パブ店長はレスキュー犬!

保護犬たちとの日々の暮らしと、想うことを、ありのまま。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5週目☆腹水が溜まり始めた

5週目 * 2009.03.29 ~ 2009.04.04



まだ食欲もあり とても元気なデコ
今のうちに楽しいことをひとつでも多くやっておこう!と
病院の近くにある自然豊かなスポットへ お散歩に行きました

その時の様子は →→→ こちら!


腸炎を治すために出た粉薬が とても苦いということで
病院でアドバイスいただいたとおり
オブラートに包んで それにウェットフードを塗って
飲ませて ( 食べさせて ) いました
この頃はまだ 食欲旺盛だったので
ウェットフードの美味しさに釣られて パクついていました

でも なかなか改善は見られず ・・・


食事は とにかくドライフードが好きなデコで
でもこの先のことを考えると いろいろなものを試しておきたく ・・・
そして 腫瘍のエサにならないようにと
たんぱく質と脂質が多め ( 炭水化物控えめ ) のごはんを
手作りしたり ウェットを混ぜたりしていました

( お腹をこわしているときは 本来は脂質控えめがいいです )


少しずつ筋力が衰えてきているのに対し
どんどんお腹が大きくなってきているので
歩くのにもバランスが上手くとりきれずに
だんだんと床が滑るようになって来ました

この先どうするか 考えながら
とりあえずの緊急措置で 靴下を履かせてみたりして ・・・

この頃には トイレと食事以外
ほとんどの時間をクレートの中で過ごすようになっていたので
まぁとりあえず靴下で大丈夫そうでした





2009年4月3日(金) 腹水が溜まり始めたことを確認

この日は まずは検便で腸炎の状況を確認
まだかなり状態は悪いようでした

少し前に 耳にハゲが出来ていることに気付き
先生に診ていただいたところ
免疫低下で カビが繁殖し、ハゲてしまったのではないかということ

腸炎にしても、この耳にしても 腫瘍によるストレスが原因だろうということです



その後エコーで腹水のチェック

このとき初めて 確実に溜まってきていることが確認できました
推定で 200cc 溜まっており これから先は
毎日そのくらいずつ溜まっていくであろう ということでした

腹水は 溜まりすぎると苦しいので
デコにとって良いことではありません
でも一方で お腹に針を刺して腹水を抜くという行為自体も
その危険性やストレスを考えると
決して デコにとってとても良い ということでもありません

また 腹水には
生きるために欠かせない たんぱく質 が
多く溶け出している可能性が高く
抜いてしまうことで 体内の栄養分が一気に吸い取られてしまうことになり
元気を奪い取る = いのちを縮める ことにつながる
ということも 知っておかなければなりません



私たちが考えるベストは、決して延命第一ではなく
延命のための痛い思い、苦しい思いは デコにさせたくないということ
その気持ちに変わりはありませんでしたので
こうした説明を聞きながら
デコのQOLの維持・向上を最優先したいということを
改めて先生にお伝えしました

デコちゃんが辛くない ベストな時期 を見極めるのは
とても難しいけれど、なんとか探りつつ
腹水を抜いていくようにしましょうね


とおっしゃってくださいました

1ℓ を目安に 1週間単位で経過を見ていきましょう
ということになりました



また、1週間前に 一気に正常値下限ギリギリまで落ちてしまった
HCT ( PCV ) の数値ですが
3.5%減と 下降が少し緩やかになっていて
とりあえず急激な貧血の心配はないだろうということで
少しだけホッとしました




先生の予測は見事で
このあとグングンと腹水が溜まっていくのでした





にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ



( この日の朝の出来事 )

普段の生活の中で デコが吠えることはあまりなく
最初の3日間 全く声を聞かないほどでした

そんなデコが、目いっぱい吠える対象は 猫と子供
このときも いち早く ( バーニーよりも先に ) 猫の気配を察知し
寝ていたクレートから飛び出しました

そんなデコの声をお聞きください♪
( 甲高い声の主はバーニーです )














スポンサーサイト

至福のとき

今年の夏は 果物のおすそ分けが多いっ jumee☆faceA180Ljumee☆faceA180R



至福のとき1


岡山の桃に 山梨の桃
それから 岩手の無農薬ブルーベリーと
どこかのマンゴーさん



至福のとき2


特にこちらは


至福のとき7


激ウマでした jumee☆faceA191Ljumee☆faceA191R



あぁ なんてしあわせ~ キラキラ






そして 大粒無農薬ブルーベリー



至福のとき3


自家製わんこビスケットに ヨーグルトと一緒にのっけて


至福のとき4


分け合って食べる


至福のとき5


これも ほっこりとしあわせ気分 jumee☆shy2


至福のとき6








でも 最近いちばんの 至福のとき は ・・・







4週目☆先生の交代、進む貧血

4週目 * 2009.03.22 ~ 2009.03.28



2009年3月25日(水) 運命の先生とのお別れ


病気を見抜いてくれた デコにとっての運命の先生
実は この日が最後のお勤めでした
今は遠いところで お仕事されています

デコはこの日も 撫でてもらえてとても嬉しそうでした

デコが会えるのは きっとこれが最後 ・・・
大好きな先生に もう撫でてもらうことはないって
デコはわかっているんだろうか ・・・
そう思うと 切なくなりました


この日もエコーで腹水のチェックをしてもらいましたが
まだ少し溜まっているだけでした

今までのデータと経過を 次の先生に引き継いでいただき
この先も定期的に検査をしていきます





2009年3月28日(土) 顔が黒くなった!と病院へ


3月2日のデコ


今思うと 運命の先生とのお別れがきっかけだったの?という感じなのですが
( いえ、私がごはんの成分比率を変えたからだと思います ・・・ )
週の中ごろから お腹の調子が悪くなってきました
(それまでも ゆるゆるだったことは何度もありましたが
単発もしくは数回で終わっていたように記憶しています )

そして、気付けば デコの顔の一部が黒くなっている!
前日か前々日、たぶん前日のどこかの時点で
こうした変化があったと思うのですが ・・・



気になるので とにかく病院へ ( 苦笑 )
診察を待っている間に とても具合の悪いモノを出したので
それも一緒に検査してもらうと 腸炎とのこと

顔の黒いのは 毛が抜けてしまっていたのですが
顕微鏡で見ても何も発見できないということで ( 菌などはいない )
おそらくホルモンバランスが崩れたのではないかという ・・・

こうやって 次々といろんな症状を引き起こしながら
腫瘍というのは体全体を蝕んでいくものなのだと実感し始めました



1週間前に出た 肝障害を示す異常値がどうなったか
今回も血液検査をしました
GPT ( ALT ) は ギリギリ正常値範囲に下がっていましたが
GOT ( AST ) は 正常値上限を超えてさらに上昇
ALP も 相変わらず正常値上限の8倍以上の値でした

そして今回 先生が注目したのが
貧血の目安になる HCT ( PCV ) の数値
1週間前は 正常値のちょうど真ん中くらいの数値でしたが
たった1週間で 8%も下がってしまいました
正常値下限ギリギリです

このまま数値が下がり続ければ
体の中で出血 ( 溶血 ) が始まっていることを意味しますので
注意深く観察するようにといわれました

これは前任の先生にも言われていた <大出血による貧血>の
前触れなのではないかという意味です

そして1週間後に また血液検査をすることにしました



食欲はまだあり 頑張ってたくさん食べさせていました
胃が圧迫されて苦しいので 少量ずつ
回数を増やす形で 食べさせて ・・・

体重も増え続けていて このときも25日(水)と28(土)の測定で
たった3日で200gも増えていました
ただ 腫瘍にとられていることは明らかでした




にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ

元気のかたまり

元気の塊1













元気の塊2








ん~ どうかなぁ アップロードファイル




先日 重さ10kg の折りたたみサークルが倒れ
バーニーが一瞬下敷きになるということがありました 汗

中途半端な立てかけ方をしていて
走り回っていたバーニーが ぶつかってしまったのです

とてもビックリしたようでしたが 痛そうな様子はなく
その後の経過観察でも 全く問題ないようでホッとしたのですが
ちょうど通院時期だったので
念のため 事情を説明して
先生に背中や腰の辺りを入念にチェックしていただきました

やはり特に問題なさそうということで
今度こそ本当に 良かった!と胸をなでおろしたのですが

そのあと 先生が一言


バーニーちゃんは 脂肪があるから ・・・ トトロ





ナイスなコメント ありがとう先生 ナイス

にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
そしていつもクリック クリックON ありがとうございます jumee☆thanks1

3週目☆最初の余命宣告

3週目 * 2009.03.15 ~ 2009.03.21



積極的な治療をしない方針を決めた私たちですが
だからといって 具合が悪くなっても何もしないとか
病院に一切行かないとか そういうことでは決してありませんで
目安としては2週間に一度程度 血液検査やエコーなどで
デコの健康チェックをしていくことにしていました

2週目までのデコの状態は
とても悪性腫瘍が疑われているとは思えないくらい
毎日元気で 食欲旺盛

気になることを 強いて挙げるなら
時々おなかがゆるくなることと
バーニーと比べて 脈拍がだいぶ速いなぁというくらいでした

脈拍は、1分間に 約140回
デコの場合 呼吸が速くないのであれば心配なしということでした





2009年3月18日(水) 変化に気付いた日

最初から気になっていた 多飲 については
2週目 少し落ち着いたかなぁと思ったものの
3週目は変わらずで 1日700cc 前後
この日は暖かかったせいもあり 1ℓ 以上飲みました


デコは相変わらず元気で
夕方もバーニーと ↓ のように追いかけっこをしていました
( まぁ、追いかけっこというよりは しつこいバーニーから逃げてる?)

*音が出ます!






ただ、夜遅く 大量の嘔吐
4時間半以上前にとった食事 ( ドライフード ) が
ほぼ全量 一部未消化のまま出てきてしまいました

このとき初めて
デコのお腹が大きくなっているような気がして
もしかして腹水が溜まって来ている!? と思いましたが
大量に水を飲んでいるせいかもしれないし 注意深く様子を見ていくことにしました





2009年3月21日(土) 最初の余命宣告

お腹はやはり大きく それどころか
日に日に張っていくように感じられたので
先生に電話で相談して
エコーで確認してみましょうということになりました

早速病院へ行き エコーで診ていただいたところ
腹水はまだ ほとんど溜まっていませんでした
じゃあ お腹の大きいのは気のせいなのかというと、そうではなくて
レントゲンを撮ってみて 肝臓がまた大きくなっていることがわかりました

横から撮ったレントゲン写真なのですが
全体的に白くて大きな塊があるんですね
その白い塊しか目に入らないくらいの 堂々たる存在感です
それが肝臓だよ と ・・・
2週間前 検査入院で撮ったときの画像と比べて
( そのとき既に通常の2~3倍の大きさでしたが )
えーっ こんなに大きくなったの!? という感じでした

肝臓が大きくなった分 胃はさらに圧迫されて押しつぶされていて ・・・
きっと、胃がきちんと働かず また部分的には胃まで到達できなくて 
この前は吐いてしまっていたのかもしれない と思いました

2週間ぶりに血液検査もしてみたところ
肝障害の指標になる GOT ( AST ) と GPT ( ALT ) が
正常値の上限を上回っていて
ALP は 正常値上限の、はるか上 ( 8倍以上 ) の値でした

いよいよ本格始動なんだなと思いながら
現時点で、先生が考える余命は あとどのくらいですか?と聞いてみました

「 あと1ヶ月 」 というのも ちょっと欲張りなのかもしれないです

という先生の返答


わかっているつもりだったけど 覚悟はできているつもりだったけど
思わず聞き返してしまいました
「 い、いっかげつも 、、、 欲張りですか ・・・ 」 って ( 苦笑 )




この時点では 先生の予想を上回るスピードで
肝臓が大きくなっているようでした

我が家に来て3週間、モリモリごはんを食べて
1.3kgほど体重が増えたデコ
一時は 脚やお尻に筋肉も僅かながらついてきて
なかなか良い状態だねと 先生と話していたのですが
この頃には せっかくついた筋肉が落ちてきているような感じでした
既に 腫瘍に体重を取られ始めているようでした


この先 いちばん気をつけたいことは
肝臓が崩れて大出血したときの貧血だといわれました
気をつけて といっても、止められるわけではないので
貧血の症状が見られたら すぐに病院へ連絡を、ということです
それは、急にグッタリとしてしまったり
歯茎が真っ白になってしまったりという感じで
気をつけて様子を見ていれば すぐにわかるということでした


このあと先生は どの仔も助けてあげられたらいいのにね ・・・ と
しゃがんでデコを撫でながら 私たちがこの先やるべきことを話してくださいました


先生は 「 医療はいのちを支えるツールの一つに過ぎない 」 といいます

美味しいものをたくさん食べて 好きなだけ散歩して 昼寝して
私たちに撫でてもらって たくさんたくさん愛してもらって ・・・
それこそが 今のデコにとっては何よりの幸せで、必要なことだと




デコは いつまでも先生のことを見上げていました




にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ

罪滅ぼしに?玄米リゾット 【バニカフェ】

最近 バーニーの登場がめっきり減ってしまって 犬怒





トマト 玄米のトマトリゾット 食事

トマトリゾット



バーニーへの罪滅ぼしのつもりで
久々に手作りごはんを jumee☆shy2



ってワケではないのですが つくりました☆



昨日の午後 久しぶりに吐いたバーニー
空腹時に胆汁を吐くことは たまにあるのですが
食べたものを吐くことはあまりなくて う~ん

それ以外 特に変わった様子もないので
急に暑さが戻ってきて 気持ち悪くなっちゃったのかなと ・・・


鶏ミンチとトマトとブロッコリー
ほんの少し 生姜のすりおろしも入れて
玄米トマトリゾットです
トマトやブロッコリー、生姜は 消化器が弱った時にも良いらしい アップロードファイル

我が家は毎日 玄米100%ごはんなので
負担軽減で やわらかめに炊いたのを、さらにグツグツと アップロードファイル




あっという間に食べてくれたバーニー
体調は問題ないでしょう キラキラ




いつものソファーに戻って ・・・ う~ん イヤに大人しいゾ 。。。




2週目(3)☆積極治療しないと決めた日

2週目 * 2009.03.08 ~ 2009.03.14



2009年3月14日(土)

緊急半日入院&検査 から6日
これからの治療方針について 先生と面談をする日でした


この一週間、私は自分なりに血管肉腫という病気について学び
また 先生は、外科専門の先生とともに
現実のデコの症状と向き合ってくださっていました



血管肉腫なのか それとも違う病気なのか
そこをハッキリさせないと 何事も前に進んでいかない
( 検査の日に、先生も病理検査をしないと予後が分からないと言ってたし ・・・ )
と思っていた私に対して
先生の話は ちょっと予想外でした


病理検査 本当にしますか? というのです ・・・


                               ( つづく →→→ )

忘れてないよバーニー

忘れてないよ1


あぁ ごめんねぇ
だって来月 新盆 でデコちゃんが帰ってくるでしょ

だからその前に
あんなことあったね こんなこともあったねって
思い出しておきたいじゃない



バーニーはいつもいろんなトコ連れてってもらえるからいいじゃん
この前だって 涼しげなところ行ったし


忘れてないよ2


それなのに 水は怖くて入れないし
草食べてばっかだし 汗


忘れてないよ3
忘れてないよ4
忘れてないよ5
忘れてないよ6








えっ?







忘れてないよ7




飲めるほど清い水なのかどうか ・・・ う~ん




















忘れてないよ8


大丈夫だよ 忘れてないよ




うんうん忘れてないさ!と 絵文字名を入力してください ぽちっとお願いします
にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ



血管肉腫について

今は本当に便利な世の中です
その恩恵にあずかりまくり(爆) 「 犬 血管肉腫 」 と検索すれば
まぁ とりあえずの概要は掴むことが可能です




だいたい出てくる情報はといえば

・ 悪性腫瘍である
・ 脾臓、心臓などに多く発生する ( どの部位にも発生する可能性はある )
・ 高齢犬 ( 8歳以上とか ) に多い
・ 大型犬 ( 特にシェパードとかゴールデンとか ) に多い
・ メスよりオスのほうが多い
・ 転移する可能性が極めて高い
・ 予後は悪い

こんなもんでしょうか


元気なうちに予備知識として知っておくなら
この程度で充分かもしれません

ただ 付け加えておくならば、私の知る限り
犬種や雌雄は関係ないように思います
小型犬でも デコのような中型犬、メスでも ・・・

今回のことで いろいろなケースを知りました
年齢も、もっと若くして逝ってしまった仔もいます


そして 予後は悪い んだそうで 


既に血管肉腫の可能性を指摘されている身には
何よりも ↑ の具体的内容を知りたいところでした







【 血管肉腫の予後について 】

どの部位に発生するかによって、また発見がどの段階かによって
必ずしもそうという訳ではありませんが

根治 ( 完治 ) しない ← 転移するから
     ↓
余命は1年もない
         と思ってね、という感じですか ・・・





調べた資料の表現にかなりバラつきがあったので
私なりの えいやっ という解釈になりますが
血管肉腫とわかった後の余命は

腫瘍の摘出手術だけをした場合  1~3ヶ月
                     *ただし摘出しなくても期間は変わらず
その後抗がん治療を受けた場合  3~6ヶ月 


特殊な例として
「 活性化リンパ球療法 」 なるものや、サリドマイドを使用した治療などで
一定の効果が認められているらしいです




抗がん治療をするかどうか
この 余命3~6ヶ月 をどう捉えるかで全く変わってくるのでしょうね

抗がん治療は副作用がない ( または非常に少ない )
といわれているようですが
闘病記などを読ませていただいた限りでは
そうでもなさそうな感じでした

言ってしまえば、何もしないより2~3倍の延命ができるので
多少の辛さは我慢してもらっても ・・・
という飼い主さんが多いのかなと思います

やはり、 あと1ヶ月から長くて3ヶ月 という突然の宣告は
あまりに唐突過ぎて、到底受け入れられないという気持ちになるのは
よ~くわかりますし

デコよりももっと症状が軽い ( 発見が早い ) 段階であれば
場合によっては <可能性に賭ける> というのも もちろんアリだと思いますし





デコは、1ヶ月間のお預かりののち
月末には 正式な 「 預かりボランティア 」 さんに
引き渡すことになっていました
私たちは 緊急避難を余儀なくされたデコを
ボランティアさんの手が空くまでの1ヶ月間のみ お預かりするというのが
当初の予定でした

でも、このような状況で そんなことしていいのか?
さらなる生活環境の変化が及ぼす デコへのストレスは
はかりしれません

かといって、予定を延長して 預かりを続けることは許されるのか?
( なにせ正式なスタッフではありませんので )
それに 預かりを続けること = 看取ること の可能性が高い中で
私に本当にできるのか?やりますと言ってしまっていいのか?

また、もっと病気が軽いものだったとして
長期的に療養しながら 新しい家族を探していくことになった場合は
我が家よりも 経験豊富な預かりさん家庭のほうが良いのではないか?



いろんな思いが頭の中を駆け巡りました



とにかく、血管肉腫か否か それだけでも
ハッキリさせる必要があると思いました

ちばわん としても、血管肉腫なのであれば
新しい家族を探すどころではなくなってしまうだろうし ・・・

――― そうでないと 私の覚悟が決まらない というのも大いにありました ―――




週末、病院側の見解を聞きに行くまで
血管肉腫について調べ
こんなことを ひたすら考え続けたこの1週間が
デコとの暮らしの中で もっとも過酷で辛い日々だった気がします


調べ物をしている中で こんな言葉に出会いました

『 生きて迷わず 死して悔やまず 』

デコのいのちは 私たちが握っています
迷いなく生きてもらおう 精一杯そのサポートをしよう
そして デコの死を、決して悔やむことのないように ・・・

そう思ったら 力が湧いてくる気がしました





にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ



2週目(2)☆数値は正常、でも明らかな異常

2週目 * 2009.03.08 ~ 2009.03.14


さて 中に入って診察 ・・・



3月2日のデコ


デコは肋骨が非常に張っている体型でした
ビーグルは元々胸板が厚いし
デコはとても痩せていて お腹周りがキューッと細くなっているので
私は ただアンバランスな体型だとしか思っていませんでしたが
先生は 見事、そこに隠れた病気を見抜いていたのでした

触診をしてみて 先生は
「 脾臓か肝臓が大きくなっている可能性が高い 」 と言われました

できれば早めに詳しい検査を

ということだったので、まずは ちばわん ( デコの保護団体 ) に確認してから ・・・
とその日は連れて帰るつもりでいたところ

いのちに係わることなので

と言葉を続けるので
それならばと その日のうちに検査をしていただくことにしました


ただ まだそのときには
私は事の重大さに気付いてはいませんでした




このまま半日入院してもらって 検査します
終わったらご連絡します


という説明に なんともふわふわした不安定な気持ちになりながら
デコを預けて 一旦帰宅しました





夕方になって、検査の結果を聞きに 再び病院へ

検査項目は、血液検査とレントゲンとエコーでした

尿検査と同様、血液検査では
特に異常な数値は見当たりませんでした




もし、最初の健康診断のときに
「 念のため 」 と思って尿検査と血液検査をしていたら
その 異常なし の結果に満足してしまっていたでしょう

そうしたら その後いつ、どの段階で
私はデコの異常に気付いてあげられたのか?

絶食状態が一週間続いても 歩き続けたデコです
その後ついに歩けなくなると 今度は食べることを復活させたデコです
旅立つ前日まで 自力でごはんを食べられたデコです

もちろんその時点では 目に見える形で異変は確認できましたけれど ・・・


今回のデコのことで 基本、元気で食いしん坊な犬たちの出すサインは
とても小さく、なかなか見つけることができないと痛感しました

だから ここでも何か見えない力が作用してくれたのかな
なんて思っています






血液検査の正常値にホッとしたのもつかの間
次に 明らかに異常を捕らえている画像が出てきました

エコーでは 無数のくぼみというか水疱というか
全体的にぶつぶつとしたものが写っていました

レントゲンでは 巨大化した肝臓が
胃を背骨のほうに押し上げて 強く圧迫している様子が写っていました
その時点で、デコの肝臓は普通の大きさの2~3倍はありそうでした
(その後、さらにさらに巨大化していくのですが ・・・)



先生は このときの段階で考えられる病気を4つ挙げて説明してくれました

最悪の場合は血管肉腫
次に重い病気は 胆管系(胆道系?)の腫瘍
もしくは 肝膿瘍か、肝のう胞


どれも初めて聞く言葉ばかりで
説明してもらっても 違いはわかるけど本当の意味で理解できない私 ・・・
それでも 消去法でいくと
どうやら悪いほうの2つに当てはまりそうだということが
なんとなくわかりました

ただ、ここから先は お腹を開けて
おかしくなっている部分を切り取って検査してみなければわからない
あまり重篤でない、残りの2つであることも否定できない
ということでした

仮に悪いほうの2つのどちらかだった場合
その どちらか によっても全然違うのだという話も聞きました
同じ悪性腫瘍でも 胆管系の腫瘍であれば
ある程度 その後の対策というか、見通しがたつのだという話

それに対して 血管肉腫だった場合は
もう何もできません、と ・・・
何もできないばかりか、最悪の場合 手術中に出血が止まらなくなる可能性があり
原因を特定するために開腹したことが 命取りになるリスクがあるのだという話


その時点で たとえば血液検査で特徴的な数値が出ていれば
もう少し推測できたのかもしれませんが
なにしろ肝機能の部分を含む 全ての数値がバッチリ正常値を示していましたので
この段階であまり不安をあおるような言葉ばかり続けるのも ・・・
ということもあったのでしょう

「 そうは言っても、悪性腫瘍と決まったわけではありません
 とにかく原因をハッキリさせるためには 開腹しての病理検査が必要ですが
 外科の専門の先生と 一度話し合ってみます 」
ということでした

でも、「 もしも、」 と前置きした上で

血管肉腫だったとしたら それはこの仔の寿命です
美味しいものたくさん食べさせてあげて
残りの時間を 楽しく穏やかに過ごさせてあげてください


と続ける先生の言葉に
私は デコは血管肉腫だ と、根拠なく、でも直感的に確信したのでした

病理検査しなきゃ良性か悪性かもわからないよ
という先生の言葉は たぶん本心で、純粋に受け取ってよい言葉だったのでしょうが
同時に 先生の中にも私と同じ 「 直感 」 が働いたように思えてなりませんでした




デコは血管肉腫っていう病気なんだと
勝手に悟って帰宅した私ですが
その後本当に厳しい現実を突きつけられることになります

ネットで調べ、また友に教えてもらった情報・資料を読み進めていくうちに
私の頭の中は真っ白になるのでした





次回は血管肉腫の概要をまとめてみたいと思います
にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ

2週目(1)☆デコと先生の “ 運命の出会い ”

2週目 * 2009.03.08 ~ 2009.03.14


前回の 1週目の記事で
デコの異常が 「 かなり初期の段階で見つかった 」 と書きましたが
これは 肝臓の腫瘍にしては という意味としてお受け取りください

一般的にいうところの 「 初期のガン 」 ということではありません

肝臓は “ 沈黙の臓器 ” といわれるように
(ヒトの場合)自覚症状がなかなか現れないといわれています
モノが言えない犬たちとなれば
「 誰が見ても明らかな異常 」 が現れないと なかなか異変に気付かないものだそうです

脾臓や肝臓の腫瘍の場合
急にグッタリして 病院に担ぎ込んだときには
すでに臓器が破裂していたり 大量に出血して
貧血になっていたりすることが結構あるそうで ・・・

デコは そういった状態よりもかなり早い段階だった、ということです






2009年3月8日(日) 午前中に採尿持参で病院へ

バーニーがお世話になっている病院は 担当の先生を指名することができます
以前はしょっちゅう通っていたので お互いに経過がよりわかりやすいようにと
私もいつも同じ先生にお願いしていました

その先生がたまたま手術中で
デコの健康診断をしてくださったのは他の先生だったので
私の中では、バーニーとは別の 「 健康診断をしてくれた先生 」 が
これからもし何かあったときには デコの担当の先生だ と考えていまして
尿検査も 健康診断をしてくださった先生にお願いするつもりでした



ただ それはそれ、というかなんというか ・・・
私はどうしても バーニーの先生にデコを紹介したくてたまらなくなり ・・・
( ひょっとして デコのテレパシー?なんて思うのです )

デコを連れて行ったら
もし尿検査で異常が出た時に その場で追加検査できるし Yeah
と もっともらしい理由をくっつけて ( 笑 )
デコとバーニーを連れて行くことにしました

とはいえ 私の頭の中では
デコの担当の先生は バーニーの先生ではありませんので ( 苦笑 )
診察の呼び出しや患者さんの見送りの間の ちょっとした時間に
バーニーの先生にデコを紹介できるチャンスがあればいいなぁと思うくらいで
楽しそうに匂い嗅ぎをしているデコバニと
ただ外をフラフラして 検査結果を待っているだけでした


ところが

検査結果を知らせにきてくれたのは バーニーの先生 でした




尿検査の結果は 異常ありませんでした
ただ 私たちが外でフラフラしている様子を見ていて
デコの容姿に違和感を覚えたんだそうです

それで ( 他の先生が健康診断で触診もしていますが )
もう一度触診させてもらっていいですか? と


その日から デコもバーニーと同じ先生に診ていただくことになりました




3月8日のデコバニ
 ↑ その日のデコ ( 右 ) と バーニー




このデコと先生との出会いには
見えない力が働いていると思うのですよね
にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ



夏だけど・・・栗で手作りおやつ

以前 衝動的に買ってしまった くりっこ 栗の甘露煮


その後ずーっとしまったままで ガーン

このたび ついにケーキとして日の目をみましたっ jumee☆congratulation1



栗のケーキ




レシピレシピレシピ 材料と作り方 (20センチ×15センチの大きさで高さ5センチくらいかな) レシピレシピレシピ

         ・ 薄力粉 ・・・・・・・・・・・・・ 200g
         ・ ベーキングパウダー ・・・ 5g
         ・ 溶かしバター  ・・・・・・・・ 100g
         ・ 全卵 ・・・・・・・・・・・・・・・ 2個
         ・ 砂糖 ・・・・・・・・・・・・・・・ 15g(シロップの甘さで加減する)
         ・ ラム酒 ・・・・・・・・・・・・・ 少々
         ・ 栗の甘露煮 ・・・・・・・・・ 150gくらい
         ・ 甘露煮のシロップ ・・・・・ 160cc程度
         ・ くるみ ・・・・・・・・・・・・・・ あればお好みで




   番号用数字*Rivet-PalePink-1(白-薄い背景用) 薄力粉とベーキングパウダーをふるっておく
   番号用数字*ピンクの小粒-2(白-薄い背景用) 全卵と砂糖とシロップを、3倍くらいのボリュームになるまで泡立てる
      ( ちなみにバーミックスで1分弱 )
   番号用数字*Rivet-PalePink-3(白-薄い背景用) 溶かしバターとラム酒と刻んだ栗の甘露煮(と、あれば炒ったくるみ)を入れ
      混ぜ合わせる
   番号用数字*Rivet-PalePink-4(白-薄い背景用) ふるっておいた薄力粉とベーキングパウダーをさっくりと混ぜ合わせる
   番号用数字*Rivet-PalePink-5(白-薄い背景用) 180℃のオーブンで30分ほど焼いて完成☆



バーミックスでガーッと混ぜると超簡単なのですが、繊細な仕上がりにはなりませんので
まぁ人様に差し上げるというよりは おやつ感覚かと思います~

焼いたその日よりも、翌日のほうが 味も落ち着いてしっとりした感じになります♪




ポイント もっと美味しくなりそうな jumee☆point1c
シロップを少し残しておいて、ラム酒(上記分量外)を足したものを焼き上がりにしみ込ませる!




コーヒーアイスを盛り合わせて一緒に食したら美味しかったです!
にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ


1週目☆医師も気付けぬ初期の初期

1週目 * 2009.03.01 ~ 2009.03.07


はじめにおことわりしておきたいのですが

デコは、最期まで 肝臓の血管肉腫の疑い でした
病理検査 (腫瘍細胞の検査 ) をしていないので
厳密に言えば いまでも “ 疑い ” は “ 疑い ” のままなのです
でも、総合的に判断して おそらく血管肉腫であったろうと思うので
この先 デコは血管肉腫だった、という前提 で進めていきます








2009年3月1日(日) デコは我が家での暮らしをスタートしました

その日の午後に初対面し
かなりのガリガリちゃんぶりに 軽く衝撃を受けましたが
別段変わったところはなく、元気そうな仔でした


家に戻り 目の色を変えておやつに食いつくさま、
そしてまさにバキュームカーのよう(爆)に
ものすごい勢いでごはんをガツガツ、お水をガブガブする様子に
今度はかなりの衝撃を受けましたが(笑)
昼前から夕方にかけて 通算100km超の長旅で
きっとお腹は空っぽ、喉もカラカラだったんだろうなと
そのときは思っただけでした


ただ その後もデコはお水を飲み続けました

バーニーが元々あまり水を飲む仔ではないので
余計にそう感じるのかな?と思ってみたりもしましたが
気のせいではありませんでした
そして飲んだ分だけおしっこも出る!
いわゆる 「 多飲多尿 」 の状態でした




ラムボーン1

モーレツな勢いでラムボーンをかじるデコ




ラムボーン2

慎重にペロペロしてみるバーニー




ラムボーン3
      ↑                      ↑
      ↑     20分ほどで ココまでになったデコのボーン と
30分経っても 原形をとどめているバーニーのボーン







翌日 2009年3月2日(月) 夜、病院で健康診断

いつものバーニーの担当の先生は手術中ということで
ほかの先生に診ていただきました
預かる前から デコには腹部にしこりがあると聞いていたので
それを診てもらうと おそらく乳腺腫瘍だろうということでした
気になっていた 「 多飲多尿 」 については
生活が変わったことによる 一時的なストレスによるものかもしれないということで
しばらく様子を見るように言われ
それ以外には 問題は見受けられないという診断を得て、家に戻りました


ちなみに この1週目は
乳腺腫瘍 ・・・ どうしよう!? と悩むことになります




さて 3月の第一週といえば
たまにぽかぽか陽気の日があっても
急に底冷えするような まだ真冬並みの寒さが残る頃です
それでも毎日 デコさんはガブガブと水を飲み続けていました

体重約9kgのデコが 寒い日にガブガブと
水を700cc以上飲むのです
正直、冬の我が家は寒いです(爆)
エアコン入れても、室温は20℃に届くかどうか ← ほとんど届かないデス 汗
デコバニがいる (人間でいう所の) “ 足元付近 ” は
だからもっと室温は低いはずです
それでいて 多いときには100ccも一気飲みですから
3~4時間間隔でトイレに連れ出そうと気をつけてはいたものの
ほとんど間に合いませんでした

( デコはその当時 室内トイレができませんでした )




数日様子を観察して やっぱり尿検査をしてみることに決めました

多飲多尿でまず心配されるのが 腎機能
腎臓は 一度悪くすると機能を回復することができないので
異常は早く気付けるに越したことはありません
それで 次の週末 ( 最初の健康診断からちょうど1週間 ) に
朝一番の採尿持参で 病院に行ったのですが
なんとなくデコも一緒に連れて行ったことが
すべてのはじまりになりました





どんな病気もそうですが ( 当たり前と言えば当たり前ですが )
体の中でひそかに進行し始めた病魔に
最初から気付けるわけではありません
初期の初期、まだ何も症状が認められない時期には
いくら獣医さんといっても 病気をみつけることはできないでしょう

大事なのは その後いつ、どの段階で見つけられるか?
飼い主が異変に気付くのが早いか、獣医師が見抜くのが早いか ・・・
血管肉腫という、恐ろしいほどのスピードで体を蝕んでいく病気は ことさらに
気付いたのがどの程度の段階なのかによって
そのあと一緒に過ごせる残りの時間が大きく左右されます


デコは、かなり初期の段階で 先生が見抜いてくださいました 
それでも、血管肉腫の可能性を指摘されてから旅立つまで 70日

血管肉腫とは それほどまでに進行の早い病気なのです
 







にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ


デコの病気のこと

旅立つ日に

* これは 2009年7月16日 に書かれた記事です *


明日で デコが旅立ってから丸2ヶ月になります
デコと一緒に暮らしたのが たったの2ヵ月半だったから
もう同じくらいの日々を デコがいない時間を
過ごしてきてしまったんだなぁ



デコは 「 最悪な場合、血管肉腫です 」 と診断されました
血管肉腫という病気をそれまで知らなかったので
ネットでいろいろと調べましたが
どれを読んでも 目を覆いたくなるようなことしか書いてありませんでした


どういう病気なのかということを調べていく中で
同じ血管肉腫を患ったわんこさんの闘病記に行き当たりました
いくつか読ませていただいて
覚悟を新たにしたり、勇気付けられたりしました



ただ、デコと違ったのは 積極治療というのでしょうか
みんな頑張って 患部の摘出手術をしていたり
抗がん剤の投与をうけていたりしていました
デコと同じように過ごしたコの記録を
たまたま見つけられなかっただけかもしれませんが ・・・


デコは そういった積極的な治療をまったく受けませんでした
ただ、毎日が少しでも穏やかに過ぎていくように ・・・
その手助けを繰り返すことに全力を注いだ日々でした

これは賛否両論 いろいろあるかと思います
ただ 私たちは
その選択と結果に 少しも後悔はありません







これから先 同じように血管肉腫と診断され
向き合っていかなければならないご家族に
積極治療をしなかったデコのことを
記しておいてもいいのかなと思うようになりました



デコはなぜ我が家に来たんだろう
そこにどんな意味があって
残された私たちは デコのためにこれから何をしていけばいいんだろう
どこに向かって生きていけばいいんだろう

そんなことをずっと考えていたのですが
やっぱりまずは デコの生き様をきちんと記しておきたいなと
それが まず私がデコにしてあげられることかなと思いましたので
これから少しずつ 書き記していきます





血管肉腫は とても進行の早い悪性腫瘍です
うっかりしていると あっという間に
いのちをもって行かれます
それでも 残された時間の過ごし方次第で
かけがえのないものを 手にできると思います


カテゴリ DECO に すべて記録されています

ダイジェスト版として 病気に特化した記録は
その中の 血管肉腫?の記録 に時系列でまとめてあります





皮膚がんの一種としての、ヒトの血管肉腫においては
その原因となる遺伝子2種類が突き止められるなど
少しずつ研究が進んでいるようです
いつか 犬の血管肉腫も 
大した病気じゃないよ! という日が来るといいですね



( 2010.02.25 追記 )
( 2016.05.24 修正・加筆 )

どっちがどっち?

ななちゃんとバーニーは
吠え声も吠え方もよく似ています

どれだけ似ているかと言えば
初めてななちゃんが吠えたとき
バーニーと間違えたほどです 笑


さて どっちがどっちか
わかりますか~ ひゃっほぅ





















どっちがどっち



わかった方もそうでない方も、ぽちっとひとつ 絵文字名を入力してください お願いします
にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ


トラブルのご相談、その前に。

あぁっ 暑いっっ jumee☆faceA132

暑い上に 久々の体調不良による 集中力ゼロ 状態により
本日開店休業中 jumee☆shy2



昨日から 軽い熱発と重~い頭痛に苦しんでおります 汗

デコの看病疲れか? ← 今更?汗
ここのところずっと 仕事やらご奉仕やら研修やらで
土曜日も出動していたからか?



そうそう 今月最初の土曜日は
年に2回の 「ご奉仕の日」 でございました

市民向けの 行政・法律無料相談 というのの相談員として
5~6年前から私も参加しています
あ、これは建築士としてではなく 土地家屋調査士としてのご奉仕です
土地家屋調査士ってナニ!?って感じかもしれませんが
まぁ測量士と似たようなもんです ← かなりテキトー(爆)

実際はもちろん違う職業なのですが
仕事がカブる部分もあり なかなか違いが一般の方にはわかりづらく ・・・

大体、仕事を依頼してくるプロ(建築士や司法書士や銀行マンや不動産屋や・・・)でさえ
測量士と土地家屋調査士の違いがわかってないヒトが多い 汗

一応私、所属支部の広報員という立場なので
そのうち(たぶん・・・爆)違いをきちんとご説明します アップロードファイル



で、です
その相談会に来られる方々のお悩み
内容は結構似たりよったりなんですね


とにかく多いのが

隣の住人が塀を勝手に造り
その塀がこちらの敷地に入り込んでいる


という主旨のご相談 う~ん


これが本当に本当なら 正しい位置(境界線)に
造りなおすことを相手方に求めることができるわけですが ・・・


ここで問題になるポイントは3つ jumee☆point1c

1.境界線は決まっているか?

    昔からの “ なんとなく ” 的な感覚で、実は境界が確定していない場合が多いです
    フェンスやブロックが正しい境界線とは限りません
    きちんとお互い承知の上で決めた境界線に、境界杭が入っていなければ
    いきなり 「 越境している!」 というのはちょっと待ってね 手

    ちなみに 分譲地などでは、分譲する前に元の地主さんが
    お隣さんと境界線を決めているはずです(基本的には)
    


2.本当に “ 勝手に ” 造ったのか?

    これは 数世代にわたって住み続けている場合によくあるのですが
    相談に来られた方が知らないだけで、たとえば先代のおじいちゃんが
    お隣のおじいちゃんと話し合って ↑の境界線と含めて
    ある意味テキトー(爆)に造ってしまっていることがあります
    お話を伺っていくと、 「 私が子供のときから(その塀は)あった 」 なんてことが jumee☆stretchingL2



    こういうケースは多いです
    まずは 境界杭が入っているかどうか確認しましょう 人差し指

    イマドキの杭は 大抵コンクリート製で
    てっぺんに赤くペイントされた矢印や十字がある場合が多いです
    擁壁には小さい金属製のプレート状のものがついていることもあります




さて ポイント3つめ

境界線はハッキリしているし、夏休みで1週間家を留守にしている間に
帰ってきたら無断で越境して塀ができていたっっ 顔文字 なんていう場合(あくまで例えです)


3.その塀ができたのは何年前?

    こうしたお隣さんとのトラブルなど 民-民 の問題は 民法に則りますが
    民法には 時効 というものがあります
    「 ちょっとおかしいんじゃない? 」 という意思表示を相手にしないままでいると
    本当に間違った事柄であっても それが正しいことになってしまう場合があります
    大雑把に言って、「 おかしいな~ 」 と思っているだけの状態が20年続いてしまうと 
    その状態が正しいことになってしまいます ( 個々のケースによります、一般論です )

    つい最近の 「 夏休み 」 かと思って話を聞いていると
    お孫さんがいらっしゃるようなお歳の相談者の方が
    「 ウチのが幼稚園の頃だったから ・・・」 なんて ガーン
    

    気付いたら、まずは速やかにお隣さんへ意思表示をしてください jumee☆beg1Ljumee☆beg1R




結局 こうした疑問点、不明点を明らかにしていって
最終的に 本当に相手に間違いを指摘することができるかどうかが決まります
相談者の方がお持ちになる資料が少なく
無料相談では最終判断ができない場合が多いので
ハッキリした結論がなかなか出ないのが現状ですねぇ はぁ 


皆さんのおうち、ご実家などは いかがですか~
一度 敷地の周りをぐるっとしてみること オススメいたします jumee☆point1e







なんか 関東地方は梅雨が明けたらしいですね
今年の梅雨は あまり雨が降らなかった気がします
それでも東京は平年より多い降水量だったそうですが
山でも降ったのかな?ダムの貯水量はどうなんでしょうねぇ




ぜひココをぽちっと 絵文字名を入力してください
にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
あっ 今日中に書かなきゃいけない原稿があったんだ 顔文字

ソックリなんです

昨日の夜 ↓


ソックリ1


ソックリ2






今日の午前中 ↓


ソックリ3


ソックリ4




姿かたちだけでなく、格好も よく似てます jumee☆faceA186Ljumee☆faceA186R










ぜひココもぽちっと 絵文字名を入力してください
にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
いつもクリック クリックON ありがとう jumee☆thanks1

丸2年なんでした

2007年7月8日 バニーちゃん と呼ばれていたバーニーは
我が家の家族になりました


こ~んな田舎のムスメのような(爆) ちびーグルが

2周年来る前









おかげさまで 立派に成長しましたっ jumee☆SaturdayNightFeverL

2周年現在




ケーキ 祝 ☆ 2周年 jumee☆congratulation1

バーニーとの楽しい生活 3年目が始まりました~ jumee☆faceA180Ljumee☆faceA180R




2周年おやつ

昨日 ななちゃん と半分こしたねぇ



とりあえず!お祝いぽち 絵文字名を入力してください お願いします jumee☆beg1Ljumee☆beg1R
にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ

ホンモノだっっ

ホンモノ2


天の川 7月7日だけに ななちゃん をご紹介


ってワケではありませんがっ 焦る3

昨日から 2週間ほどお預かりすることになりました









といっても 「新預かりっ子」 ってワケでもないんです






実は バーニーたちのママだろうと言われている仔

バーニーとともに 預かりボランティアのカオリさんのところで
預かりっ子として数ヶ月過ごしたのち
カオリさんのおうちの仔になりました

だから ななちゃんは 「 預かり 」 というよりは 「 お泊り 」 かなぁ jumee☆shy2




そう ななちゃんはバーニーのママなんです





つまりは ・・・















ホンモノ1

げっ ホンモノだっっ




バーニーは、保護当時 手を骨折していたそうで
そのおかげでパパとママと一緒に引き出され
我が家に来るまでの約1ヶ月間 ずっと一緒に暮らすことができました
バーニーは パパのこともママのこともダイスキで
今でもとてもよく覚えているようです






さて ・・・


とても仲の良い2わんなので
特にナニということもないのですが

とにかく似てるんですよねぇ
姿かたちといい


ホンモノ3

胴の太さはまるで違うけど jumee☆faceA187Ljumee☆faceA187R




ホンモノ5



お散歩スタイルといい ・・・



ホンモノ4



バーニーが2頭いるよぉ アップロードファイル
いや~ 危なっかしくてしょうがない jumee☆faceA220bLjumee☆faceA220bR

明日からダブルリード決定ッ jumee☆SaturdayNightFeverL




ホンモノ0







吠え声も吠え方もバーニーとウリで、今朝間違えました 顔文字
にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ

デコ的パワースポットへ

土曜日 7月4日はデコの四十九日でしたが
オーナーも私も仕事だったため
翌日 デコとお散歩を楽しんだ
近くの湖 ( 池なんだけど、いちおう “ 湖 ” ってつくのダ ) に行きました


ここは デコ的パワースポット とでも申しましょうか
その時の体調よりもずっとイイ感じに
デコがお散歩を楽しめる場所でした


1回目は3月末 「もう、1ヶ月もたない」と言われた
最初の余命宣告の一週間後 → コチラ

そして2回目は5月初旬
「5月は迎えられない」という二度目の余命宣告も蹴散らして
懸命に生きていたとき → コチラ


デコ的1



木漏れ日が心地よかった当時と比べ
鬱蒼と生い茂った木々が ちょっと不気味な感じすらする ・・・



デコ的2



バーニーさん 緊張してます?
ガンガン行っちゃってくださいな



デコ的3



湖畔まで一気に駆け下りたら
慌ててデコが追いかけてくるかもよ



デコ的4



(バーニー迫真の演技!?)












実は バーニーはデコの首輪もしています

遺影を持っていこうか悩み ・・・ 骨壷はねぇ(苦笑)

結局 バーニーにデコの分まで歩いてもらうのだからということで


デコ的5








デコ的6


デコ また一緒に来ようね






にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ

ぷちしゅわ日本酒

昨日はデコの四十九日だったので ・・・


四十九日1


デコ といえば 牛肉でしょ~ jumee☆point1e

ということで、 Dr.B’s のBARF ビーフパテ 食事
といっても、以前は病気が進行してしまっていたせいか
結局食べられませんでしたけれど ・・・
きっと昨日は 大興奮で食べてくれたはず ビーグル(しっぽ)



そして私たちも ・・・


四十九日2





ほんとに 「 ちょびっと 」 ね jumee☆candle1
にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ

しつけとか社会化とか、犬に要求する前に

まずは飼い主が ヒトとして ちゃんとしようよ

と思うわけです




独りで黙々と散歩するのもいいけど
いろんな人と道で行きあって挨拶したり 
飼い主同士で情報交換したりするうちに
人も犬も いろんなことを学べる




まずは1


まずは2


まずは3


まずは4



そんなことが やっとわかってきた  ← 今更すぎませんか?大汗
今日この頃 ・・・






たぶん長くなるので ・・・ 次回に続く!
にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ

【バニラボ】 緊急対応用!(床材番外編)

病気が進行するにつれ 体のバランスが崩れ
床が滑ってうまく歩けなくなってしまったデコ

靴下を履かせたり 肉球のケアをしたりもしましたが
結局最後は “ 滑らない床 ” がどうしても必要になりました


とはいえ ・・・

滑り止めを塗ってる時間的余裕はありませんでしたし
何をするにも 結構 ドル袋( ゚3゚)ノ(暗い背景用) †SbWebs† もかかります 苦笑い

よくある つなぎ合わせて使うコルクやカーペットも
結構いい値段になっちゃうんですよね


そこで目をつけたのが ラバーマット (正式名称はわかりません 汗
ホームセンターなどで手に入る ゴムっぽい感じの
滑り止めシートみたいなものです
たぶん カー用品とかキッチン用品のコーナーにあります


我が家で使ったのは 幅40センチ × 長さ170センチ くらいのもの ¥298
激安です jumee☆SaturdayNightFeverL





ゴムマット1
ゴムマット2



デコがいるクレートから トイレのある玄関前まで
キッチンをぐるり一周するようにつなげて
トータル20メートル弱
これだけやっても ¥3500 程度ですから jumee☆faceA180Ljumee☆faceA180R



部屋全面に敷き詰めなくても
さすが犬です ちゃ~んと歩けるんです
滑らないことを理解できます 犬



ゴムマット3



ゴムマット4



ゴムマット5



ゴムマット6




とにかくお手軽、 「 まず手始めに 」 という感じで試せる値段ですよね
わんこの歩き方の違いなど とりあえず観察して把握するためにも
惜しげなく採用できるかなという 私的ヒット商品でした~ Yeah



トイレをデコのクレートのそばにしてやればいいのに ・・・
と感じるかと思われますが
デコは寝床から見えない 遠くはなれたところじゃないとイヤな仔でした
バーニーのトイレが デコのクレートの脇(部屋の角)にあるのですが
そこに誘導しても 逃げて真逆の玄関前をトイレに決めた仔でした jumee☆shy2



念のため ・・・ 今回のモデルはバニバニですよ~ ワンワン
にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。