パブ店長はレスキュー犬!

保護犬たちとの日々の暮らしと、想うことを、ありのまま。

被災ワンコへの支援物資募集が始まりました

今までとちょっと違った日々にも
少しずつ慣れてきましたよ

昨日 ・ 今日とまた大きな余震が続いています
デンバニちゃんたちは相変わらず すこーし警戒気味ですが
多少の揺れなら お構いナシに寝ているようになりました ( 笑 )



さて 緊急災害時動物救援本部 ( 財団法人 日本動物愛護協会 ) では 

被災自治体からの要請に基づいて 支援物資を届けるため

一般飼い主からの支援物資の募集 を始めたようです



□■□ 募集している物資 □■□

1.ペットフード(犬・猫・小動物・飼鳥)※未開封で、賞味期限が3か月以上のもの

2.ケージ(サイズは問いません)

3.キャリーバッグ

4.タオル※新品または洗濯済みのもの

5.ペットシーツ

6.首輪、リード(小型~中型)

7.猫用トイレ砂

8.毛布

9.フードボウル(食器)

10.飲料水



送り先などの情報は →→→ このページでご確認を!



ちなみに 緊急災害時動物救援本部 の構成団体 ↓

・ 財団法人 日本動物愛護協会    http://jspca.or.jp/hp/index.html
・ 社団法人 日本動物福祉協会    http://www.jaws.or.jp/
・ 公益社団法人 日本愛玩動物協会  http://www.jpc.or.jp/
・ 社団法人 日本獣医師会    http://nichiju.lin.gr.jp/


その他

公益社団法人 日本動物病院福祉協会 では
「 被災した動物 」 と 「 被災した動物病院 」 への義援金の募集
 
獣医師広報板 では 情報交換の掲示板など


各種団体が様々な支援を始めています







みなさまの善意が正しく届きますように。

にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ

    ↓ 各カテゴリーへはコチラから!
   にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ   にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ   にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ




心のケアを ~犬の心的ストレス~

東北地方太平洋沖地震から1週間が経ちました
まだ毎日のように地震 ( 余震 ) が起きる東日本です

最初の地震発生時をはじめ
なぜかタイミング悪く 私が出かけているときにかぎって
大きな余震が来るため
バーニーは少し分離不安気味になってしまいました

私が出かけると怖いことが起こる と刷り込まれてしまって
ちょっと玄関のほうへ行っただけで
置いてかないでーーーーー! と走って飛びついてきます


デンビィはここまで引きずることはないものの
やはり突然大きく揺れるのは とても怖いみたい
最初の夜は特に ずっと鼻鳴きしていました

そして先日 最初の日と同じ震度の大きな地震が来たときは
( このときだけは一緒にいられました )
恐怖で腰砕けの状態になってしまい
しばらく立ち上がることすら出来ませんでした


日本にいる以上、いつ地震が来てもおかしくない
とわかっていても それでもやっぱり怖いもの
なんだか訳がわからない犬たちが怖くないわけはありません






余震だけではなく、原発とか計画停電とか 被災地以外でも
心配事や イレギュラーな 「 気持ちのエネルギー消費 」 があって
今はヒトもそれなりにタイヘンだったりするのですが
ヒトに頼って生きるしかない犬たちの心のケアが必要かなと思います


とにかく できるだけそばにいてあげること
共に行動し 一緒の時間を過ごすこと
甘やかせるとかそんなこと言っている場合ではなく
逆に今は思いっきり甘えさせることで “ 安心 ” を与えてあげるべき

そう思います

そして ビックリして逃げ出してしまう可能性もあるので
普段よりも余計に逸走への注意レベルをあげておく必要があります




歩いて行かれる近くの現場には 散歩がてら連れて行ったり
それが出来ないときは 出掛けにスペシャルなおやつをあげて
留守番が怖いことだという気持ちを一瞬でも忘れさせたりしています

寝るときももちろんすぐそばで!
デンビィはオーナーが苦手で寝室に来てくれないので
バーニーをオーナーに任せ 私はデンビィの寝床の脇のソファーで zzz ...




現在の我が家は こんな感じです

まだしばらくは 飛び飛びの更新になると思います







にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ

    ↓ 各カテゴリーへはコチラから!
   にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ   にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ   にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ




遠くの私たちが被災地のためにできること

「 お見舞い申し上げます 」 「 お悔やみ申し上げます 」
こんな言葉がいかにも軽々しく
空々しささえ感じられるような あまりにも酷い惨状に
なんと言えばよいのか 発する言葉が見つかりません


関東地方の中でも 被災地からはいちばん距離がある
神奈川県西部に位置するバデ家地方ですが
地盤の弱い地域では 建物への損傷や道路の歪曲がみられ
それに伴う水道管やガス管の破損などの被害が出ています

また 停電のために信号機が使えなくなったことによる交通渋滞や
安全確保のための道路封鎖や通行制限、公共交通機関の運転見合わせ
メールも含む、すべての通信機器の通信制限 ・・・

被害が大したことない関東地方でも 一時的ではありますが 
このように ライフラインが完全に麻痺した状態になりました


そのあとも時々 緊急地震速報 ( 携帯電話のサイレン音 ) が流れるので
そのたびにちょっと緊張してデンバニを呼び寄せています


同様の地震が近海で起きた場合
間違いなく神奈川でも同じような被災状況に陥ることでしょう
そう思うと とても他人事ではなく
遠くで起きていることとは思えません







私たちの直近の友人、親類縁者には
たまたま今回の被災地に住む人がおらず
おそらく巻き込まれた人もいないと思います
でも 友人のつながりまで広げれば話は別
あの人のお友達は ・・・ 彼女のご実家は ・・・
気がかりな人が少なからずいます


でも 現地では通信網がまだまだ不安定だったり
完全に寸断されたりしている場所がほとんどですから
外部との連絡が なかなか思うようにはいかないでしょう

あなたの故郷でしたよね、ご家族は無事?大丈夫??
聞かれた本人だって連絡がつかず わからない可能性が高い

心配しているよ、という周りの気遣いは
時として逆に友人を追い込む危険があります
いたずらに焦燥感をあおり 更なる不安を抱いてしまうことも

家族の安否が確認できないことが どれだけ精神的にこたえるか ・・・
そっと見守り 本人からの報告を待つのも優しさかもしれません



現地への直接の電話やメールも 
ただでさえ少ない 限られた電力で情報収集をしようとしている
現地の方たちへの妨げになりかねません


だから 今は見守るしかありません
ただ静かに見守るべき

それが 遠く離れた私たちが出来ることであり
しなければならないことだと思います



今日から 計画的な停電が行われます
とりあえず今日、我が市は午前中と夜間の1日2回
7時間半程度停電するそうです

なんでもない場所にいる人たちが協力して節電することで
現地、もしくは現地に近いエリアへの通電を充実させることにつながり
結果として 被災された方たちへの支援となります
それは 気になる方たちの状況把握にもつながるはずです




遠いから何もできない、できることは祈ることだけ なんて言わないで
遠くても出来ることをやりましょう
一人ひとりにとっては小さなことでも
何千、何万の掛け算で大きなものとなります


ということで 小さなことからコツコツと!
今必要ではないブログの更新 少しお休みしようと思います






にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ

    ↓ 各カテゴリーへはコチラから!
   にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ   にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ   にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ





追伸。


こんな失敗も成長の証だってことで

デンビィは未だカメラが怖いので
なかなか デンビィらしさが伝わるなぁ っていう写真が撮れません


特に室内では カメラ構えた途端逃げるし
逃げなかったとしても 硬直して迷惑そうな表情だったり
上目遣いで恨めしい感じになっちゃったりして 。。

外では びゅんっっ って飛びのくこともまだ多いです




それでもね こんな写真も撮れちゃうようになって来た~☆  ↓ ↓ ↓



近いです1



近いです2



近いです3



近いです4




近すぎますけど 。。。 汗


おそらく ハイテンションのあまり
カメラのレンズというより私の顔が近づいてきたって思って
ふんふん♪ ってしに来た瞬間と思われます



これも成長の証かなーと思います♪

ただの失敗じゃないよ~ 笑







日々、数ミリ単位で成長を続けているであろう デンビィを応援してください

にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ

    ↓ 各カテゴリーへはコチラから!
   にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ   にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ   にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ





なんですかそのハイテンション

うちじゃないって1




まるで 散歩から帰ってきて
家に入るところみたいでしょ



違うんだなーコレが ( 苦笑 )




ここはご近所ワンちゃんのおうち
今日は一緒にお散歩しようと思って 声かけに行ったところ







うちじゃないって2

うちじゃないって3



本当の家 ( 自宅 ) には ダマシダマシじゃなきゃ
ドアの前まで来ないくせに
よそのお宅だと猛ダッシュで飛び込み&こうやってお座りですよ~!







うちじゃないって4


さぁお散歩開始☆

・・・ ってデンちゃんさぁ オトモダチよりママだったのね ( 汗 )







にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ

    ↓ 各カテゴリーへはコチラから!
   にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ   にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ   にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ








その土地、大丈夫? (シリーズ2回目)

ずいぶん時間が経ってしまいましたが(汗)

コチラのはなしの続きです






 まさかの間違い工事をされてしまったBさんの場合

雨上がり お隣の土地に目をやると
自分の家の方向から水が流れ出たような痕跡を見つけたBさん
かなりの量が排出されていると感じたので
早速住宅販売会社を通して 水道やさんに点検をしてもらったところ
なんとビックリの 配管ミスが見つかってしまいました

住宅ができた当時 まだ下水道が整備されておらず
その地域は汚水 ( トイレや台所などから出る雑排水 ) は
浄化槽で処理してから 前面道路の側溝に流すように
行政から指導されているはずでした

また、住宅の屋根や庭に雨や雪が降ったときの いわゆる “ 雨水 ” は
自然に土地にしみこんで行くように
浸透桝 ( 底なしの桝 ) が敷地内に設置され
雨樋からつながった配管が その浸透桝につながっているはずでした


ところが。


雨水だけでなく
浄化槽を通過して あとは道路の側溝につながればいいだけだった汚水の配管が
なぜか浸透桝につながってしまっていて
すべて敷地内にしみこんでいることが発覚しました 。。。


あ、念のため言っておきますが
土壌汚染だ!! とか そういうことはまず無いと思われます
浄化槽できちんと処理されたあとの水ですからね
( もちろんきちんと調べないと断言はできませんが )

水道やさんがスグに配管しなおしてくれたそうなので
今はもう全くなんの心配もないのですけれど ・・・


ただ、当時多少心配したのは 土地の地盤の強さ弱さ
毎日のように お風呂の水、洗濯や食事でたくさん流される水
それがすべて敷地内に流されていたとすると
ひょっとして地盤が弱くなっているのではないか??
という心配が出てきます

ざっと建物の外観を見たところ 変にヒビが入っていることもなく
お話を聞いたところ 室内のドアの開閉や壁紙のはがれなど
特に変化などがないということでしたので
おそらく大丈夫だと思うというお話をしました

ただ、今後のことなども考えると 心配であれば地盤調査を
そしてお隣への土壌汚染被害がないことを証明するためには その調査も ・・・
また 施工トラブルや欠陥住宅の処理や問題解決に取り組む団体に相談する
というのもひとつの手だということも付け加えておきました




こういうとき せめてもう少し
行政が親身になってくれるといいのになぁと思ってしまうのですが
窓口に相談しても けんもほろろ という感じだったそうです

たしかに民間トラブルは行政には関係ないことだし
口出しできることではないのですけれど
民-民のトラブルに付き合っているヒマはないって言われているように
感じてしまう口調だったらしく ・・・

そのあと 私も別の用事で行政の担当者に話をふってみたところ
↑ の 「 浄化槽で処理してから 前面道路の側溝に流すように 」 というのは
あくまで指導であり強制ではないから従わなくても結構 って ( 汗 )

言っていることは正しいですよ~ たしかに ・・・ ふぅ


当然 販売業者も ↑ の行政の言い方をマネしますわな ( 困 )
違法ではないという切り札でスルッとかわされ 。。



おしまい 。



ま、このケースは販売業者にとっても
たぶんきっと想定外のありえない素人工事だったと思うのですが
それでも販売者としての責任とか誠意とか心意気とか
もうちょっとあって欲しいなぁと 傍から見てため息ものでした

法律に適っているかどうかではなく
正しいオシゴトとしてどうなのか?ってこと

それにどう対処するかで 評価は180度変わりますね










にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ

    ↓ 各カテゴリーへはコチラから!
   にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ   にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ   にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ










死因は今も昔も変わらないかも

数日前の新聞に
忠犬ハチ公の死因に新たな知見が加わった という記事が載っていました
ガンの疑いもあることが 最近の調査でわかったそうです

MRIで撮影してみたら 肺と心臓にたくさんの腫瘍がみつかり
それが悪性腫瘍だったんですって


じゃぁ今まではどのように考えられていたのかというと ・・・


ハチ公は1935年3月8日午前2時に死に
東京帝国大学農学部獣医学科で解剖された。
当時の記録によると、死因は犬糸状虫が寄生するフィラリア症。
心臓や肺動脈にかけて寄生していた。
  2011.03.02 朝日新聞朝刊より

↑ ちなみに “ 胃の中には竹串が4本見つかったが ・・・ ” とも ( 爆 )
   なかなかやるな~ハチ公 ( 笑 )



ふーん 。 ハチ公はフィラリア症だったのか 。。
ハリウッド映画にまでなったというのに
ハチ公の詳しいことは全然知らなかったので(汗)


それにしても、ハチ公の死から80年近く経っているけど
今も昔も死因というのは 大きくは変わらないのだなぁと感じました
ガンも心臓病もとても多いですから
( フィラリア症も心臓病のひとつですよね )

罹患頭数とすれば
今はフィラリア症のコは確実に少なくなっているでしょうけれど
保護犬と関わっている人たちにとっては
いや~まだまだ という感覚だと思います
実際 保護犬でフィラリア感染しているコは後を絶たず
いのちを持っていかれるコも少なからず ・・・


ただ 元をただせば
きちんと管理すれば確実に防げる病気であり
万が一感染してしまったとしても
適切に正しい治療を施せば 大事に至らない病気でもある
( もちろん例外もあり )

逆に 甘い認識や間違った見識で放置したなら
“ 無症状だから大丈夫 ” などと見過ごしたなら
知らないうちにじわじわと症状が進み 気付いたときは時既に遅し
カンタンにいのちを持っていかれる とても怖い病気である

要は 飼い主 ・ 保護主 ( プラス、獣医師 ) 次第 ・・・ かと?

飼い主 ・ 保護主としてきちんと向き合い ← 素人といえど、ちゃんとお勉強して
信頼できる獣医さんとともに闘うべし!と思います







さて 我が家の保護犬、デンビィも
やはりフィラリア(+) のコ 現在治療中です

月に一度病院に行き
心臓の音や肺の音などをチェックしてもらいます

  * 時々、里親募集などで 「 心雑音なし 」 というような記述を見かけますが
    心雑音はかなり症状が進んでからになります
    雑音でいうならば、心音より肺音の変化のほうが先です  




待合室で2


2月末に行ったときには なぜかでんちゃん
待合室の椅子の下に隠れてしまい ・・・ う~ん?



こうした方法検討の末 現在治療をしていますが
今のところ 経過はとっても良好♪

治療は4ヶ月を1タームとする方法で
イベルメクチン ( フィラリア予防薬といわれるもの ) とともに
1ヶ月目 ( 28日間 ) だけは ドキシサイクリン ( 抗生剤 ) を毎日2回飲むというもの


今月で2タームが終了します
2ターム目に入る前に レントゲンで心臓や肺の状態を確認し
治療開始前と比較してみたところ
ほんのわずかですが 心臓のサイズが縮小していました
フィラリア症が進むと 心肥大になりますが
デンビィは全然そんな状態ではなくて “ フツーサイズ ” といえる心臓でした
それでも少し小さくなるということは 
やはり 「 なんでもない 」 と思っても決してそうではないのだということ
フィラリア症の怖さはそこにあるんだということを痛感しました


散歩は普通に毎日楽しんでいますが
本来のデンビィのタイプからしたら 控えめに
そして走らせることなどはしないようにしています
いわゆる 運動制限をかけている状態 です

大好きだけど ・・・ ドッグランなども厳禁!!!
何度でも言いますが
勉強不足で以前走らせてしまっていたことを 非常に後悔しています


American Heartworm Society のガイドラインには
このような記述があります ↓ *バデ母素人訳による

===================================
 フィラリア症の犬を効果的に管理 ( 治療 ) するためには
 宿主である犬と寄生するフィラリアの関係を充分に理解する必要があります。
 虫の数が疾患の重症度に影響するのはもちろん
 同じか、もしくはそれ以上に
 その犬の活動レベルというものが重要になると考えられます。

 外科的移植により ( = 研究のために、わざと )
 50匹のフィラリア成虫を感染させた上で運動制限をかけた犬
 14匹のフィラリア成虫を感染させた上で中等度の運動を許可した犬に比べて  
 臨床症状が現われるまでに長い時間を要し、また
 肺血管抵抗が低いということがわかりました。
===================================


臨床症状が現われるまでに長い時間がかかったということは
もちろんそのまま
フィラリア症の症状が進行する速度が遅かったということ
また
肺血管抵抗が低かったということは
血管が虫で傷つけられることが少なく、血流が良好だったということ


「 心雑音があるから 」 「 心肥大しているから 」 「 咳をしているから 」
だから運動制限をするのではないのです


“ 無症状 ” を含む
すべてのフィラリア症の子は運動制限が必須
 だということを
この記述と研究結果は示しているのですね





来月 3ターム目に入る前に・・・

今月末 フィラリア抗原検査をして
万が一のキセキ ( = まさかの陰転 ) にチャレンジです ( 笑 )
まぁ、さすがにソレ ( = まさかの陰転 ) はないでしょうけど 。。。 おそらく 。






にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ

    ↓ 各カテゴリーへはコチラから!
   にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ   にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ   にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ




よかったら コチラのカテゴリ を読んでね~





バーニーのミラクル☆ダイエット

2月末 バーニーとデンビィの診察で病院に行ってきました



待合室で



気になるとスグ吠えるので ( 汗 )
バーニーはお膝です
受付のおねぇさんを呼ぶんだよねぇ 。。 ← おやつくれるから
お仕事してるんだってば~


バーニー、4ヶ月連続体重ダウン ↓↓↓ です
家でも量ってるから大体わかってるけど
やっぱり病院でキッチリ計測してもらってのダウンは違うっ ( 笑 )

ついに 夢の 9.0キロ に到達しました!!!

9.04キロでした


先生、予想外に順調な減量に 少々戸惑い気味 ( 爆 )
『 バーニーちゃん、だいぶキツくないですか!? 』 って ( 苦笑 )
まぁね 確かに順調すぎるかも?

なにせ 痩せよう、痩せようといい続けて 3年間痩せられなかったのでねぇ
( 誰のせいだよー 苦笑 )
しかも 落ち方も毎月のペース的にもかなりイイ感じだし
なんで急にこんなに上手く行っちゃうの~?ってね


それにはもちろん ワケ があります。






バーニーは かなりのエコ体質なんですね
結論をおおざっぱに言うと
ドライフードの袋に書いてある 『 適正給餌量 』 の半分くらいじゃないとダメみたい
( ちなみにデンビィは適正量より多くないと痩せてしまいます ・・・ )



3年間 ほぼ体重は変わらず10キロ前後だったバーニー
まず ごはんの量は当初 コチラのサイト で計算していました
これによると 9キロ ( 目標が9キロだったので ) で 『 肥満傾向にある犬 』 は 
509キロカロリー と出たのですが全然成果が出ないので 
すこーしずつ摂取カロリーを減らしてきて 最終的には380キロカロリーまで落としました

380キロカロリー

これは ↑ の計算によれば
肥満傾向にある犬だと 6キロ程度のコ ( 汗 )
ここまでカロリー落として大丈夫だろうか?? って思うほど 。。
バーニーは肥満体ではないので 『 減量が必要な犬 』 では計算しませんでした
( ちなみに 目標9キロで 『 減量が必要な犬 』 は 364キロカロリー )
でも痩せないのだから仕方ないですね
というか これで体重が増えるようになってきてしまったので
思い切って 一気に50キロカロリー落とすことに決めました

330キロカロリー ( 泣 )

これ ・・・
肥満傾向にある 5キロのコの適正カロリー 。。
もし太り気味じゃなくて、フツーで 避妊・去勢した健康わんこだったら
体重4.2キロのコの適正カロリーですよ!?

ホントにもう バーニーはどんだけエコなんだってハナシですよ




ここまで落とすからには きっちり栄養価やバランスも考えなければ心配!
カサ増ししないと絶対バーニーはハラヘリで胆汁を吐くことになるし ・・・

ということで ついにコチラにお世話になることに

ドライフードはもちろん 必要な基準をクリアしてはいるけれど
商品によって バランスはバラバラ
それを把握した上で 足りないものを別の食品で補わないと!
逆にちょっと多すぎかも~ な部分を補正するためにもね

↑ こちらのサイトの計算表を使って カサ増しの食品はもちろん
ドライフードの成分を細かく入力していくんですね
日本の輸入代理店のサイトだとあまり詳しく載っていないので
本国のサイトから成分表を引っ張り出して ・・・
商品によってぜーんぜん違うんですよ かなり驚いた!
特徴のある商品 = 何か(の栄養素)に特化した商品 ってことなんですねきっと
そういうことを把握しておけば バランス良く
フード同士を組み合わせたり 別の食品をプラスしたりできますねぇ



それでバーニーの場合は 330キロカロリーのうち
10%~15%を カサ増し&補正としまして 3ヶ月様子見 ・・・
バーニーはりんごがダイスキなので
カサ増し要員としてはりんごを中心に ( 笑 )
今の時期は白菜もいいですし♪


直近の1ヶ月は ちょっとだけカロリーUPにしてみたのですが
まだ順調に落ちていたので もう1ヶ月それで続けてみるつもりです

体重だけでなく 体型も今がベストでしょうということで
これからは 現状を維持するためのカロリー&栄養バランスを
見極めていくことになります
春先からはどうしても体重が乗る傾向にあるバーニーなので
ココからリバウンドさせないように
もうすこし踏ん張ります~







にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ

    ↓ 各カテゴリーへはコチラから!
   にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ   にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ   にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ










風が強い日は ・・・

数日前、関東地方は 春一番 が吹きました
そういう風が強い日 デンビィはちょっと不安げ 。。


風が怖いというわけではなさそうなんですが

風に反応して吠える よそのワンコさんの声が
いろんなところから聞こえてきて
その 不安げな声 が不安 ・・・ みたいな










ちょっとちょっと!ハーネスの使い方間違ってない!?

そう思ったアナタは かなりの観察眼をお持ちかも ( 爆 )


そうなんです 正しい使い方じゃないんですけど
今のところ これがデンビィには合っているようです ( 苦笑 )

本当は 前のDカンにリードをつけて使うイージーウォークハーネス
三次元ジャンプするデンビィにはどうもうまくなくて ・・・
( 私のリードコントロールが未熟なせいか 。。 )
両脇をはさむほうがコントロールしやすいです
で、前のDカンと 首輪をストッパー(ネジ)つきカラビナで連結してます






にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ

    ↓ 各カテゴリーへはコチラから!
   にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ   にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ   にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ