢いで
このキセキを逃すまいと ( 爆 ) フードとともに、鴨煮に似たシーチキンと
喉ごしの良さそうなものを調達していました ←ね、プレッシャー ( 苦笑 )
( 結局全て拒否されました ・・・ )






前回の腹水抜去から丸一週間
抜いて3日で500~600ml 溜まっているという経過 からすると
本来はもう抜かなければならない時期のはずでしたが
このまましばらく様子を見ることにしました

病院までの15分の移動でも辛くなってきていたデコは
このとき 脈拍が160回/分 まで上がってきていました

呼吸も だいぶ速くなっていましたし
とにかく 食欲が戻ってきて元気にしている上向きな状態を
出来る限り維持したいと思ったので
先生と相談して 2~3日に一度は経過報告をしながら
見守っていくことにしました






更に翌週、デコにとって夢のような出来事が ・・・

にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ 



関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://scottishpubbarney217.blog6.fc2.com/tb.php/144-7919c43f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。