パブ店長はレスキュー犬!

保護犬たちとの日々の暮らしと、想うことを、ありのまま。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7週目(1)☆2度目の余命宣告

7週目 * 2009.04.12 ~ 2009.04.18



2009年4月14日(火) 匂いに神経質になってきた

段々と、しかも急激に 食べ物が喉を通らなくなってきたデコ
週末に腹水を抜いてきた後も
結局それほど食欲は戻らないまま
どんどんと 「食べたいけど食べられない」 という状況になって行きました


デコたちのごはんの仕度を始めると
クレートから起き出して トコトコやってきます
そしてごはんを差し出すと いかにも食べそうに顔を近づけるのだけれど
そこでストップ となってしまう ・・・


そして 食べられるものは
遂に牛肉だけになってしまいました
それを指でつまんで また手のひらに乗っけて
食べさせていたのですが ・・・

他の「何か」を一度でも触ってしまうと
そのニオイが気になるらしく
牛肉すら 口をつけなくなってしまうようになりました



腸炎がずっと良くならないままで
粉の苦~い抗生剤を飲み続けなければならなかったのですが
この頃になると とても匂いに敏感になってきたデコは
薬も拒否するようになりました


2日間抗生剤を拒否したせいで
ますます腸炎がひどくなってきてしまったので
この日は病院で注射してもらうことにして
その後は僅かな可能性に期待して
粉から錠剤の抗生剤に変えてみることにしました




ここではもう一つの選択肢として
薬を飲ませることを諦めて
毎日注射に通う という方法もあり、少し悩みました

正直、注射になると かなり費用負担が増えます
そして この頃デコは、車酔いなのか
病院までの たった15分の時間でさえ
ハァハァと息が上がるようになってきていたので
毎日の通院の精神的な負担を考えても
注射の選択肢を迷わず採る ということが出来ませんでした

それで とりあえず錠剤に変更 ・・・




腹水を抜いて3日
エコーで改めて確認してみると
既に500~600ml 程度溜まっているだろうとの事

たった3日で ・・・

また次の週末に 抜かなくちゃいけないかもしれないという様子でした


そして 週末に抜いた腹水の成分を調べていただいた結果から
先生は もしかしたら、少しずつ肝臓が崩れ始めているかもしれない
という見解を示されました

そうなるともう いつ大出血するかわからないし
いつ貧血を起こしてもおかしくないという状態 ・・・ 

そして、前任の先生の 最初の余命宣告よりは伸びるにしても
デコが生きて5月を迎えることは難しいだろうと言われました




食べたくないんじゃない








この週、デコの体調に比例するように
私の精神状態も急降下していきました
迷い、悩み、かなりボロボロでした

にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ 

関連記事

Comment

munixyu says... "^ ^;;"
どうしても越えれない壁・・・
いやですよね
2009.08.20 12:05 | URL | #XAUl15Aw [edit]
バデ母(バニ母) says... "むにゅパパさんへ"
余命宣告って、きちんと治療をすれば
場合によっては覆ることもありますよね。
でも、こういう病気は、やっぱり無理なんだなぁって
初めて腫瘍を憎らしいと思いました。。。
2009.08.20 18:58 | URL | #.//Hucbg [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://scottishpubbarney217.blog6.fc2.com/tb.php/142-00d2a173
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。