FC2ブログ

パブ店長はレスキュー犬!

元保護犬たちとの日々の暮らしと、想うことを、ありのまま。

発作、コントロールできず。。。

2018042321434402d.jpeg



20180423214321061.jpeg


おととしの秋に約5年ぶりの全身痙攣を起こしたのがスイッチになったか、
去年は1年間に9回の全身痙攣を起こしたデンビィ。
(ちなみに頭だけフルフル~は15回)

今年3ヶ月の発作の状況は。。

1月  頭だけフルフル 1回、  全身痙攣 3回
2月  頭だけフルフル 3回、  全身痙攣 5回
3月  頭だけフルフル 0回、  全身痙攣 3回

全身痙攣は既に去年の合計を上回っている(汗)


2月のあたまに新しい抗てんかん薬を導入して、2か月使用しました。
でも、発作の間隔に良い変化は見られないため、
一旦お休みして、元の薬を増量することにしました。

以前も少し増やしたことのある、フェノバールを増量。
ただ、前は興奮度UP(←さらに増量で攻撃性UP・泣)だったので
こっちの様子も見ながら、少しずつです。。




試していた新しいお薬は、8時間おきに服薬が必要。
それに完全に切り替えるまでは今までのお薬も併用という事になります。
元のお薬は12時間おきなので、
1日に4回の 「おくすりの時間」 が必要でした。

これが結構タイヘンだった(汗)
毎度毎度、必ずピッタリ8時間おきは、さすがに無理なんです。
仕事してますし・・・。
なのでスケジュールに合わせて日々微調整。。。
「微」調整じゃないと意味が無いので毎日チョコチョコとですわ。。
うっかり忘れないように、スマホのタイマーかけてました(笑)

当初は徐々に元の薬を減らして新しいほうに完全移行、の予定でしたが
結局元の薬を減らせないまま、新しい薬は断念(苦笑)
元に戻って1日2回、投薬回数が半減したので
そりゃ~もうラクなことといったら♪って感じです ヽ(^o^)丿
・・・ ですが、1日4回の投薬がこれほど負担になるとは ・・・
飼い主的能力の低さも露呈して、なんだか先が思いやられます (~_~;)





201804232143051ee.jpeg



ところで、てんかん発作は100人(あ、100頭?)100様、
ですが、それぞれの個体の発作の型は大体いつも同じと言われます。
まぁ、でんちゃんも
1.「頭だけのフルフル~」
2.「全身痙攣」
という二種類の発作の型があるといえば、そういうコトになりましょうか。

ただ、それぞれが毎回必ず同じということではなくて、
発作が起きるたびに、やっぱり微妙に違いがあります。


去年、いちばん酷かった時の発作は、全身痙攣がダブルで起きていました。
ガタガタと震えるスタンダードな全身痙攣のあと、おさまったかな?と思っているうちに
今度はバッタバッタと大暴れするような全身痙攣をさらに起こしていました。

最初わからずに、おさまったかな?と思ってクレートの扉を開けてしまい、
その瞬間に2回目のバッタバッタという発作が始まって、、、
勢いでクレートを飛び出し、部屋中の壁に激突しまくってしまったこともありました。。
「痙攣」という言葉からは、ピクピクするみたいな様子を想像してしまいますが、
要は意志とは無関係に、勝手に筋肉の収縮が起こってしまっている状態なので
あっちこっちにピョンピョン飛び跳ねながら、壁に激突しつつ、誰も止められないという・・・
タイミングよく体をキャッチできればラッキー(←自分の怪我を覚悟で)という状況です。
でんちゃんは13~14キロしかない中型犬ですが、
制御できない状態の「エネルギーの塊」の力は想像を絶しますよ。。

飼い主としては、まず部屋から飛び出さないようにとドアを閉めるくらいが精いっぱいで、
どうか大きなけがをしないで!と祈るくらいしかできませんでした。
(部屋から出てしまうと、我が家では最悪の場合階段と吹抜けを通じて2フロア落ちる・・・)

そしておさまった後、やっと意識を取り戻したでんちゃんは
あらゆる意味で混乱していて、不安で、さらに興奮状態に陥っています。

・ まず、何が起きたのか理解できない。
・ なぜか、ものすごく疲れている。
・ それなのに、ひどく興奮してもいる。
・ さらに、体中が痛い。フラフラする。目がよく見えない。   ・・・ 等々。
鼻泣きをしながら、ずーっとウロウロと部屋中を歩き回り、
落ち着きを取り戻すまでに40分くらいかかりました。


それに比べて最近の全身痙攣は、比較的症状が軽いです。
発作を起こす間隔が短くなっているからでしょうか?
発作を “エネルギーの発散” みたいに考えてみると、
回数が増えている分、次の発作までに溜まる量が少なくなり
1回あたりの放出量がそれほどでもない、みたいな?笑

ただ、目に見える症状は軽いものの、落ち着いた後に気になることが。
身体は温かいままなのですが、ものすごーーーーーく 肢が冷たくてビックリしたり、
普段当たり前のように掻いている耳が、うまく掻けなくて空振りしたり。。
なんか、少しずつ脳が壊れているような・・・・・。

酸素がうまく回っていないから血流が滞って末端が冷たいのかなぁ。
空間認知能力がおかしくなってるから空振りするのかなぁ。。
まぁ、今のところ暫くすれば元通りになるので心配はしていませんが。

そして最近食べ物への執着がスゴイ!!
「ゴハンを目の前に置かれても、何時間も口を付けなかった」のは違う犬か??笑
薬の副作用プラス、単なる加齢によるものかもしれませんが、
てんかんは認知症の素因になり得るようなので、、、なんか、納得です。。



20180423214344141.jpeg



まぁ、これも食べないよりはいいか、と思っておきます(笑)



4月の全身痙攣は今のところ1回だけ ヽ(^o^)丿
にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ

スポンサーサイト