パブ店長はレスキュー犬!

保護犬たちとの日々の暮らしと、想うことを、ありのまま。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“ 忘れてないよ ” というメッセージ

バデ家のある市では、
関東大震災のときに中心市街地が大火事になったり、
山津波(土石流)で川が堰き止められてできた池(いわゆる土砂ダム)が
あったりするためか、震災への関心は高いほうかなと感じます。

市役所の職員有志がボラバスを仕立てて、
週末に夜行日帰りで現地に向かったのを受けて、市民向けのボラバスも後を追い、
この2年間に両方の延べ人数だけで数百名が現地入りしていますし
(市・警察・消防などの職員派遣や市民の個別ボランティアを除いた人数です)
なにせ、人口17万人にも満たない市でありながら、
市民が赤十字と市へ送金した義捐金だけでも
1年足らずで(2011年暮れまで)1億円に迫る額だったというんですから、
心寄せる人がいかに多かったかということがうかがえます。



そうはいっても、やっぱり最近はなかなか ・・・。

市内には、鉄道の駅が4つあって、
今月11日と12日に、市内の中学生たちが
それぞれ最寄りの駅で震災支援の募金活動をする、とのことだったので
私もデンバニとともに散歩がてら行ってきましたが、
無関心に通り過ぎていく人が多かったような 。。。


募金活動をしていた中学生たち、
家に帰ってどんな報告をしたのかなぁ・・・。

大人たちが震災について話題にしなければ
子供たちがそうしたことに接する機会は減る一方なので、
時々でいいから 家庭で考える時間を作ってほしいなぁと思いました。



さて、前置きが長くなりましたが。

実は先日、中学1年生40人ほどに
震災について話す機会をいただきまして ・・・。

その中学校では 「福祉講演会」 という特別授業があって、
クラスごとに 盲導犬や介助犬の訓練士の講演・実演で学んだり、
視力、聴力、四肢などにハンデのある方たちから直接お話を聴いたりしているそうです。
一方で、支援活動を通して南三陸町の歌津中学校と交流した実績があり、
震災を忘れないことにも注力し続ける必要がある、と、
1クラスには東日本大震災関連の話を ・・・ ということで、
窓口(コーディネーター)である、市の社会福祉協議会から依頼される形で
今回は私が講師という偉そうな(ははは・・・)役を務めさせていただきました。。。

それにしたって、もっと他に適任者はいくらでもいるはずでしてね 。。。
誰か紹介しましょうか??? って思ったんですけどね、、、、、 ^^;
結局最後は半分開き直り(笑)体当たりさせてもらいました。





いただいた時間は1時間。(結構長いですよ ^^;)
たくさんのことを話そうと欲張ると、まとまりがなくなってしまうと思い、
内容は大きく分けて2つに絞りました。

まずは3月11日を振り返って、自分の当時の状況を思い出しながら、
写真や体験記を通して現地で何があったのかを改めて知ること。

そして、
今からこの先 まだまだできることがある、やるべきことがあるはずで
自分たちに何ができるか考えてみること。


正直、現地で撮影することにはかなり抵抗があって あまり撮っていない上、
決して積極的に披露する内容ではなく・・・。
心苦しい部分もあったのですが、、、。
遠景パノラマ写真をパネルにして、見てもらいました。



南三陸町からの手紙1


そして、この本の中から同世代の男の子の作文を紹介。

この本については ぜひこちらを お読みいただければと思います!




当時、ほとんどが市内の2つの小学校に通っていた生徒たち。
授業中に地震が起きて、みんなで校庭に整列して集団下校をしたそうですが、
中には他県や他国から来た子もいて、「2日間停電して大変だった」 とか
「(他国でも)ニュースをやっていた、そのことは覚えてる」 とか話してくれました。

計画停電なども含め、自分たちなりに経験した “ 大変 ” を思い出したところで・・・。
『 南三陸町からの手紙 』 から選んだ作文を男子生徒に朗読してもらうと、
みんな真剣な、神妙な面持ちで聞き入っていました。

そして、震災は過ぎ去ったことではなく、復興はまだまだこれからという
現在も “ 未だ途上 ”である、あるいは “ (震災は)未だ現在進行形 ” ともいえる
状況の中で暮らす現地の人たちに思いを馳せるとき、
自分たちにこの先出来る事はなんだろう、ということを考えてもらいました。


ま、急に問われたってねぇ、まだ中学1年生ですし ・・・ ^^;
それでもいくつか出てきましたよ、
「思いつかない」ではなく、ちゃんと回答してくれました。
「ボランティアをする」 とか 「募金活動」、「お店などに募金箱があれば募金をする」
「寄付する」、「物資を贈る」 ・・・ 
ありきたりかもしれないけど、ちゃんと考えた!
考えるって、大事なことだと思うんですよね。
むずかしいお年頃なので、そっぽ向いたり、ずーっと下を向いたままだったり、
そういう子もいたけれど、頭の中では思いを巡らしていたんじゃないかなって思います。



今回、この福祉教室で私がみんなに伝えたかったことは、
ひとことで言えば 「考え続けてほしい」 ということでした。

“ 震災を忘れないで ” という声にどう応えるか?
応えるために、何をすべきか?自分には何が出来るのか??

想いを寄せ、自分に出来る事を考え、
そして出来る範囲で実行していく事が
“ 忘れてないよ ” というメッセージになるのではないか。
そう思って、考え続けることの重要性を伝えたかったのです。


“ 忘れないで ” というのは なにも
自分たち(被災された方たち)のことだけを言っているのではない、
ということに気付かなければいけないと思っています。
3月11日の大地震や大津波、翌日の原発事故といった 災害そのものや、
想像を絶する経験をした人々の存在を記憶に留めるということだけでなく、
その後の労苦から学び、いつか自分にも起き得ることだと覚悟し、備えよ、
という戒めが含まれた言葉だと 私自身は受け取っています。


まだ中学生なので、今すぐに自分たちだけで現地に行くというのは
現実的ではありません。
でも、あと5年もすれば大学生。
行けるようになったら行って 自分に出来る事をすればいい。
まだまだこの先、直接的な支援としての人手は必要でしょう。

また、今からでも、離れていてもできることとして考えるなら、たとえば、
家族旅行をするなら行き先を東北にする とか。
なにか買い物をするときには、
被災県の製造者や販売者のものを選んで購入する とか。

市内にいる限り、津波に遭うことはないけれど、
もし江ノ島や横浜に友だちと遊びに行っているときに地震が起きたらどうする?
海水浴にも行くでしょう?地下街も危険。
遊び始める前にまず 「 今ここで地震が起きたらどうするか? 」 っていうことを
考えるクセをつけるようにしよう、という話もしました。

そして、5年、10年経ったとき、大学や勤め先などで出会った人が
震災で辛い経験をしていたと知ったとき、なんと声をかけるか?
どう話しかけるか考えてみてほしいという私からのお願いを伝えて
授業を終えました。




ほとんどの人が、直接現地に行かれるわけでなく、
正直、3月10日までとほぼ同じ生活が営める状況の中で
それでも 出来ること、やるべきことは必ずあるので
役割を見つけてみんなが行動に移せたらいいなと思います。

自分自身も、また改めて考えてみたいと思います。







想うことは大事 ですが
想うことこそが大事 ではないと思う今日この頃です。

にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ


スポンサーサイト

ちょっとおかしい(笑)検査結果

壁に立ち向かうデンビィ

・・・ と思って挑んでいるかは、不明(爆)



前回の 月イチ目標が週イチになってる ・・・ 記事から3週間
既に4回のフルフルが起こっているデンビィです。

間隔に一貫性はないものの、まぁ週イチペースって言っていいんでしょうかね ^^;
作戦会議の効果がそろそろ出始めても良い頃なんですけど ・・・。


とりあえず直近までの状況はこんな感じ ↓


・ 2/ 28(木)  1:34        カドラーで座っていた時。口をパカッとしてストップ。
                        初めてフルフル開始の瞬間を横目で見た!(気がする)

・ 3 /10(日) 18:22        カドラーで座っていた時。口をパカッとしてストップ。

・   /12(水) 18:43        ばにソファで伏せている状態でフルフル。
                        首を前に伸ばすようにしたらストップ。

・   /19(火)  9:05        ばにソファで伏せてる時。光の反射が原因かも?
                        壁に映る光を気にして、ふり返った姿勢でフルフル。
                        口を開けようとしたらストップ。


わ!ついに火曜日に発作が!! (火曜日にはフルフルは起きない)記録敗れたり~ 笑




以下、作戦会議(←って、ただ先生と相談しただけですけど)とその結論についてです ^^

フェノバールを少しずつ増量してきたデンビィですが、
発作の頻度を考えると ひょっとして効いてないかも?な可能性が
無きにしも非ずということで、検査をしてみました。

内容は、薬を飲む前 と 飲んだ後 それぞれに採血して、
フェノバルビタールの成分が血液の中にどれだけ出てきているかを調べるというもの。

その量 (=血中濃度) が 服薬後に規定値(効果が期待できる数値)に達していれば、
きちんと効能が果たされ、発作の回数は減る(もしくは無くなる)


という考えのもと、デンビィの発作が減らない原因を考えていきます。

1.もし、規定量を服薬しているにもかかわらず 血中濃度が低いのであれば、
  規定値に達するまで投薬量を増やして、発作が減るかどうかしばらく様子を見る

2.血中濃度はきちんと上がっているにもかかわらず 発作が減らないのであれば、
  いわゆる「薬が合っていない」ということで、薬を替えたり組み合わせたりして
  発作が減るかどうかしばらく様子を見る





で、デンビィの場合 。

とりあえず血中濃度は規定値に達していました。
しかも、若干 “ 達しすぎ ” な感じ(苦笑)
なので、フェノバールを減らしつつ、ほかの薬(臭化カリウム)と
組み合わせることになりました。



と、まぁ そういうことで落ち着いたのですが 。。。。。。















実は。




なぜか 服薬前のほうが血中濃度が高かった!


うそでしょ~~~ 笑


一報を受けて、先生困惑(苦笑)

検査センターの方も、
前後を取り違えたのではないか?機械のエラーではないか??と
何度も確認してくださったそうですが
どうもそうしたミスは考えられないとのことで ^^;

ま、仮に取り違えがあったとしても、
そのことはあまりデンビィの場合問題ではなく ・・・。

問題なのは、どちらの数値も高かった、という事 。
しかも、片方は規定値をオーバーしており、
このままでは肝機能障害を起こす可能性が高まる、という結果とのこと 。。。

で、薬の効果が一番薄れているであろう時間帯(服薬直前)でも
充分過ぎるくらいの血中濃度なので、減らしましょう、という結論に達したのでした。




フェノバールと臭化カリウムの併用を3月3日から開始。
そろそろ効き目が出てきてよく、発作が減らないようであれば
臭化カリウムの量を増やしていくことになります。

また様子見です。







報告書には 『 デンビィ / オス 』 との記載が。・・・やっぱおかしい(笑)
にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ


いよいよダイヤモンド富士♪

三寒四温 ・・・

温 っていうより 暑っっ! って感じですバデ家地方ね

三冬四夏 のほうが頷ける感じ (笑)

皆さんのところはいかがでしょうか ^^


さてさて、年に2回のお楽しみ
ダイヤモンド富士 がいよいよ近づいてまいりました♪

去年9月は天気が悪くて結局見られず 。。。
今度こそ!と今から気合入ってますよ~




そのあと

ちなみに去年一番近かったのがコレ ↑ 今度こそ~~




自然自慢な我が市では 毎回
こんなマップを作ってくれるんです♪


秦野ダイヤモンド富士マップ2013春 *PDFです


ちなみにマップに描かれているのは
秦野のゆるキャラ 丹沢はだの3兄弟 の

二男 丹沢のぼるくん & 飼い犬の丹沢ダッシュくん
よろしくね~ (笑)
市民からは 「キャラクターならもうちょっと可愛くないと・・・」
って声が上がってまーす(爆)


ちなみにこの丹沢ダッシュくん、ゴールデンレトリーバーだそうです ^^

最初の頃のプロフィールは「保護犬」だった気がするんだよなぁ
思い違いかもしれないけど ・・・
なのに 「たびたび脱走して」 ってあって、ダメじゃんっっっ!って ^^;
ま、保護犬かどうかはおいといても、脱走(しかも常習!!)はダメですね(怒)
改心して(爆)是非、くらし安全課の わんわんパトロール隊員 になってほしいものです(笑)




国交省では、関東地方のスポットをまとめて
紹介してくれていましたので こちらもご紹介

年2回のチャンス♪関東地方のダイヤモンド富士





ダイヤモンド富士を眺めること、
それは富士見散歩の集大成☆ 笑
にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ

そのあと

そのあと






そのあとがある

大切なひとを失ったあと

もうあとはないと思ったあと

すべて終わったと知ったあとにも

終わらないそのあとがある




そのあとは一筋に

霧の中へと消えている

そのあとは限りなく

青くひろがっている




そのあとがある

世界に そして

ひとりひとりの心に




( 谷川俊太郎 『 そのあと 』   ― 朝日新聞 “ 3月の詩 ”より

様々な想い それぞれの日

そのあと



雲ひとつない
抜けるような青空

眩い光
暖かい陽だまり

春の到来を思わせる 金曜の昼下がり

見えている風景と聞こえてくる音声とが
まるで釣り合わない
不思議な感覚を体験した日 ―――



のんびりした景色のなか 車で走っていたとき
大きな揺れにハンドルを取られ
初めて道路脇に停めて待機した

まもなく流れ始めたラジオの臨時ニュース
やがて 内容は
信じられないような言葉ばかりになった
ラジオの声は 懸命に感情を抑えながら
静かに 静かに 叫んでいた



春の到来を思わせる 金曜の昼下がり

なにげない日常が
非日常に変わった あの日の出来事は
今は日々の中に溶け込んでいる

備えという学びとともに

あなたへの想いとともに








ビーグルはデブじゃないと!? ・・・マイノリティなばに(苦笑)

マイノリティばに2


マイノリティばに1



MAX 10.25キログラム だったバーニーですが、
本気ダイエットしてからは1度もリバウンドすることなく
ずっと9キロ前後をキープしております ^^v

もともと くびれ があまりないし、
並んで歩く比較対象が、なにせ筋肉隆々のデンビィなので(笑)
決して 痩せている という見た目ではないのですが
もちろん デブビーグル でもないわけで ・・・ 笑



先日、犬が好きなの♪というおばちゃんに、すれ違いざま話しかけられました。

おばちゃん 「・・・ これ、ビーグル?ずいぶん痩せちゃってるけど??」

私 「黒いコはビーグルです。」

お 「あぁ~、そうよね、ビーグルよね?
   でもずいぶん痩せちゃってるわね。・・・・・・。」

私 「頑張って痩せたんです。以前は太ってたんですヨ。」

お 「そうよね、私が知ってるビーグルはこんなじゃないもの!
   もっと丸々とした感じよね、ビーグルって。
   ・・・あぁ、だってほら、顔がすごーくコケちゃってゲッソリしちゃって・・・。
   そうよ、だから目もギョロッと飛び出しちゃって・・・・・・。」



ははは ・・・・・・



マイノリティばに3



マズルが細くて長いのも、眼が飛び出しそうなほど大きいのも、
生まれつきです。




あ、↑ これは心の中の声です(笑)

おばちゃんは、まるで
「ちゃんとゴハンもらってるのかしら?このコ??大丈夫かしら???」
とでも言いたげな感じでバーニーを眺めてました ^^;

うーん、標準体型のハズなんだけどな~ 苦笑

あぁでも、ビーグルにしては手足が細くて長くて?小顔で??
そのくせ胴はぶっとくて・・・アンバランス???
はい、そうです(笑)



たしかにビーグルってコロコロしたイメージですよねぇ ^^;
どんだけ食い意地張ってるかってねぇ~~~!
なんたって満腹中枢麻痺してますから(大笑)

しかし!
ビーグル諸君、痩せましょう☆

というか、太っちょビーグル飼い主のみなさん、
痩せさせてあげてください ・・・
小デブは仕方ないけど?(爆) すごいデブはやだよ~~



ビーグルに限らず、最近 犬種不明なほどパンパンな犬 を目撃することがあります(汗)
見ていて辛いです・・・

躾なんぞ入ってなくても死にゃーしないけど
肥満は命にかかわりますからねっっ(久々毒舌・爆)

にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。